2018年4月25日 更新

最新カーナビ情報!2018年新作や販売予定のモデルが続々登場。メーカー毎に特徴もありそうです。

パイオニア・ケンウッド・クラリオン・アルパインから2018年新作カーナビが登場しました。この新作カーナビを筆者的に分析してみます。メーカー毎に特徴や方向性が明確にされているようです。

最新カーナビ情報!2018年新作や販売予定のモデルが続々登場。メーカー毎に特徴もありそうです。

カロッツェリアから最新サイバーナビが登場予定!

 (28924)

パイオニアから6月発売予定にてサイバーナビ6種類がラインアップとなりそうです。

特徴
①マップファンコネクトによってスマホとサイバーナビが共有され、行きたい場所や今度行きたい場所等をナビに直ぐに登録が可能に、またスマホで出発時刻や経路を検索しナビに送ることで簡単にルート設定等も可能!

②ミュージッククルーズチャンネルによって、ドライブのシーンに合わせた750万曲もの楽曲をレコメンドしてくれます。

③パイオニアの技術の結集としてハイレゾ音源も楽しむことが可能になり、さらにCD音源もハイレゾに近いところまで音質を高めることに成功しているようです。

④多彩なオプションの設定が可能となっており、リアでは大モニターを設置することでDVDの鑑賞やゲーム、そしてテレビといった子供にもうれしい空間を作ることも可能となっています。

今回のサイバーナビでは、8V型のモニターユニットから7V型2DINユニットのまで、6種類のラインアップが6月に販売されるとの事。登場が楽しみですね。
 (29104)

ケンウッドからは、最新彩速ナビが登場

 (28927)

ケンウッドからは、2018年最新もモデルとして9種類がラインアップ。

彩速ナビという名前の通り、彩り鮮やかでとにかく起動や表示、操作においてキビキビと動いてくれるという点が最大の特徴。

①高速描画技術「ジェットレスポンスエンジンⅢ」を搭載しヂュアルコアCPUで稼動させることで、タッチスクリーンの反応や画面の変更等がすばやく稼動するようになっています。

②もともとJVCビクターの技術であったハイレゾ音源。このJVCとケンウッドが、合併したことによりカーオーディオの世界にもハイレゾ音源を提供できるようになったケンウッド。ハイレゾ音源(192KHz/24bit)再生に対応。

やはりケンウッドのナビの特徴であるデュアルCPUというのが、いろいろな情報を瞬時に処理を行ってくれる印象が筆者には有ります。レンタカーで使い慣れていないナビを使用することが多いのですが、彩速ナビは非常に処理速度や間違った時の戻り速度が速いという経験をしました。
 (29108)

クラリオンからQuad Viewナビ

Clarion NXV977D 製品紹介

クラリオンからは、3種類のモデルが登場しています。

その中でNXV977Dの特徴を紹介
①「Quad View」は、多彩な機能や情報を一画面化にすることで、カーナビゲーションの概念を一新するシステムとの事。

②高精細9型HDディスプレイ

③SD/SDHC/SDXCメモリーカードやUSBメモリーに保存したハイレゾ音源再生、iPod・iPhoneやパソコンに収録した音楽・動画再生など多彩なメディアに対応している点。

④メインユニットからスピーカーまでを完全デジタル伝送するフルデジタルサウンドシステムを可能としています

やはり、クラリオンの特徴は、いろいろなメディアやフォーマットに対応しているという点ではないでしょうか?現代では、スマホやパソコンといった機器の使用が非常に多い時代。この時代に合わせて多様なメディア等に対応していることも大切ですよね。
 (29110)

アルパインからは車種専用ビッグXセーフティパッケージが新登場

 (28931)

アルパインからは、3種類のモデルが登場しています。

アルパインでは、汎用2DINサイズの商品よりも車種専用設計のモデルのラインアップを充実させています。今回の新モデルでは、ナビとしてだけでなく外部映像を映し出すカメラも専用設計してセットで新発売している点ではないでしょうか?

ビッグX11の3カメラ・セーフティーパッケージの特徴

①車種専用設計により11型の大画面を純正のように美しくインストールできる

②三つのモニターを配置することでドライバーの安全をさらに確保していくことが可能

③車種ごとに専用のオープニング画面が設定でき、ドライバーへの特別感がますように提案

④高精細WXGA液晶&クリアブラックディスプレイによって従来のWVGA画面よりも2.4倍綺麗に美しくモニターを見ることが可能

⑤声だけでカーナビを操作できるボイスタッチ機能搭載

⑥よく使うナビ機能は、手元でスムーズに操作できる設定。純正ステアリングリモコンに、お好みでカーナビの操作キーを割り当て可能な「ステアリングコマンドインプット」機能。

⑦信号などを数えて音声案内。カウントダウンガイダンスは、信号を実際にカウントダウンして指示してくれるのでミスが少なくなるという機能。

⑧大きな矢印で曲がる方向を知らせるビッグアロー表示、⑦の音声ガイダンスに加え、モニターに曲がる先等を大きく表示。

⑨車種ごとの音響特性に合わせてサウンドチューニングが可能。

⑩駐車場探しなどをスムーズにする車両情報チューニング・エコドライブに貢献する燃費優先ルートチューニング・ベストルートサーチ&ルートチューニング機能
などがあります。

アルパインの最大の特徴は、やはり専用設計されたナビであるという点。車種専用設計により美しいナビインストールが出来ることと、車種の特性を活かした設定も可能にしているという点でしょう。
 (28932)

まとめ

今年もカーオーディオメーカーから新商品ナビが続々と販売されそうですね!各メーカーによって、特徴がいろいろあり違いもあります。

ユーザーの方がお好みのカーナビやオーディオを選べるだけの種類もありそうですね!
18 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me