2018年2月13日 更新

新型Mercedes-Benz A-Class(メルセデスベンツAクラス) の全貌紹介がスタート!デザイン・スペック等を解説!日本の発売時期は?

本国ドイツ公式サイトで、遂に新型Mercedes-Benz A-Class(ベンツAクラス) の紹介がスタートしました!今まで筆者もAクラスの記事を書きましたが、公式紹介がアナウンスされ、全貌も見えてきたと感じます。待望の新型ベンツAクラスを再度追ってみます!!!

新型Mercedes-Benz A-Class(メルセデスベンツAクラス)  の全貌紹介がスタート!デザイン・スペック等を解説!日本の発売時期は?
https://www.netcarshow.com/ (23659)

via https://www.netcarshow.com/

新型メルセデスベンツAクラス公式動画!

Aクラスに与えられた哲学!(メルセデスベンツより)
有機的なデザインでミニマムサイズならではの縮小された線を表現。スポーティでエキサイティングなデザインをミックス!!!

メルセデスベンツでAクラスは、小さいサイズであってもメルセデスベンツであること、そして新型ではワクワクするようなデザインを作り上げていると感じます。

新型メルセデスベンツAクラスのエクステリアデザイン

フロントビューでは、フラットなボンネットにキリッと細く長いヘッドライトが特徴。そこにダイヤモンドグリルがおかれていることでフロントフェイスが、より広く見えるようになっていますね!ダイヤモンドグリルは、クロムでハイライトされ高級感を演出してもいます。
 (23197)

サイドビューでは、現行Aクラスとは違う洗練されたボディラインを作り出しているようです。そこにモダンでダイナミックなデザインを強調するために、プレスラインやバンパーサイドにエアダクトが、設けられてると考えます。
 (23198)

リアビューでは、やはりテールライトがキリッと細く広くなることで、スポーティさと走行性能の高さをも表現しており、更にはリアの広がりも強調されていますね!

リアバンパー下部のディフェーザーは、黒一色ではなくカラーラインになっていることで、低重心で広がりを持たせている印象!
 (23199)

マルチビームLEDヘッドランプは、ラグジュアリーモデルからコンパクトモデルへのインスパイアとなっているようです。合計18個のLEDモジュールがヘッドライトに集約されており道路状況に応じて最適な配光を実現。

更にハイパフォーマンスLEDヘッドライトでは、標準のハロゲンから高効率なLEDへと変更が可能としているようです。
 (23200)

新型メルセデスベンツAクラスのインテリアデザイン

Aクラスでは、今回まったく新しいインテリアデザインを携えての登場となっているようです。まずは、ワイドに設定されている2種類のモニター。非常に近代的で先進的な香りを感じます。これには、新技術AIを含んだシステムが盛り込まれているようです!
iPhoneのSiriやGoogleのように「ヘイメルセデス!」と声をかけると音声認識でナビの目的地検索なども行ってくれるとのこと。

そして飛行機のタービンのようなエアコンの吹き出し口が、よりインテリアにコックピット感を与えていると思います。
さらにスポーティーさを生み出すステアリングは、3本スポーク形状となっておりレーシングステアリングのようにステアリング下部が水平デザインに!
 (23201)

こちらの画像では、センターコンソールは張り出し感が強く設定されており、こちらもスポーティー感を生み出すデザインであると感じます。

ダッシュボードは、あくまで凹凸の少ないデザインとなっており、モニターデザインが強調される作りであることが伺えますね!

シートには、温度調整機能が備わっており、夏の熱いシートの冷却機能や冬の冷たいシートの暖房機能まで温度範囲に広く対応しているとのことです。
 (23202)

実用的にアレンジされたセンターコンソール。新たにカップフォルダーが、使いやすい位置に設置され、スマートフォンや財布、キーを収納しておくスペースも拡大されているとのことです。
 (23203)

25 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me