2018年10月19日 更新

ランボルギーニ・ウルス用に攻撃的なボディキットが登場!?フルキットで114万ほど、、、個別パーツ購入で個性を演出できるのもポイント!

ランボルギーニで初となるSUV、それがウルス。そのボディキットが、TopCarで開発されたとの事です。ミリタリーカラーですがサーキット走行も可能なSUVのデザイン等を追いかけて見ます!!!

ランボルギーニ・ウルス用に攻撃的なボディキットが登場!?フルキットで114万ほど、、、個別パーツ購入で個性を演出できるのもポイント!

TopCar製作のウルスの概要

ロシアを拠点とするチューニングメーカーとして有名なTopCar(トップカー)にて、ランボルギーニのクロスオーバー初SUVとなる「ウルス」をさらに攻撃的に仕上げるミリタリーボディキットを企画し発表しました。

ミリタリーグリーンで仕上げられているボディのフロントでは、スポイラーデザイン化された専用バンパー、エアスクープを持つカーボンファイバー製ボンネットカバー、オーバーフェンダー、フロントフェンダーエアダクトなどがパーツごとで販売。

元々ランボルギーニで初となるウルスは、同社としてもハイパーSUVとしてのポテンシャルが与えられてもいます。そのポテンシャルと走行性能をTopCarが、さらにバージョンアップしている事、さらにミリタリーカラー仕様とすることでよりスパルタンに変身させているということでしょう!!

TopCar製作のウルスのフロント

 (47414)

TopCar製作のウルスのサイド

サイドからでは、やはりフロントフェンダーエアスクープが、特徴的なデザインとなっており、エッジの効いた雰囲気をかもし出してもいますね。車高が高くなかったならば戦闘態勢に入ったサーキット仕様に見えてしまいます。
 (47415)

TopCar製作のウルスのリア

アグレッシブで大胆なリアディフューザー、新デザインのクワッドエキゾーストテールエンドなどで後ろからの印象をさらにスパルタンに。リアバンパーのエアスクープにもスポイラーを装着し、フロントフェンダーエアスクープデザインとシンクロするように出来ている点もポイント。

レッド塗装のテールエンドパイプフィニッシャー部分が、ミリタリーグリーンと対照的なカラーとなっており、非常に目立つ存在に仕上がっているのではないでしょうか?
 (47416)

TopCar製作のウルスのパーツ価格

好戦的でさらにスパルタンなルックスでは有りますが、ボディカラーを含めたフルキットで、10,000USドル(114万円・参考SPYDER7)以下という設定は、モデル価格からすると意外と安価な価格ではないでしょうか?

実はTopCarではいろいろな選択が可能な状態にしている模様。それは、フルキット装着と言う選択もありですが、個別にパーツ販売価格を設定したことで、欲しいもののみ購入し個性を演出してもらうことも出来るようにしているとの事。

1.1カーボンボンネット、リアルカーボン柄
1.2カーボンボンネット、塗装用
2.フロントバンパー、ボトム部カーボン
3.フロント吸気スプリッター、カーボン×2個
4.フェンダーの拡張、カーボン×4個
5.ロゴはカーボン、2個のサイドスプリッター 
6.ドアのカーボン成形×4個
7.サイドスカート延長部のカーボンパネル
8.カーボンディフューザー
9.マフラーチップ、2個。現在、価格設定等まだ未定の模様
10.カーボン後部空気出口スプリッタ×2個
11.カーボンリアスポイラー&ボトム
12.カーボンリアスポイラー
ロゴセット、4個。

※欲しいもの・装着したいものを注文できるシステムとすることで、ユーザーの嗜好や個性を主張できるようにしているのでしょう!
 (47427)

TOPCARってどんな会社???

 (47422)

チューニングスタジオ TOPCARってどんな会社???

TOPCARは2004年から、プレミアムカーのチューニングを中心に開発・製造を行っている会社。ヨーロッパの権威ある自動車チューニング展示会に多く出品し、デザインされた製品に数多くのユーザーが装着してくれていることが最大の喜びとなっているのが同社。

エッセンモーターショー、Top Marques Monaco、ジュネーブ国際モーターショーなどで、TOPCARの人気は世界中で認知度が上がっている模様。同社が開発したエアロ等パーツが、日増しに他のメーカーの強豪相手になってきていることが伺えますね。

現在同社では、Porsche Cayenne、Porsche Panamera、Bentley Continental GT、MINI Cooperなどの独自のプロジェクトを展開して顧客ニーズに答えていくとの事。 さらに、ドイツのチューニング会社LUMMA Designの製品も提供しその地位を確立しつつあるともいえます。

LUMMA Designには、BMW X 6、BMW 7シリーズ、BMW 5シリーズ、Porsche Cayenne用のボディキットパッケージも含めて多くのパーツを供給している模様。

TopCarは当初から独自の自動車デザインを確立することを目指してきました。 同社の目標は、贅沢でユニークなスタイルの車を創造することであり、日々の快適性と利便性を維持しています。

TopCarは、自社独自のアートファクトリーを保有し、 空力ボディキットの開発はすべて、カーボンファイバーやケブラーファブリックなどの最新材料で製作。 このようなボディキットは、真空成形技術を用いることで製造されても要る模様。

5軸フライス盤の優れた技術力だけでなく、デジタル技術や高度なソフトウェアを用いたモデルごとのフィット感を大切にし、軽量で堅固、そして装着を大事に製造している会社であるということでしょう。TopCarの信念でもある顧客ニーズを満足させるための集団としてのカンパニーであると言えますね!

 (47423)

日本でもtopcarの正規取り扱い店があります!!!

 (47417)

Gutスポーツ株式会社
住所 横浜市鈴木区神田2-5-20 204-207
電話番号 045-941-3305
ファックス 045-949-4700
Eメール mail@gut-sport.jp
事業概要 車両の輸入販売/ボルテール・メンテナンス
MOSEL日本正規代理店
TOP CAR日本公式ディーラー
LUMMA Japan公式ディーラー
KLEEMANN日本オフィシャルディーラー
Kahn Design Japanの公式ディーラー
FAB DESIGN日本正規代理店

Gutスポーツ株式会社は、TopCarのホームページでも正式にディーラーとして掲載されております。同社でもこのウルスパーツの取扱いが行われるのではないでしょうか!?
グートスポーツ株式会社 (47419)

まとめ

日本でウルスに乗るには、2500万円くらいの価格帯からのスタートになってくると思います。このパーツキットは114万円前後ですので、このモデルのパーツとしては非常に安価な部類に入ってくるのではないでしょうか???

個性を演出していくのにもピッタリなこのエアロ類をどこまで装備するかも本人次第でいろいろカスタマイズも出来ます。登場が楽しみです!!!
23 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me