2017年8月28日 更新

ホンダ新型フィットマイナーチェンジ最新情報まとめ!発売日は2017年6月下旬!価格は10万円UPか

2013年にデビューした3代目フィットが、2017年6月にマイナーチェンジを迎えます。 以前にも記事にしましたが、今回新たに情報を得たので最新情報を追加してまとめます!

ホンダ新型フィットマイナーチェンジ最新情報まとめ!発売日は2017年6月下旬!価格は10万円UPか
以前にもホンダフィットのマイナーチェンジ情報をまとめていました↓
今回はそれに続き新たに判明したフィットのマイナーチェンジ情報をまとめます!

マイナーチェンジ版フィットにはホンダセンシングを裝備!

ホンダフィットは、現在のモデルで3代目となります。
ホンダのコンパクトカーとしてロングセラーのモデルとなっているフィットは、ホンダご自慢のセンタータンクレイアウトによって生み出される広大な室内空間はライバルのコンパクトカーを圧倒しています。

昨今の自動車には、安全装備が必須になってきていますが、2013年デビューのフィットには、2014年10月に追加された「あんしんパッケージ」がありましたが、それをさらに進化させた「Honda SENSING(ホンダ センシング)」が導入されます。

ホンダセンシングには、

・衝突軽減ブレーキシステム(CMBS)
・路外逸脱抑制機能(ステアリング制御付)
・LKAS(車線維持支援システム)
・アダプティブクルーズコントロール(ACC)
・標識認識機能
・誤発進抑制機能
・先行車発進お知らせ機能

がパッケージ化されており、昨今のホンダ車でも導入されています。
渋滞時追従機能付きのアダプティブクルーズコントロールが搭載されるかが注目でしたが、マイナーチェンジ版フィットでは渋滞時追従ではなく速度下限設定があるタイプのようで、全車速追従のACCではないようです。

路外逸脱抑制機能でステアリング制御までしてくれるのは、このクラスとしては初ではないでしょうか。

エクステリアはかっこよくなる!シャトル顔に変更!

一部のネットメディアではすでに新型フィットのエクステリアが流出していますが、どうやら好評なシャトルやヴェゼルのような顔つきにフェイスリフトする模様です。
上記のテストカーを見てみると、フロントノーズが思いのほかシャープになったように見受けられます。
ワンモーションフォルムがより進化するマイナーチェンジになりそうです。

主なエクステリアの変更点は、

・ヘッドライトがフリードと同じようなリフレクタータイプに変更
・グリルがシャトルのようなタイプに変更
・バンパー形状変更
・RSはよりアグレッシヴなデザインに変更
・RSはドアミラーがブラックタイプに変更
・リアコンビネーションランプデザイン変更

と言った感じの変更になるようで、社外秘資料を見た人の感想では、特にRSがかっこよくなるとのことです。
ホンダフィットハイブリッド試乗しました!ドライブフィール&実燃費は? | ワンダー速報 (7235)

↑こちらがマイチェン前のフィットのフロントマスク。

↓こちらがイメージが近づくとされているシャトルのフロントマスク。
ホンダ新型シャトル見てきました!価格は169万円から!意外とイイかも! | ワンダー速報 (7236)

グリルがヘッドライト内まで貫通するようなデザインです。
ヘッドライトも従来のプロジェクター式から、フリードで採用されている面発光するようなリフレクター式になるそうで、そちらも質感は向上しそうです。
ホンダ新型フリード試乗しました!写真で見るよりカッコイイぞ!【画像】大量UP! | ワンダー速報 (7239)

↑フリードのヘッドライトはLEDを上から照射してリフレクターで反射させて正面を照らすタイプだそうです。
ヘッドライト内のデザインもかっこよくなりそうですね。

内装にも変更があり、メーターのデザインが変わるそうです。
また、ボディ剛性や乗り心地にも細かい変更が入るそうで、見えないところの質感も上がっているようで期待できますね!

新型フィットハイブリッドは37.2km/Lの燃費を目指す!

フィットのハイブリッドモデルの燃費は現行で36.4km/Lとなっていますが、i-DCD(スポーツハイブリッド)の改良を加え、37.2km/Lで調整されているとのこと。
アクア超えを狙っているようですが、そのアクアも6月にマイナーチェンジを迎え、燃費が38.0km/Lを目指しているとのことで、燃費競争はまだまだ続きそうです。

どちらにせよ、ユーザーにとっては燃費が良くなることはうれしいですよね。

噂になっていた、1.0Lターボエンジンは、今回のマイナーチェンジでは見送りとなった模様です。

気になる価格は10万円ほどアップか?

気になるマイナーチェンジ版新型フィットの価格ですが、ホンダセンシング搭載分で10万円ほどアップの見込みだそうです。

メーカー発表は6月末頃で、先行予約注文の受付は5月のGW明けくらいからスタートの見込みだそうです。
 (7243)

マイナーチェンジ間際ということで、今後さらに新しい情報が入り次第お届けしたいと思います!
お楽しみに!

24 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

chibica編集部 chibica編集部