2018年7月3日 更新

日産GT-R50 by Italdesign Conceptが今年登場!コラボデザイン・スペック等を検証

イタリアらしいデザインパワーに技術の日産といわれる2メーカーがコラボレーションして、スーパーなGTR50が、誕生したようです。このモデルを見て一瞬でスーパーなGTRであるとピンと来ます。同モデルを調査!

日産GT-R50 by Italdesign Conceptが今年登場!コラボデザイン・スペック等を検証

日産GTRってどんなクルマ?

 (34704)

皆さんもご存知な方が多いでしょう。GTRという日産のロゴ。走りの全てにおいて日産の中心的存在であり、レースシーンでの最先端を行くようにも開発されているモデル。

初代スカイラインは、1969年に登場しここからスカイラインGTRの時計が動き始めました。S20型エンジンを搭載し当時のレースシーンだけでなく、現在でも愛好家が多く、これに対する社外パーツも豊富にラインアップされていることもこうした愛好家を支えてもいるでしょう!

2代目は、1973年からたったの数ヶ月の販売となり、197台のみという現状となっておりました。これは排気ガス規制によるもので、排気ガス規制の情報入手が出来なかったことが要因とされてもいます。

スカイライン自体は、代を重ねていきましたがGTRは有りませんでした。そんな中1989年に3代目スカイラインGTRがスタート。RB26DETTというモンスターエンジンを搭載して登場。当時の日産のハイテク技術であるハイキャス、アテーサも惜しみなく盛り込まれたモデル。

これ以降4代目・5代目とスカイラインGTRが投入されましたが、2002年を最後にスカイラインGTRの歴史は、終了してしまいました。

2007にスカイラインGTRの実質の後継車種としてGT‐Rが登場しました。全て栃木工場で生産され、日本から世界へ持ち込まれているのは、日産のこだわり。

このスカイラインという称号を外したのは、日産がモデル名を敢えてつけないことでそのモデルの派生としてでなく、独自に開発・生産をおこなっていくという思い。

2017年に入り、このGTRは、ニスモバージョンまで販売スタートしました。実に1800万超えのスーパーカーとなっております。このモデルが、イタルデザインとコラボして登場との報道が入りました。このモデルを追いかけてみます。

Nissan GT-R armed with a fresh new look, more power

日産GT-R50 by Italdesign Conceptのエクステリアデザイン

フロントビュー

最大の特徴は、ゴールドのバンパーとなっており、大きく開口されたグリルデザインは、原型のGTRよりもかなりアグレッシブなデザインへ。

ボンネットデザインもさらにスパルタンにデザインされ、ヘッドライトもさらに薄くデザイン、LEDモジュールも進化させて搭載。
 (34901)

サイドビュー

原型のGTRよりも54㎜ルーフラインが下がっており、さらに中心部を下げるようにデザイン。そしてフロントフェンダー降雨に開口しているエアダクトは、フロントに併せてゴールドにカラーリング。このエアダクトも下からほぼ上まで大きく開口させているのがポイント。
 (34902)

リアビュー

実は、原型のGTR残像を残しつつも大きく変更されているのがリアデザインと筆者は思いました。特徴である丸目4灯のテールランプは残しつつも、デザインは大きく変更され、イタルデザインと主張するように凹凸もはっきり。

レーシーで且つサーキット仕様の無骨で筋肉的なラインをリアでは特に与えていると!これは、筆者の個人的な見解でも有りますが、レースシーンで先頭を走る・走らなければならないということは、残りの車両は、後ろ部分だけを見る、見せるということも示唆しているのかもしれませんね。

 (34903)

真上から見ていると、要所要所にゴールドがあしらわれている部分と、ルーフのプレスラインに特徴があるといえますね。
 (34904)

真後ろから見ていると、ほぼゴールド一色といった印象。ゴールドだけなのに凹凸間がクッキリとしており、リアアンダーのカーボンディフェーザーも特徴的。左右から張り出したマフラーエンドにも特徴がありそうですね。
 (34905)

日産GT-R50 by Italdesign Conceptの内装

 (34906)

Italdesignの手によって日産のGT - R50は、現代的な高性能の血統を受け継ぎながら新しいものへ進化したと言えるでしょう。

センターコンソール、インスツルメントパネル、ドアライニングには、2種類のカーボンファイバーフィニッシュがふんだんに使用されていますね。

ゴールドのアクセントが、エクステリアとシンクロするようにインスツルメントパネル、ドア、スイッチシフトを覆ってもいます。

別注のステアリングホイールの中央ハブとスポークはカーボンファイバーで作られていますが、リムはフラットボトムとマッチするAlcantaraトリムとしたのは、イタルデザインの最大の特徴。
 (34907)

日産GT-R50 by Italdesign Conceptのパワートレイン等

手作業で組み立てられた3800㏄のV6 VR38DETTエンジンを改良して、推定720psと780Nmのトルクを発生させているとの事。ツイン・ハイ・フローターボチャージャーは最適化され、通常のGTRよりも大きなインタークーラーが与えられています。

サスペンションは、新開発されビルシュタインの連続構成可能なダンピングシステムとなっている模様。これに組み合わされるブレーキは、4ピストン製のブレンボ。チョイスされたタイヤサイズは、フロント255/35R21、リアは285/30R21となっております。

まとめ

日産GT-R50 by Italdesign Conceptの50とは、日産のGTRの歴史50年を振り返るという意味が込められているということです。この象徴的な50年に併せて、イタルデザインとコラボして登場。

GTRニスモをベースにして、デザインをアップデートしてパワートレインも進化、記念すべきコンセプトモデルが販売されたとしたら2000万円超えは必須でしょう???
26 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me