2017年4月13日 更新

スズキスペーシアカスタムZ見てきた!価格はスペーシアと比較してどう?

スズキの軽ハイトワゴン、スペーシアの追加モデル「スペーシアカスタムZ」を見てきました。 今回はその中からエクステリアをご紹介します。

スズキスペーシアカスタムZ見てきた!価格はスペーシアと比較してどう?

スペーシアカスタムZのエクステリア

スズキはスペーシアの追加モデルとして、2016年12月に「スペーシアカスタムZ」を発売しました。

スペーシアのデビューは2013年、発売後4年目に突入している軽ハイトワゴンです。
同カテゴリーには、ホンダのN-BOXやダイハツのタントという競合がひしめく激戦カテゴリーです。

売れに売れているホンダのN-BOXやそれに続くダイハツのタントに比べると、販売数では一歩及ばない印象ですが、広い室内空間と32.0km/Lという高い燃費性能も魅力が魅力のモデルです、
また、安全装備としては軽自動車で初採用となったステレオカメラを使用した衝突被害軽減システム「デュアルカメラブレーキサポート」を搭載し、安全性も他社に先駆けた強みとなっています。
 (6181)

スペーシアカスタムZは、通常のスペーシアよりもボンネットフードの位置を高くし、大型のメッキフロントグリルやフロントバンパーといった専用デザインによって、より押し出しの強いフロントマスクとなっています。

これは2017年2月にデビューした新型ワゴンRとワゴンRスティングレイとの関係に似ています。
たしかにボンネットフードが高くなり、顔つきの迫力がありますよね。
大型のメッキパーツはアルファードのような迫力すらあります。
通常のスペーシアよりも切れ長になったヘッドライトは、より男性的でアグレッシブな印象があります。
 (6183)

ボディカラーはモノトーンが7色、ツートーンが3色の全10色が設定されます。

また、スペーシア カスタムZ専用エクステリアパーツとして

・フロントバンパー(エアロ形状)
・メッキフロントグリル
・大型メッキフロントミドルグリル
・ディスチャージヘッドランプ
・LEDイルミネーション(フロントバンパー)
・LEDフロントフォグランプ
・ブラックメッキバックドアガーニッシュ
・メッキドアハンドル(カスタムZターボ)
・14インチタイヤ&アルミホイール(カスタムZ)
・15インチタイヤ&アルミホイール(カスタムZターボ)

が装備されています。
 (6182)

LEDフロントフォグや、バンパーに内蔵されたLEDイルミネーションがカッコイイですね。

こちらのスペーシアカスタムZはNAのモデルのようで14インチのアルミホイールを装備しています。

続いてスペーシアカスタムZのリア周りも見てみましょう。
 (6184)

ツートンルーフになっているのがオシャレですよね。
いわゆる軽ハイトワゴンですが、ピラーをすべてブラックアウトしているのでルーフが浮いているようにも見えるデザインです。
それにより、ガラスエリアが広く見えるのが特徴的なエクステリアですね。
 (6186)

垂直に切り立ったサイドはまさに箱。
メッキパーツを各所にあしらい、質感が高められています。
ライバルとなるN-BOXは2011年にデビューしたものの未だ人気は衰えていないので、スペーシアも挽回したところ。
 (6185)

スペーシアカスタムZのリアをローアングルからもどうぞ。
フロントマスクは押し出し感を強めたカスタムZですが、リアはスペーシアのまんまの印象です。
フロントの押し出しに比べるとリアはだいぶおとなしい印象です。

スペーシアカスタムZの価格は?

スペーシアカスタムZの価格ですが、149.0万円~179.5万円となっています。
スペーシアカスタムZには「カスタムZ」と「カスタムZターボ」の2つのパワートレインがあり、それぞれ2WDと4WD、デュアルカメラブレーキサポートの搭載か非搭載かを選択することが可能となっています。

スペーシアカスタムZがスペーシアの中で一番高いグレードかと思いきや、標準のスペーシアとスペーシアカスタムの中間にあたる価格設定がされています。

■スペーシアの価格
127.4万円~157.9万円(税込)

■スペーシアカスタムZの価格
149.0万円~179.5万円(税込)

■スペーシアカスタムの価格
153.4万円~191.8万円(税込)

なんだか紛らわしいですが、スペーシアカスタムにもターボモデルが用意されているので、新型ワゴンRのように上位グレードしかターボの用意がないなんてことはないので、選びやすいともいえますね。

3つの顔があるスズキのスペーシア、次回ではスペーシアカスタムZの内装もチェックしてみたいと思います。
20 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

chibica編集部 chibica編集部