2017年6月2日 更新

5月9日発売の新型ミライースが早くも店頭に展示してましたので見てみました その1

某店舗にチラ寄りしたところ早くもミライースが置いてありました。実に6年ぶりフルモデルチェンジ。 「低燃費」、「低価格」はそのままに、安全装備、安全性能が充実。価格帯はイチバン安いBで84万円からイチバン高いG SAⅢ/4WDで133万円まで。 ぱっと見る限りプラットフォームは先代モデルと共通のようですが、かなり新味は増していると思いました。と言う訳で画像並べちゃいます。

5月9日発売の新型ミライースが早くも店頭に展示してましたので見てみました その1

目次

展示車は最上位グレードのG SAⅢ
 (8024)

お色はマゼンタベリーマイカというきれいな色のクルマでした。
他の色ですが、レモンスカッシュクリスタルメタリック、スプラッシュブルーメタリックがGグレード及びXグレード専用色でLグレード、Bグレードにでは設定なし。
ブライトシルバーメタリック、スカイブルーメタリック、プラムブラウンマイカメタリック、ブラックマイカメタリック、パールホワイトがGグレード、Xグレード、Lグレードで設定可。 4ナンバー車、B グレードはホワイト、スカイブルーメタリック、ブライトシルバーメタリックのみの設定となっています。
横からのはこんな感じで、リアドアに変化アリ。
 (8025)

サイズは全長:3,395mm、全幅:1,475mm、全高:1,500mm、ホイールベース:2,455mmで軽のサイズとしては普通ですね。
立体駐車場に入る高さなので、駐車する場所の心配がありません。

先代ミライースは2011年の9月に発売され、2012年以降は毎年10万台以上を売り上げていました。法人ユースが多いと思われますが、売り上げはミラシリーズの中でもトップ。
製造はダイハツ九州にて行われています。
後ろはこんな感じ・・・
 (8026)

リアテールの周りは、お得意のカーボン柄樹脂にて加飾。リアゲートは、閉まり音の音質にもこだわったとの事。
キャスト等と同じく、開くと軽い樹脂製となってます。尚、リアドアは軽初の電磁式のスイッチ式になっていました。
アルミホイール14インチ。最上位ですので標準で付いてきます
 (8027)

OEMタイヤは155/65/14のダンロップエネセーブ。14インチホイールはタントやムーヴでも使用されてるお馴染みのデザインのもの
気になる燃費数値
 (8090)

ライバルの燃費を追っかけず、「カタログ燃費」の追求から方針が転換。
数字を見ると、大幅な燃費向上とは言えませんが「実燃費」は向上している模様。実燃費とカタログ値てっやっぱり違うんだの論争はここでさておき・・(笑) 大幅な路線変更ともいえますね。これは、軽自動車の低価格・低燃費が限界にきているとも言えますが、それでも記載の燃費は 35.2km/L、 少し重い上位グレードで34.2km/L 、4WDで32.2km/Lですから決して悪いわけではないです。
たとえば、パワーユニット熱の活用などでエンジン・CVTの効率を高めたり、軽量化と空気抵抗の低減 CD値は2.9だとか・・・ エコ発電制御やLEDランプ、スクロール式エアコンコンプレッサーによりエネルギーをより効率良く改善・・等などかなり頑張ってる感じでした。
やっぱり気になる安全装備は最新式 スマアシⅢ ステレオカメラで人も検知する緊急ブレーキ搭載
 (8040)

第3世代となるスマートアシストは、左右に世界最小のカメラ付きとなり高精度かつ広範囲を感知。
ドライバーに注意を促したり、緊急ブレーキを作動させたりします。
今回、新型ミライースにも「スマートアシストⅢ」が装着され安全性能が更に高まりました。

スマートアシストⅢ(衝突回避支援ブレーキ機能、誤発進抑制制御機能、オートハイビーム)・4つのコーナーセンサーの紹介動画
フロントバンパー、リアバンパーの四隅には全車コーナーセンサー装備
 (8043)

フロントバンパー、リアバンパーの四隅には全車コーナーセンサーがツイてます。前後誤発進制御も恐らくこのセンサーにて判断かと思います。 車庫入れ縦列駐車にも強い味方になりそうです。
LEDヘッドライトはG  SAⅢ・X  SAⅢで標準
 (8044)

ライトはS  SAⅢ、G SAⅢのみLEDヘッドライト付きとなります。一部OPで装着可能ですが、他グレードにつきましてはマルチリフレクターハロゲンヘッドランプが標準装着
尚、スマアシⅢ装着車は前方の明るさを検知してライトのハイ・ローを切り替えしちゃうオートハイビームが標準となっております。
次、内装いきます
 (8028)

内装です。アッパートレイ付きのインパネはエントリーモデルとはいえ、かなり質感アップした感じ。
 (8029)

メーターは先代と同じく全車デジタルメーター。
2パターンあって上級グレードはマルチインフォメーション付きのこのブルーイルミネーションのものになる模様。下位グレードはオレンジイルミで簡略化されたものに成るようです。
バッテリーが繋がって無かったので、残念ながら発光した状態で撮れず。
エコドライブアシスト照明
 (8087)

燃費のいい運転をすると、イルミネーションがブルーからグリーンへ。
グリーンの状態を長く保つだけで上手にエコドライブができます。
(L“SA Ⅲ”、L、B“SA Ⅲ”、Bはアンバーからグリーンへの変化となります。)
 (8030)

キーレスプッシュスタートはG SAⅢのみ。他グレードはOPですら付かず、鍵回す式の普通のものになります。
ライトもG SAⅢのみオートライトの設定。
なんとフロントだけですが、シートヒーターが標準
 (8031)

助手席側から・・・
 (8032)

フロントも足元広々~。新設計のフロントシートによりヒップポイントを下げ、斜め上の視界も拡大。頭上空間のゆとりも充分
G SAⅢには生意気にもフロント左右シートにシートヒーターが標準。これからの軽上級車には必須アイテムになる予感です。シガーは定番のこの位置。
パネルも質感向上してます。
 (8033)

オートエアコンのパネルもつや消しのシルバーメッキとなり質感向上
パネルはディラーオプションで数種類選ぶコトも可能
あちらこちらに収納も・・
 (8034)

センターフロアトレイはちょうどテッシュが収まるサイズで使いやすそう。
他にインパネロングアッパートレイ(助手席)、ドアポケット(フロント)、ドアポケット&ボトルホルダー(リヤ)あとインパネにショッピングフックもアリ。OPですが、助手席下にトレイも付けれます。
スペースの問題で書ききれなくなりました(笑)
大変申し訳ございませんが、続きがありますので後編をお楽しみにm(_ _)m
52 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

やれんのー やれんのー