2018年4月25日 更新

もっとも魅力あるブランドはレクサス!「J.D.パワー」2017年ブランドランキング

より安全な運転をサポートする機能の搭載数の増加に伴い、車両の商品魅力度が向上していることが、「J.D.パワー」による2017年日本自動車商品魅力度調査によって明らかになりました。また、ブランドランキングではレクサスが第1位となっています。

もっとも魅力あるブランドはレクサス!「J.D.パワー」2017年ブランドランキング

ユーザーが実際に所有しているモデルを評価

レクサスLS

レクサスLS

2017年の日本自動車商品魅力度(APEAL)調査SMは、2017年5月から6月にかけて実施され、新車購入後2~9ヶ月経過したユーザー22,924人から回答を得、調査対象の車両は全16ブランド、108モデルであり、有効サンプル数が100サンプル以上のブランドおよびモデルをランキング対象としています。

最も向上したのはナビ&エンターテーメントおよび運転性能

 (29297)

今年で7回目の実施となる本調査では、自動車の「外装」、「内装」、「収納とスペース」、「オーディオ/コミュニケーション/エンターテインメント/ナビゲーションシステム(ACEN)」、「シート」、「空調」、「運転性能」、「エンジン/トランスミッション」、「視認性と運転安全性」、「燃費」の10カテゴリー、77項目について、ユーザーが実際に所有しているモデルを評価しています。そして、商品魅力度を示す総合APEALスコアは1,000ポイント満点で表されます。

それによると、2017年の業界平均の総合APEALスコアは、前年よりも9ポイント上昇し637ポイントとなりました。また、カテゴリーごとのスコアをみると、前年と比較し最も向上したのは「ACEN(608ポイント)」および「運転性能(646ポイント)」であり、ともに12ポイント向上。次いで「空調(619ポイント)」および「視認性と運転安全性(643ポイント)」が11ポイント向上。「燃費(631ポイント)」は他のカテゴリーと比較してスコアの向上幅が1ポイントと小さいが、ポイントが大きく低下した前年からは下げ止まっています。

そして、本年の調査結果より、車両一台当たりの安全装備や先進技術の平均搭載数が前年の1.9個から本年は2.4個へと、対前年比で26%増加したことがわかりました。

2017年ランキングのハイライト

メルセデス・ベンツ C 200

メルセデス・ベンツ C 200

ブランドランキングでは、レクサスが総合APEALスコア747ポイントで第1位となり、第2位はメルセデス・ベンツ(720ポイント)、第3位はアウディ(714ポイント)、4位はBMWおよびボルボ(705ポイント)でした。

セグメント別の主な調査結果

軽自動車セグメント

ダイハツウェイク

ダイハツウェイク

1位:ダイハツ ウェイク
2位:スズキ ワゴンR
3位:ダイハツ ムーヴキャンバス

大幅な向上がみられたカテゴリーは「内装および運転性能」の14ポイント、「収納とスペース」および「ACEN」の13ポイントであり、「燃費」のスコアが前年と比較し9ポイント増加しています。

コンパクトセグメント

マツダデミオ

マツダデミオ

1位:マツダ デミオ
2位:トヨタ アクア
3位:日産 ノート

前年と比較して「燃費」が9ポイント低下しましたが、燃費以外のカテゴリーは向上。最も向上した(対前年比+13ポイント)カテゴリーは「収納とスペース」でした。

ミッドサイズセグメント

マツダCX-5

マツダCX-5

1位:マツダ CX-5
2位:MINI
3位:スバル インプレッサ

前年から最も向上したのは「空調(対前年+11ポイント)」でした。

ラージセグメント

ラージセグメント参考トヨタクラウン

ラージセグメント参考トヨタクラウン

(ランキング対象モデルの市場占有率が不十分なため、セグメントランキング公表対象外)

カテゴリー別スコアでは「燃費」が大きく低下し、「エンジン/トランスミッション」も4ポイント低下した一方で、「視認性」と「運転安全性」は対前年比で3ポイント向上でした。

ミニバンセグメント

トヨタアルファード

トヨタアルファード

1位:トヨタ アルファード
2位:トヨタ ヴェルファイア
3位:ホンダ オデッセイ

燃費(対前年比-3ポイント)以外の全カテゴリーで前年から評価が向上し、特に向上幅の大きかったものは「空調(対前年+17ポイント)」、「ACEN および運転性能(対前年+15ポイント)」、「シートおよび視認性と運転安全性(対前年+14ポイント)」でした。

まとめ

N-BOXを始めとしたハイトールワゴンが軽自動車の3位までに入らなかったり、マツダのCX-5は当然としても、デミオがノートやアクアを押さえたり、セレナやプリウスが入らなかったりと、よくあるランキングとはちょっと異なる結果となった「J.D.パワー」による2017年日本自動車商品魅力度調査。

メーカーによる満足度調査ではわからない、第三者機関による調査は新車の購入において、気になる指針となるかもしれません。
27 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Mr.ブラックビーン Mr.ブラックビーン