2017年7月26日 更新

マツダのCXシリーズについにCX-8が誕生との情報が入りました!!!

現在マツダで販売数量を伸ばしている、CX-3,CX-5,CX-7(絶版)。これにどうやら近々CX-8が新型車として販売されるという情報が入りました。このマツダのCXシリーズを若干紹介しつつ新型車を追ってみたいと考えます。

マツダのCXシリーズについにCX-8が誕生との情報が入りました!!!

コンパクトSUVとしての位置づけであるCX-3

2015年から発売が開始されたCX-3は、当初よりディーゼルエンジン主体のパワートレーンとなっております。
1.5L直噴ディーゼルターボは、マツダの培ってきたディーゼル技術をふんだんに盛り込んだエンジンとなっております。
他にも2.0Lガソリンエンジン搭載車も2017年7月から販売されますが、やはりディーゼルという印象の強い感じがします。
全長×全幅×全高=4,275mm×1,765mm×1,550mm 価格は、210万~310万前後。
マツダ・CX-3 - Wikipedia (11270)

王道のCX-5

2012年初代CX-5(KE型)の販売が開始されました。こちらは、クロスオーバーSUVとしての位置づけとして販売されております。2.2Lの直噴ディーゼルターボ・2.0Lガソリン・2.5Lのガソリンのパワートレーンとなっております。
世の中に全く新しい発想のディーゼルエンジンを広めたマツダのmustcarとなりました。
 (11273)

2017年に新型CX-5(KF型)がデビューしました。パワートレーンは、KE型と同様です。
初代のCX-5の販売がかなり好調だっただけに、マツダとしてはほぼ初代のデザインを受け継いだ形となってます。
アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(アドバンストSCBS)等の安全装備が充実したモデルとなっております。
全長×全幅×全高=4,545mm×1,840mm×1,690mm 価格は250万~350万円
 (11286)

国内では、不発に終わってしまったといえるCX-7・・・。

2006年に販売開始されたCX-7 です。唯一このシリーズでは、国内絶版となってしまいました。元々は、CX-7のほうが、他の車種よりも速く発売されておりました。
ディーゼルの設定はなくアテンザ等のパワートレーンである2.3L直4ターボとなっております。
クロスオーバーSUVとしての販売でしたが、CX-5の発売が開始され、CX-7は統合され吸収された形になっております。
全長×全幅×全高4,695mm ×1,870mm×1,645mm 価格は300万~360万円
 (11276)

2017年、CX-8が登場することが判明しました。

マツダでは、既に大型SUVであるCX-9を米国で販売しております。
このCX-9の販売も検討されている、またはされていたと考えられます。
このCX-9は、全長5,000mmで全幅が2,000mmもあり日本国内での街中の走行、駐車にはかなり無理があるという話もあります。

こういった理由よりCX-5をベースにして7人乗りを可能にしたCX-8が、販売される見通しです。
パワートレーンは、現行のCX-5を継承し、リアのオーバーハングを延長して3列シートを可能にしたデザインになります。
2列目キャプテンシート仕様の6人乗り、ベンチシートの7人乗りの、2種類が用意される模様です。

ビアンテやプレマシーも2017年いっぱいで販売終了とのことで、それと入れ替わりでミニバン需要の受け皿として、CX-8がデビューすることになります。
ディーゼルをパワートレーンに持つ7人乗りSUVは、日本でも受け入れられると、マツダは判断したのでしょう。
早ければ、2017年モーターショーにての発表が期待されております。
東京モーターショーにお目見えすることを期待して待ちましょう!

USA マツダCX-9(参考写真)

 (11279)

CX-9内装動画(参考)

CX-8が7人乗りでデビューした際に対抗馬として揚げられる車種は、どのようなものがあるでしょうか?

まずは、日産エクストレイルでしょう!
7人乗りのハイブリッドが対象になると考えます。330万~370万円ほど。

次に、スバルエクシーガクロスオーバー7。
こちらは、純粋にガソリン車との比較になると考えます。275万円ほど。

そして、三菱アウトランダー(PHEV)。
ガソリンで250万~350万円。PHEVは、360万~480万円となります。

CX-8もディーゼル専用ボディになる可能性が高いですが、ガソリンモデルも用意されるかもしれません。
購入者の嗜好によって選ばれるパワートレーンですが、ディーゼルエンジンは他のメーカーではラインナップにないのでマツダの強みになる分野です。
トヨタプラドには、ディーゼルが有ります。しかし少し車の方向が違いすぎるので今回は除外しております。
260万~380万位の価格になって販売開始された場合、上記の車種よりも購入者の心を引くのではないかと私は感じますが、マツダの公式発表では「300万円台前半から」とのことなので320万円くらいからになるのではないかと予想します。
まだまだ情報が薄いのですが、購入しやすい販売価格に期待です!!!

参考動画:CX-9

21 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me