2017年6月2日 更新

5月9日発売の新型ミライースが早くも店頭に展示してましたので見てみました その2

新型ミライース店頭展示の件で続きです。記事が少しはみ出してしまいましたので、その2として書かさせて頂きます

5月9日発売の新型ミライースが早くも店頭に展示してましたので見てみました その2

目次

エアコン吹き出し口にも拘りが・・
 (8067)

掘り込み式インパネドリンクフォルダーはこの位置に鎮座。G SAⅢはエアコン吹き出し口にブラックつやありリングがツイてました。コストも考えつつも魅せ方の拘りを感じました。
次にドアパネルです。
 (8069)

ドアポケット付きのドアパネルはご覧のように質素。電格ミラースイッチもココです。G SAⅢのみ高級車でも付いてない車種があるアイテム、オート格納式ミラー&車速ロック付きが付いちゃいます。
リアのPWスイッチ周りはこんな感じ

リアのPWスイッチ周りはこんな感じ

こちらも質素に出来てました。メッキのドアノブがプチ高級感(笑)
リアです こちらも足元広々
 (8073)

 (8076)

リアシートです。足元は広々です。特にひざ前は、大人がラクに座れるたっぷりとした広さ。座面が狭かったりや背もたれの高さが低かったりしますが、ヘッドレストをしっかりセットすればちゃんと座れるシートで、座高高めのワタクシでも頭に余裕が少しアリ(笑) 
左後ドアを開けての眺め
 (8075)

乗り降りもし易いつくりで問題なかったです。
2人乗車時にリアシートを倒した時のラゲージスペース
 (8078)

バッテリー繋がってなかったのでリアドアが開かず(笑) 椅子を倒してラケージスペースを確認でした(^o^;) 
恐らくこの辺りは先代のミライースとほぼ同じだと感じました。
こちらはG SAⅢの店頭価格。
 (8080)

30 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

やれんのー やれんのー