2019年1月28日 更新

車に必要不可欠なバッテリー、トラブルを未然に防ぐためのアレコレ!

バッテリーは、消耗品です。バッテリーが、急にあがってしまった、エンジンがかかりづらいなどの際は、早々にバッテリー交換・充電をしましょう!バッテリーに関するアレコレをご紹介していきます。

車に必要不可欠なバッテリー、トラブルを未然に防ぐためのアレコレ!

①バッテリーあがりの原因等

使いたい時に車のエンジンがかからない、「アレ?バッテリーあがっちゃった?」という経験をされた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

バッテリーあがりの代表的な原因は
・半ドア、ライト消し忘れ等による過放電
・長期間乗らないことによる自己放電
・車両側充電装置(オルタネーター、レギュレーターなど)の故障による、充電不足
・オーディオ、エアコン等の過剰使用による充電不足
・車両側配線の劣化等によるリーク
・端子緩みによる接触不良
・バッテリーの寿命
・事故等の衝撃によるバッテリー内部故障(外的要因による)

バッテリーあがりの原因としては、上記のようなものがあります。充電すれば再使用できるケースが多いですが、バッテリーの特性として、一度あがったバッテリーは、充電しても以前のバッテリー性能に戻りません。

おおよその目安として、2以上使用したバッテリーがあがってしまった場合は、充電ではなく、交換をしたほうが後々のトラブルが少ないでしょう。

バッテリーの寿命診断
・いつもよりエンジン始動が悪い
・エンジン回転でヘッドライトの明るさが変わる
・オーディオ、ナビ等の電装品を稼動するとヘッドライトが暗くなる(容量不足)
などがあります。実は、こういった症状のわかりやすい寿命も多いのですが、バッテリーには突然死というのがあります。寿命期の症状が現れず、突然バッテリーが寿命を迎えてしまうことです。
Coroded 車のバッテリー

Coroded 車のバッテリー

②ジャンプスタートの正しい方法

実際にバッテリーがあがってしまったときに、きちんとした知識でジャンプできるようにしておくことも重要です。

①トラブル車のプラス端子
②救護車のプラス端子
③救護車のマイナス端子
④トラブル車のエンジンブロック

実は、意外と皆さんも知らないのが④です。なぜ、トラブル車のマイナス端子につながないのでしょうか?
電気は、電圧の高いほうから低い方へと流れる特性があります。トラブル車のバッテリーは弱っているので電圧が低く、救援車のバッテリーは正常なので電圧が高いです。

最後にトラブル車のマイナス端子を接続すると火花が飛ぶ可能性があります。最悪のケースでは、その火花にバッテリーの水素ガスが引火して爆発してしまうことも起こりえます。この最悪の状況を避ける為に、一番最後の接続はバッテリーから遠いエンジンブロックに接続するのが重要です。
ジャンプスタート

ジャンプスタート

③バッテリーに表示されている数字(英字)の見方等

ご自身のバッテリーを一度見てみましょう!

JIS形式のバッテリー(国産)が、搭載されているお車でしたら下記のような表示がされています。
60B24R(L)を例にします
①60は、性能ランクを示します。50→55→60→65というように数字があがるほど、性能も上がります。
②Bは、JISでは、この数字によって幅と高さが決まっています。
③24は、バッテリー長さを表します。
④R(L)は、プラスマイナスの向きの違いです。
RとLを間違ってしまうとバッテリー交換が、非常に難しいことが多いので(場合によっては、交換出来ません)、このRとLは、間違わないようにしましょう。

筆者ワンポイントアドバイス!
現在55B24Rを使用しているとします。今後の電装品取り付けや、引越しにより住む地域が、今より寒いなどの可能性が出てくるとします。55B24Rから60B24R、65B24Rにバッテリー性能を上げておくのも良いのではないでしょうか?

また、サイズ変更を行う場合、あまり性能や容量の大きすぎるものを選択しても、オルタネーター等、他の補記類に負担が掛かります。これを避けるためのコツとして、大手バッテリーメーカー適合表の寒冷地仕様までのサイズ、容量アップは問題ないと筆者は経験しています。但し、BとDでは、バッテリーターミナルサイズが違うのに注意してください。
 (54459)

④バッテリーの交換手順

バッテリー交換は、走行直後ではなく、30分以上あけてから行いましょう(バッテリー内部のガスを抜くため)。

前準備
・車両の電装アクセサリーをOFFにする。
・キーを抜く
① マイナス端子を外す
② プラス端子を外す
③ 取付金具を外し、バッテリーを積み替える
④ プラス端子をつける
⑤ マイナス端子をつける
書き図を参考にしてください。筆者的には、-++-という風に覚えるのが、1番楽でした。
 (54458)

⑤こんな便利なアイテムを使う方法も

バッテリー交換をするということは、電装品のメモリー等が、1度消えてしまうという事になります。数十年前であれば、時計やラジオの設定くらいでしたが、最近では、いろいろなものが初期化されてしまいます。これを防ぐ良いアイテムが、メモリーバックアップツールです。

下画像商品は、バッテリー交換している間でも、メモリー機能が消えないようにしてくれる優れものです。最近では、意外と多くのディーラーや大手カーショップなどでも導入しています。こういったものを活用するのも良いのではないでしょうか!
 (54202)

まとめ

バッテリーは、消耗品です。筆者は、バッテリーの突然死を2回ほど経験しました。この経験から、現在では、バッテリーは、弱っている弱っていないに関わらず、3年周期で交換するようにしています。これによりバッテリーあがり等の心配はなくなりました。

バッテリーの基本的な知識と交換方法などをご紹介しました。意外と簡単ですので、皆さんも一度バッテリーをご自身で交換してみましょう!
17 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me