2018年5月24日 更新

マツダ「アテンザ」が高級感増量で大幅改良した!!

マツダは、フラッグシップモデルの「アテンザセダンおよびワゴン」を大幅に改良し、24日より予約受注を開始し6月21日に発売予定とします。今回の改良では、フラッグシップモデルにふさわしく、幅広い領域において性能や質感を大幅に向上させました。

マツダ「アテンザ」が高級感増量で大幅改良した!!
アテンザセダン

アテンザセダン

アテンザワゴン

アテンザワゴン

セダンを重点的にリファインしたエクステリア

アテンザセダン

アテンザセダン

アテンザワゴンン

アテンザワゴンン

今回の改良において、エクステリアでは、フロントグリルのデザインを変更し、立体感、骨格の強さ、重心の低さ、広がり感を強調させ、薄くワイドな造形と線表現のLED・ヘッドライト により、精悍な表情を演出しています。

また、リヤではデザインが好評なワゴンはバンパー形状がわずかに意匠変更された程度ですが、セダンはリアエンドパネルとガーニッシュが水平基調の造形となり、穏やかさと落ち着きを表現して、印象が大きく変わりました。

そして、ホイールデザインは17インチ、18インチともに意匠変更され、新開発のタイヤ「ブリヂストン・トランザT005A」が採用されました。さらに、ボディカラーにおいては、多くの最新マツダ車の例にもれず、ソウルレッドクリスタルメタリックが採用されています。

世界初採用の新素材など、フラッグシップに相応しい室内空間に

【MAZDA】MAZDA Media Web Site (31335)

今回の改良でもっとも力が入ったのインテリアでは、インストルメントパネルとドアトリムのデザインを大幅に意匠変更し、ワイド感とスピード感、アテンザならではのエレガンスをより質感高く表現したものになります。

さらに、シートデザインを一新し、フラッグシップモデルに相応しいゆったり感とおもてなし感を表現。また、革内装の上級機種「25S L Package」「XD L Package」は、日本の伝統と先端技術により生まれた新素材「ウルトラスエード®ヌー」を量産車として世界初採用。艶となめらかな風合いの質感を表現し、ナッパレザーシートや本杢(ホンモク)パネルとともに、最上級の室内空間としています。

2.5Lガソリンエンジンには気筒休止システム採用

SKYACTIV-G 2.5

SKYACTIV-G 2.5

「SKYACTIV-G2.0、2.5」、そして「SKYACTIV-D2.2」と、全てののエンジンをブラッシュアップしていますが、特に「SKYACTIV-G 2.5」においては、2.5Lならではの豊かな中低速トルクによるゆとりある走りと静粛性を高次元で同時に実現させ、さらに、定常走行時などに4気筒のうち2つの気筒を休止させる新システム「気筒休止」が、実用燃費のさらなる向上に貢献しています。

そして、クリーンディーゼルエンジンの「SKYACTIV-D 2.2」では「急速多段燃焼」などの採用により、従来の129kW(175PS)から140kW(190PS)へ、トルクを420N・m(42.8kgf・m)から450N・m(45.9kgf・m)へとそれぞれ向上させています。

また、次世代の車両構造技術「スカイアクティブ-ビークルアーキテクチャー」の要素を一部採用し、シートおよびサスペンションシステムの構造を一新、ボディには効率的な補強を施し剛性を高めています。これにより、フラッグシップモデルに相応しい、しなやかで質感高い走りを体現しています。

先進安全技術「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」の進化

【MAZDA】アテンザ 安全性能 - サポカーS・ワイドに該当する先進安全技術を全車標準装備 (31337)

安全性能では、「マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール」を全車速追従機能付に向上、また、ヘッドライトの夜間視認性を向上させた「アダプティブ・LED・ヘッドライト」、夜間における歩行者認識精度が向上した「アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート」などを新たに採用させています。

まとめ

【MAZDA】MAZDA Media Web Site (31341)

SUVやミニバン以外は低調な販売が続く中、ワゴンとセダンタイプをラインナップするアテンザは、非常に難しい状況です。しかし今回、セダンのデザインをリフレッシュさせ、ワゴンとともに、SUVやミニバンには表現できない高級感を持たせました。これは、アテンザがマツダのフラッグシップであり、これ以上の上級車がないということでもあり、カムリやアコードよりも思い切って最新装備や高級素材をふんだんに使うことが出来た結果かもしれません。かなりいいです、新アテンザ。
18 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Mr.ブラックビーン Mr.ブラックビーン