2017年11月20日 更新

新型スペーシアが2017年12月発売!ティザーサイトで先行情報も!

東京モーターショー2017にてコンセプトモデルが発表されたスペーシアが2017年12月に発売することをティザーサイトにて公開されました!

新型スペーシアが2017年12月発売!ティザーサイトで先行情報も!

スズキ 新型スペーシアがフルモデルチェンジ!

スズキ 新型スペーシア & 新型スペーシアカスタム ティザーサイト (18601)

東京モーターショー2017にて、アップデートされた内容とコンセプトモデルながら高い完成度を誇っていたことで注目のスペーシアのティザーサイトが公開され、サイト内で2017年12月に販売されることがわかりました!

スペーシアはスズキの主力車両であり、モアスペースが売りの軽自動車です。

同じジャンルにあたるホンダN-BOXに販売台数などで劣っているものの、古いモデルながら高い人気を誇り実力ある車両が今回フルモデルチェンジとなります。

スズキ 新型スペーシア & 新型スペーシアカスタム ティザーサイト (18603)

魅力である広い室内はそのままに、さらに可愛く(カスタムはかっこよく)なったエクステリアと使いやすい収納が魅力の1台となっており、ティザーサイトでは東京モーターショーに来場されたユーザーの評判も確認することが可能となっております。

カラーバリエーションについては2トーンを4色含んだ全14色展開、カスタムは2トーン5色を含む12色展開となっており、全てのカラーがサイトにて確認可能です!

デュアルセンサーブレーキサポートが全グレード標準となり、バック時の自動ブレーキやヘッドアップディスプレイ(フロントガラス投影式)といった軽自動車初が詰まった新モデルとなっています。
その他、注目の価格については未だ公開されていないものの、販売会社への事前カタログ予約が可能となっています。

スズキ新型スペーシアの発売日は2017年12月!

N-BOXに追いつき追い越せるのか?

スズキ 新型スペーシア & 新型スペーシアカスタム ティザーサイト (18608)

一足先にフルモデルチェンジを終えたN-BOXから遅れること約半年ですが、今回の進化はどちらも安全技術の進化とエクステリアに磨きがかかったことと近い内容となっています。

ただし、N-BOXは軽量化により実燃費の向上を、スペーシアに関しては大胆なエクステリア変更が見られるので、その辺がどのように影響するのか注目です。

他にもヘッドアップディスプレイなどの運転支援だけでなく、スリムサーキュレーターや細かな収納などの室内環境を充実させた印象が感じられるスペーシアですので、N-BOXとの差が縮むのか開くのか、登場が待ちきれません!
12 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

chibica編集部 chibica編集部