2017年10月28日 更新

Renault Symbioz Conceptが公開されました。実現は2030年までにとのことです!家を中心にしたビジョンのようです!

ルノーのコンセプトとしては車と社会の融合を第一に考えてこのモデルを提案してきたようです。それゆえに2030年と少し遠くの未来に実現できる車両としていると筆者は感じます。車だけ進化してもいけないし、その他のインフラだけが進化してもいけないという思いもあると考えます。

Renault Symbioz Conceptが公開されました。実現は2030年までにとのことです!家を中心にしたビジョンのようです!

動画が公開されていますので動画から!!!

ルノーの正式発表では、今回のこの「Symbioz Concept」は、家と車両が統合されて一緒に働いていくというコンセプトが第一に掲げられています。自律性・電気式で且つ車両が家・都市・旅行先等でシンクロしてしかもインフラとも融合することで機能するモデルとなっているようです。ということは車両のみの進化では意味がなく、社会全体が電気自動車を受け入れていき、それにあわせた住宅・都市計画・その他がシンクロしていくことが重要であるとも考えます。ですから仮に車両のみが完成しても、真実の完成にはならず全てが完成してのこのSymbioz Conceptが成立するといえるでしょう!

エクステリアデザインは?

https://www.netcarshow.com/renault/2017-symbioz_concept/#2 (16492)

via https://www.netcarshow.com/renault/2017-symbioz_concept/#2
エクステリアデザイン自体は、比較的近い将来に可能であるかのようなデザインであると考えます。ルーフ部分が非常に開放的なことがヨーロッパ車の中でもひときわ目立っている部分ではないでしょうか?後は、比較的継ぎ目の少ない一体的なデザインも最近の傾向と感じます。そしてやはり目立つのはホイール関連、大径ホイールに非常に扁平のタイヤという印象が伺えます。
https://www.netcarshow.com/renault/2017-symbioz_concept/#2 (16493)

via https://www.netcarshow.com/renault/2017-symbioz_concept/#2
フロント部分写真を見ると非常に低姿勢なデザインであることがわかります。フロントバンパーも一体に見えて非常にスッキリした印象を持ちます。
https://www.netcarshow.com/renault/2017-symbioz_concept/#2 (16494)

via https://www.netcarshow.com/renault/2017-symbioz_concept/#2
リア部分だけ見ると一瞬、スポーツカーのようなデザインと筆者は感じます。低姿勢(フォルム)・低重心のとにかく早く走るんだろうなとさえ感じます。
https://www.netcarshow.com/renault/2017-symbioz_concept/#2 (16495)

via https://www.netcarshow.com/renault/2017-symbioz_concept/#2
https://www.netcarshow.com/renault/2017-symbioz_concept/#2 (16496)

via https://www.netcarshow.com/renault/2017-symbioz_concept/#2
前後のドアが観音開きになっていて非常に開放的な感じをうかがわせます。前後の扉にピラーがないことが特にこの開放感を際ださせているとも考えます。そして扉自体がほぼ90度開くという点も今までの車には余り見かけなかった部分ではないでしょうか?
https://www.netcarshow.com/renault/2017-symbioz_concept/#2 (16497)

via https://www.netcarshow.com/renault/2017-symbioz_concept/#2
やはり1番特徴的なのはルーフ部分!エクステリアとしてもインテリアとしても非常に開放的(開放的過ぎるくらい)、そしてルーフがオープンできることによる開放的な空間と車内居住となっているように感じます。特にルーフを支える支柱だけで剛性が取れていることが筆者としてはビックリでもあります。
https://www.netcarshow.com/renault/2017-symbioz_concept/#2 (16498)

via https://www.netcarshow.com/renault/2017-symbioz_concept/#2

インテリアはどうでしょうか?

 (16499)

インパネ部分は、非常にすっきしたデザインの中に未来性を感じさせる印象が有ります。特に自動運転に関してはルノーとしても必須でこれをきちんと具現化していかないとならないと感じているようです。これが、最初に記載した自律と言うことに成ります。バーチャルな領域へと進化させて車両が自律して自動運転するという構成となっているようです。ステアリングが下に下がることでドライバーへのスペース的なストレスを減少させることが出来るというところまで踏み込んでいると感じます。
https://www.netcarshow.com/renault/2017-symbioz_concept/#2 (16500)

via https://www.netcarshow.com/renault/2017-symbioz_concept/#2
https://www.netcarshow.com/renault/2017-symbioz_concept/#2 (16501)

via https://www.netcarshow.com/renault/2017-symbioz_concept/#2
シートアレンジは、多彩になっておりくるっと反転してまるでビジネスカーならその場で会議も可能で、家族ならばキャンプやピクニックでも行くかのような感じに仕上がっております。又、実際のところドライバーも含めチャットや音楽ストリーミング等が楽しめるようにも成っております。
https://www.netcarshow.com/renault/2017-symbioz_concept/#2 (16502)

via https://www.netcarshow.com/renault/2017-symbioz_concept/#2

パワートレーン関連!

細かい緒元等が発表されていないので現段階では、公表された内容のみになりますが、まずこのSymbioz Conceptは、後輪駆動とのことです。この後輪のアクスル部分に2つのモーターが付いており、床下にバッテリーを装備しているとのことです。下記の図面を見る限りでは、フロント部分にもモーターやエンジンのような構造が見えているので、化石燃料を使用したエンジンではないと筆者は考えますが、何かしらのシステムを電気で稼動するもしくは蓄電するためのシステムが組み込まれていると考えます。
https://www.netcarshow.com/renault/2017-symbioz_concept/#2 (16503)

via https://www.netcarshow.com/renault/2017-symbioz_concept/#2
ルノーとしては、2023年までにはデモビークルを完成させて顧客が近い将来に生産車を乗り始めることが出来るように提案することを示しています。それも「EASY DRIVE」という名称で展開していくことも発表しておりますので、ルノーの販売拠点では色々なインフラの整備や建設会社等のタイアップ等も含めて進行していくと筆者は考えます。少し遠い未来のようにも見えますが実は2030年近くなる頃には、電気自動車+αのαが沢山付いてくる時代になっていることと筆者は思いました!
https://www.netcarshow.com/renault/2017-symbioz_concept/#2 (16504)

via https://www.netcarshow.com/renault/2017-symbioz_concept/#2
最後に、タイヤであってタイヤでないホイールであってホイールでないというのも非常に興味をそそられます
29 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me