2019年3月11日 更新

アドレナリン?エンゲルベルぐ?日本製電動SUVが熱い!

3月5日から17日まで開催される第89回ジュネーブ国際モーターショーには、例年にも増してEV(電気自動車)やハイブリッドなど、電動車両が多く出展されています。日本メーカーはSUVを始め多くの電動技術搭載のコンセプトカーを出展しました。

アドレナリン?エンゲルベルぐ?日本製電動SUVが熱い!

スバル・ヴィジヴ・アドレナリン・コンセプト初公開

株式会社SUBARU ニュースリリース (56840)

今回公開した「スバル・ヴィジヴ・アドレナリン・コンセプト」は、スバルの新しいキーワードである「BOLDER」の考え方のもとデザインされた初めてのコンセプトカーです。ダイナミックで力強い造形を持つボディには、乗員をしっかりと守るルーフやプロテクターを大胆に配置し、強靭さと軽快さを両立。ホイールからオールテレーンタイヤに繋がるホワイトのアクセントは、このクルマの持つフィールドギアの印象をより強調します。
株式会社SUBARU ニュースリリース (56842)

また、アクティビティをサポートするユーティリティと、道を選ばず、速く、意のままに駆け抜ける愉しさを併せ持ち、アクティブマインドを持つ人の「大自然の中を想いのままに走り廻りたい」という気持ちを駆り立てる、そのような新しいスポーツヴィークルを表現したのが、「スバル・ヴィジヴ・アドレナリン・コンセプト」です。
このコンセプトカーの示すのは、もちろん次世代のデザインコンセプトであり、動力性能や細かな詳細は明かされていません。ただ、次のXVや同クラスの新型SUVのエクステリアは、このようなものになるのは間違いなさそうです。

エンゲルベルグ・ツアラーを世界初披露

ニュースリリース | MITSUBISHI MOTORS (56847)

三菱自動車は、同社のブランドメッセージ“Drive your Ambition”を体現し、独自かつ先進の電動化技術、四輪制御技術によってSUVとしての魅力をいっそう高めた新世代クロスオーバーSUVのコンセプトカー「エンゲルベルグ・ツアラー」を世界初披露します。

「エンゲルベルグ・ツアラー」は“エンゲルベルクツアラー“の名に相応しく、どんな気象条件や路面状況でもドライバーが自信をもってドライブできる高い走行性能を持つツインモーター方式のフルタイム4WDと、都市から離れ充電インフラが整っていない場所までも安心してドライブできるPHEVならではの長い航続走行距離を合わせ持たせています。
ニュースリリース | MITSUBISHI MOTORS (56849)

ホンダは新型電気自動車「ホンダe」のプロトタイプモデルを世界初公開

Honda | 「Honda e」プロトタイプを2019年ジュネーブモーターショーで世界初公開 (56851)

今回公開する「ホンダe」プロトタイプは、2017年のフランクフルトモーターショーで発表され、同年の東京モーターショーにて日本初公開されたコンセプトモデル「アーバンEVコンセプト」をベースとし、市販に向けて進化させたモデルです。そして、本モデルをベースとした電気自動車を、2019年後半に生産開始する予定にもなっています。
Honda | 「Honda e」プロトタイプを2019年ジュネーブモーターショーで世界初公開 (56853)

エクステリアは、走りの楽しさと愛着を感じる親しみやすさをシンプル・クリーンに表現。新たに採用したポップアップ式のドアハンドルや「サイドカメラミラーシステム」といった先進機能を取り入れることで、シームレスなボディーデザインを際立たせています。

また、インテリアはラウンジのような心地良い空間を作り出し、直感的かつマルチタスクの操作が可能な大型ディスプレーを採用することで、コネクテッドサービスをはじめとする、さまざまな機能を搭載します。
Honda Media Website | 4輪製品リリース画像 -   『「Honda e」プロトタイプを2019年ジュネーブモーターショーで世界初公開』 (56855)

そして、新開発のEV専用プラットフォームは、コンパクトなボディーながらロングホイールベースと短いオーバーハングを実現し、街中での取り回しの良さと優れた走行性能を両立しています。さらに、力強いモーターと後輪駆動による走りの楽しさを実現しながら、EV走行距離は200km以上を達成。30分で80%まで充電が可能な急速充電にも対応しています。

まとめ

今年の特徴はEV+SUVで、三菱とスバル以外にも日産が「IMQコンセプト」という「e-POWER」搭載車の小型クロスオーバー車を発表しています。ただし、いずれも既存の市販車に用いられているパワーユニットであり、次々と発表される欧州メーカーの電動車種と比べるとインパクトが薄い。
そんな中、SUVではないものの、ホンダの「ホンダe」は市販予定であり、リーフよりもEV走行距離、パワーとも低いものの低価格設定となれば、メーカー間のパワーバランスがひっくり返るようなニュースになりそうです。
19 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Mr.ブラックビーン Mr.ブラックビーン