2017年6月16日 更新

~ライバル車は軽にあらず~ ホンダ N-ONE Modulo X 試乗記

ホンダ N-ONEの走りを極めた最上級グレード、Modulo Xに試乗してまいりました。メーカーチューニングによるコンプリートカーであるModulo Xの実力を検証します。

~ライバル車は軽にあらず~ ホンダ N-ONE Modulo X 試乗記

エクステリア

フロントスタイル
 (10071)

リヤスタイル
 (10072)

N-ONEの可愛らしいデザインを活かしつつ、スポーティに仕上げたスタイルです。フロントグリルやホイールがダークカラーとなるので、やはりホワイトやイエローといった明るいボディカラーが似合いますね。
前後に装着されるエアロバンパーはスタイリッシュなだけではなく、メーカーチューニングによるコンプリートカーだけあって空力も考えられてデザインされています。

インテリア

 (10075)

インテリアは天井の内張りまでブラックに統一されたインテリアやレッドユーロステッチが施される本革ステアリングと本革シフトノブ、そしてメーターや室内をムーディに照らすレッドイルミネーションなどが専用装備されます。

ベースは軽自動車なので、軽自動車としてはクオリティが高いのですが、価格を考えると及第点に留まりますね。
ただ、「プレミアム」を謳っているクルマだけあってしっかりと吸音材が施されているので、急加速時でもエンジン音の室内への進入は少なく、ヘタなコンパクトカーよりも静粛性は高いです。
正直、N-BOXスラッシュに装備されている電動式パーキングブレーキがこのクルマにも欲しかったですね。

ユーティリティ

リヤシート片側の座面を跳ね上げた状態

リヤシート片側の座面を跳ね上げた状態

※写真は2016年11月に行われたMC以前のモデルになります。
リヤシート片側を倒した(ダイブダウンした)状態

リヤシート片側を倒した(ダイブダウンした)状態

※写真は2016年11月に行われたMC以前のモデルになります。
N-ONEはN-BOXの兄弟車にあたるクルマなので、このスポーティなスタイルながらユーティリティは高いです。
リヤシートはワンタッチでダイブダウンでき、両方ともダイブダウンしてしまえば結構大きな荷物も積めますし、勝座面を跳ね上げれば背の高い鉢植えなんかも積めることができます。
このシートアレンジはホンダ独創のセンタータンクレイアウトならではのもので、他社には無い特徴です。

シート

フロントシート

フロントシート

※写真は2016年11月に行われたMC以前のモデルになります。
リヤシート

リヤシート

※写真は2016年11月に行われたMC以前のモデルになります。
フロントシートの掛け心地はスポーティモデルとしてはサポート性が少し物足りないものの、軽自動車の中ではek・DAYZシリーズに次ぐ掛け心地で、プライムスムース+ファブリックの生地のクオリティもなかなかのものです。

リヤシートはシートアレンジを優先しているためやや平板な掛け心地となり、足元の広さは十分に確保されているものの、ロールーフ化によりヘッドクリアランスは172cmの私では手のひら1枚程度の隙間しかありません。

できれば、このモデルは「スポーティモデル」として位置付けられているので標準モデルと同じベンチシートではなく専用のセパレートタイプのスポーツシートを装着して欲しかったですね。

エンジン・トランスミッション

660CC 直列3気筒DOHCターボエンジンとCVTの組み合わせです。
このエンジン、本当に速くパワフルです。
ワゴンRやムーヴのターボ車と比較しても車重の重いこのクルマのほうが速くてパワフルな印象があります。
2,600回転で最大トルクが出るエンジンなので、時速80km/hまでならまずパワー不足を感じることはありません。

さらにECONモードオフの状態では、サスペンションをしっかりとチューニングしているこのModulo Xでもまだシャシーよりもエンジンパワーが勝っている印象です。
CVTのデキもよく言われる「ラバーバンドフィール」は最小限で、踏み込んだ時のモッサリ感をあまり感じさせることなくクルマをグイグイと加速させていきますね。

サスペンション・乗り心地

結論から先に言えば、さすがメーカーチューニングのコンプリートカー、硬めながらも操縦安定性と乗り心地を両立した足回りにより長距離ドライブも苦にしない足回りは軽自動車の範疇を超えている、といったところでしょうか。

乗り心地に関しては、スポーティなエクステリアから想像できる通り正直「硬め」です。ただ「硬め」とは言っても角のあるような突き上げは無く、走行している道路の形状が何となくわかるくらいにトトトンと軽い突き上げがある程度です。
その軽い突き上げがあっても専用設計のショックアブソーバーの減衰力がキッチリあるので、ボディがフラットに保たれ、それにより運転中の目線の動きが少なくて済むので長距離ドライブでも疲労が少なくて済むのです。

操縦安定性については、ロングホイールベースと専用設計されたサスペンションにより直進安定性が高く、またリヤサスの踏ん張りもしっかりとしているので、郊外のワインディングロードなどもそこそこ楽しめる走りになっています。

総括

このクルマは価格が190万円とセダンタイプの軽自動車では最も高いクルマです。
その実力は特に走りの完成度が高く、価格に見合うだけのものは十分にあると感じました。
セダンタイプのスポーティモデルは少ないので、来年か再来年に発表されると思われる次期N-ONEでもModulo Xの設定を継続してもらいたいですね。
23 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

やまちゃん@8148 やまちゃん@8148