2017年2月17日 更新

レクサスLC発売日は2017年3月!価格は1300万円からと判明!

レクサスから2017年春に発売予定のスポーツクーペ、LC500・LC500hの価格情報が判明しました。 それに伴い、各グレード展開や装備もわかってきました。 パワートレインは2つ。 LEXUS RC FやGS Fなどと同じV8 5.0Lエンジンに新開発10速オートマチックトランスミッションを初採用したLC500と、GS450hやRX450hと同じ、V6 3.5Lエンジンと新開発のマルチステージハイブリッドシステムを初採用したLC500h。 それぞれの価格とグレード展開を紹介します。

レクサスLC発売日は2017年3月!価格は1300万円からと判明!

LC500の価格は1300万円から

レクサスLCのグレード展開は、LC500・LC500hともにシンプルに3つ。

・ベースグレード
・L Package
・S Package

となっています。



そして気になるレクサスLCの価格ですが、

LC500とLC500 L Packageが1300万円、
LC500 S Packageのみ+100万円の1400万円、

LC500hとLC500h L Packageが1350万円、
LC500h S Packageのみ+100万円の1450万円、

となっています。
【速報】レクサスLC500見てきた!超かっこいい!!先行展示イベントレポート! | ワンダー速報 (3331)

レクサスLCの先行展示は始まっており、レクサス青山のインターナショナルギャラリーや名古屋のミッドランドスクエアで見ることができます。

各グレードでの装備の違いは?

従来のレクサス車では、ベースグレードとL Packageが同じ価格ということはありませんでしたが、今回のレクサスLCでは、ベースグレードとL Packageで標準装備されている装備に違いがあります。


ベースグレードにあってL Packageにない装備は

・カーボンルーフ
・カーボンスカッフプレート
・前席アルカンターラスポーツシート
・後席アルカンターラシート

などとなります。


また、L Packageにあってベースグレードにない装備が、

・前席セミアニリン本革シート
・後席L-tex(合成皮革)シート
・10wayパワーシート
・サイド部可動ヘッドレスト
・パノラマルーフ(MOP)
・鋳造ノイズリダクションホイール+20インチタイヤ(MOP)
・内装素材一部変更

などとなります。

大きな違いはカーボン系の装備です。これがあるからベースグレードとL Packageの価格がおなじになっていると思われます。
カーボンルーフを選ぶか、パノラマルーフを選ぶかでグレード選択が変わってきます。



さらに、ベースグレードの上位互換としてS Packageがあります。

S Package専用の装備となるのが

・LEXUS Dynamic Handling System (LDH) 
・アクティブリヤスポイラー
・トルセンLSD
・21インチ鍛造ホイール
・アルカンターラルーフ、ピラー、サンバイザー等

などとなります。
これらがあるからプラス100万円のプライスになります。
【速報】レクサスLC500見てきた!超かっこいい!!先行展示イベントレポート! | ワンダー速報 (3330)

レクサスLC500 S package

レクサスLCの発売日は2017年3月?!

レクサスLCの発売日は、2017年3月と予定されています。

LC500、LC500hが同時に発売されるわけではなく、どちらかが先にリリースされる模様です。

レクサスでは、だいたい発売日の2ヶ月前から予約が開始されますので、年明けくらいから見積もりが作れるようになって予約もできるようになるかと思われます。

レクサスLCは、生産台数も限られたスペシャリティクーペですので、発売当初は予約が殺到し、長期間の納車待ちが発生するものと考えられます。

気になる方は、早めに動かれたほうが良いかもしれませんね。
【速報】レクサスLC500見てきた!超かっこいい!!先行展示イベントレポート! | ワンダー速報 (3332)

9 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

chibica編集部 chibica編集部