2018年7月5日 更新

100%モーター駆動の「ノート e-POWER」に4WDを追加

日産は5日、「ノート e-POWER」に4WDを追加するとともに、「ノート」の仕様を向上して発売しました。新電動パワートレインの「e-POWER」が高く評価され販売も好調ですが、今回4WDが追加されることでより選択肢が増えることになります。

100%モーター駆動の「ノート e-POWER」に4WDを追加

【NOTE e-POWER 4WD】雪道のドライブが変わる

100%モーター駆動の「e-POWER」に4WDが設定

e-POWER MEDALIST FOUR ブラックア...

e-POWER MEDALIST FOUR ブラックアロー 4WD

100%モーター駆動ならではの力強くスムーズな走行性能と優れた静粛性に加え、アクセルペダルの踏み戻しだけで加速から減速までを意のままに行うことが出来る「e-POWER Drive」が好評な「ノートe-POWER」ですが、今回、寒冷地や積雪地のユーザーにも支持されている「e-POWER」に、走行性能をさらに高めた4WD(モーターアシスト方式)を採用した「e-POWER FOUR」が追加設定されます。

これは、「e-POWER」とモーターアシスト方式の4WDを組み合わせた新開発のシステムで、積雪や凍結路面などでの走りをサポート。そして、「e-POWER」の走行性能はそのままに、全輪モーター駆動による緻密なコントロールにより、凍結した急な登り坂や交差点での右左折時、そして深い雪道でも安定性が向上することになります。

「ノートe-POWER」4WDの車両価格は2,237,760円からで、2WD車との価格差は216,000円となります。

ノートの安全性能を強化「サポカーSワイド」に

インテリジェント クルーズコントロール

インテリジェント クルーズコントロール

また、今回の4WDの追加に併せ、「ノート」の仕様を向上し。「e-POWER S」を除く全グレードに、アクセルペダルとブレーキペダルの踏み間違いによる衝突防止を支援する「踏み間違い衝突防止アシスト」を標準装備しました。

さらに、ガソリン車でも、「e-POWER」と同様に、前方の歩行者検知が可能な仕様に機能を向上し、さらに「e-POWER」の一部のグレードに採用していた、「インテリジェント クルーズコントロール」と「インテリジェントLI(車線逸脱防止支援システム)」を、ガソリン車にも拡大採用しました。

これらにより、「ノート」は、経済産業省や国土交通省などが普及啓発をしている、安全運転サポート車の「サポカーSワイド」に対応することになりました。

新色も加わったボディカラー

また、ボディカラーに太陽の輝きを感じさせるサンライトイエローを新色として追加し、若々しくアクティブなイメージを表現。また、よりスポーティさを強調したスタイリッシュなブラックアローには、同サンライトイエローのボディにスーパーブラックのルーフの2トーンカラーを新たに設定し、全22色の幅広いカラーバリエーションとしました。

シーギアとNISMOも先進安全装備を充実

ノート e-POWER AUTECH

ノート e-POWER AUTECH

e-POWER X シーギア

e-POWER X シーギア

ノート e-POWER NISMO

ノート e-POWER NISMO

なお、今回の仕様向上に併せ、特別仕様車「ノート シーギア」についても「e-POWER」グレードに4WD(モーターアシスト方式)を追加設定し、「踏み間違い衝突防止アシスト」を標準装備しました。また、「ノートNISMO」においても、「NISMO」、「e-POWER NISMO」グレードに「踏み間違い衝突防止アシスト」を標準装備し、先進安全装備の充実を図りました。

さらに、「ノート」の仕様向上にあわせ、カスタムカー「AUTECH」を設定、および「助手席回転シート」「助手席スライドアップシート」を仕様向上しました。

ノート「e-POWER」4WDの車両価格(参考e-POWER X2WD:2,021,760円)

e-POWER X FOUR:2,237,760円
e-POWER X FOURブラックアロー:2,330,640円
e-POWER MEDALIST FOUR:2,569,320円
e-POWER MEDALIST FOURブラックアロー:2,640,600円
e-POWER X FOURシーギア:2,475,360円

e-POWER AUTECH FOUR:2,480,760円

まとめ

ノートe-POWERに4WDが追加されることを望んでいる人は多かったはず。アクアにしてもスイフトにしても、低燃費のハイブリット車には4WDの設定はなく、それを必要とするユーザーには、ホンダのフィットハイブリッドかプリウスしか選択肢がなかった。今回、ノートe-POWERにも4WDが追加されたことで、ユーザーの選択肢は増えた。しかし燃費は28.8㎞/Lと、同仕様の2WD34.0㎞/Lから大きくダウン。e-POWERの最大の魅力である低燃費性能がかなりそがれることになるので、どうしても4WDが必要だと感じないなら、あえて21万円もの差額を負担するより、グレードアップした方が賢明でしょう。
18 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Mr.ブラックビーン Mr.ブラックビーン