2018年9月10日 更新

スバル「レガシィアウトバック/B4」改良モデルを発表、「X-BREAK」を設定

スバルは10日、「レガシィアウトバック/B4」の改良モデルを10月4日に発売することを発表。同時に60周年特別記念車としてアウトバックに「X-BREAK」を追加設定しました。

スバル「レガシィアウトバック/B4」改良モデルを発表、「X-BREAK」を設定

レガシィアウトバックとB4のおさらい

レガシィアウトバック

レガシィアウトバック

ステーションワゴンタイプのSUVであるレガシィアウトバックと、その4ドアセダンバージョンのB4は、スバルの考える「機能的価値」「情緒的価値」を提供し、安全性能や走行性能はもちろん、内外装のデザインや質感を徹底的に磨き上げたモデルです。

しかし、北米を中心にスバルの主力輸出車種であるものの、国内では現行モデル以降、その北米向けに大きくなったボディサイズのために販売台数は激減しており、計画販売台数も月販600台と輸入車並みの車種になっています。
レガシィB4

レガシィB4

エンジン・総排気量(cc):水平対向4気筒・2498
最高出力[ネット][ kW(PS)/rpm]:129(175)/5800
最大トルク[ネット][ N・m(kgf・m)/rpm]:235(24.0)/4000
レガシィアウトバック

全長/全幅/全高(mm):4820/1840/1605
ホイールベース(mm):2745
最低地上高(mm):200

レガシィB4

全長/全幅/全高(mm):4800/1840/1500
ホイールベース(mm):2745
最低地上高(mm):150

メーカー希望小売価格

レガシィアウトバック」3,294,000~3,564,000円
レガシィB4:3,024,000~3,240,000円
特別記念車「X-BREAK」:3,402,000円

で、今回はどう改良されたのか?

ログイン|SUBARU GLOBAL MEDIA SITE (42576)

今回の改良では、全グレードでアイサイトのプリクラッシュブレーキ制御を改良。アイサイトの認識対象が、車両と同一方向に進行する歩行者や自転車であった場合、減速制御の作動タイミングを早期化することで、衝突回避の可能性を向上させました。また、低速走行中、前方に障害物がある状態で誤ってアクセルを踏み込んだと判断した場合には、プリクラッシュブレーキを作動させることで、衝突回避をアシストする機能を追加しています。

マグネタイトグレー・メタリックとストームグレー・メタリック(レガシィアウトバックのみ)を追加、安全・快適装備として、オートビークルホールドとセキュリティフードアラームも追加されています。

スバル60周年特別記念車 アウトバック「X-BREAK」

X-BREAK

X-BREAK

また、スバル60周年特別記念車として、レガシィ アウトバック「X-BREAK」を設定。「シーンを選ばずに幅広いフィールドで活躍できるアクティブな道具」をコンセプトに、アウトバックが持つ上質さにアウトドアスポーツギアのファッション性と機能性を融合させ、日常と非日常をボーダーレスに行き交うライフスタイルに合うクルマに仕上げられています。
ログイン|SUBARU GLOBAL MEDIA SITE (42581)

「X-BREAK」の内装には、撥水ファブリックと合成皮革を組み合わせて機能性を高めた専用シートを採用。また、「Limited」グレードでピアノブラック調加飾やシルバー加飾を用いている箇所に、重厚感のあるブラックを用いるとともに、インパネやシフトブーツにアクセントとしてイエローグリーンステッチを配し、スタイリッシュで洗練されたイメージを表現。

外装には、内装同様にブラックとイエローグリーンでコーディネートしたフロントグリルとドアサイドクラッディングを採用。ダークメタリックの18インチアルミホイールやブラックのドアミラーカバーと組み合わせるとともに、可動式クロスバーを内蔵した大型ブラックルーフレールを採用することで、SUVらしいスタイリングと機能性を両立させています。
【レガシィ アウトバック 「X-BREAK」の特別装備】

■エクステリア

・ フロントグリル(ピアノブラック調&ラスターブラック塗装+イエローグリーン加飾)
・ ブラックカラードドアミラー
・ フロント&リヤドア・サイドクラッディング(フロントはOUTBACKロゴ入り(イエローグリーン))
・ OUTBACKリヤオーナメント(ラスターブラック)
・ シンメトリカルAWDリヤオーナメント(ラスターブラック)
・ 18インチアルミホイール(ダークメタリック塗装)&225/60R18タイヤ
・ ルーフレール(クロスバービルトインタイプ)

■インテリア

・ 撥水ファブリック/合成皮革シート(グレー/グレー&ブラック、イエローグリーンステッチ)
・ フロントセンターアームレスト(イエローグリーンステッチ)
・ メタルメッシュ+ブラック塗装加飾パネル(インパネ、ドアトリム)
・ レザー調素材巻ドアトリム&ドアアームレスト(イエローグリーンステッチ)
・ インパネアッパートリム(イエローグリーンステッチ)
・ 高触感本革巻ステアリングホイール(イエローグリーンステッチ、ブラック加飾、ステアリングヒーター付)
・ シフトブーツ(イエローグリーンステッチ)+ピアノブラック調加飾パネル
・ 大型マルチインフォメーションディスプレイ付メーター(X-BREAK用ホワイトリング照明付)
・ フロント&リヤドア・プルハンドル照明(X-BREAK用ホワイト)
・ センタートレイ(X-BREAK用ホワイト照明付)
・ カーゴフロアボード(ラゲッジスムーザー機能付)

まとめ

でも、そのサイズを改めてみてみると、全長 4820mm全幅1840mmは、ステーションワゴンとしては大柄でも、今はやりのSUVとしてはけっして大きすぎることはないのです。特に「X-BREAK」はSUVとしてのパワフルな顔がきわだち、持ち前の積載能力を加味すると、魅力的な選択肢に見えるはずです。

もう大きすぎるなんて思わなくてもいいのです。そして、意外と割安なのです。
16 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Mr.ブラックビーン Mr.ブラックビーン