2018年3月15日 更新

シティコミューターに最適な一人乗り3輪EV「SOLO」!日本発売はあるのか?

カナダのスタートアップ企業「Electra Meccanica」が開発中の一人乗り三輪EVがとてもカッコイイ! 通勤や街乗りに最適なコンパクトな三輪EVは、現代のオート三輪になるか?

シティコミューターに最適な一人乗り3輪EV「SOLO」!日本発売はあるのか?
 (25783)

三輪EV「SOLO」とは?

 (25781)

「SOLO」はカナダのスタートアップElectra Meccanica社が現在開発中の一人乗り専用のコンパクトな3輪電気自動車です。

開発中、というのは現在投資や予約を絶賛受付中とのことで、公式サイトから予約や投資が可能となっています。

このSOLOが画期的なのが、まずそのデザインです。

前輪2輪、後輪1輪の逆三角形型の一人乗りの電気自動車で、フロントのエクステリアはまるでスポーツカーのよう。

通常、シティコミューターのEVというと、もっと丸みを帯びていかにも環境に良さそうなフレンドリーデザイン担っていることが多いですが、このSOLOは、まず見た目で「欲しい」と思わせるカッコよさがあります。

電気自動車(EV)だけに環境性能も高く、満充電の状態なら最大で160kmを走り抜くことができるとのこと。
さらにシティコミューターだからスピードが遅いということもなく、最高速度は130km/hと、高速道路での走行すら可能な本格的な性能です。

SOLOの充電システムは、クアルコム社のワイヤレス充電システムHaloを採用し、専用パッドをガレージなどに埋め込んで、SOLO車体側にレシーバーを取り付けることで、非接触充電が可能とのこと。
いちいちケーブルを繋いだりする手間もなく、日常的に使うにはとても便利な充電システムを完備していると言えます。

 (25782)

3輪というと、心配なのはその安定性ですが、4輪並みの走行性能を有しているとのことで、合金ホイールにディスクブレーキまで傲られており、回生ブレーキだけでなくいざという時の強力なストッピングパワーもありそう。

EVのモーターはアクセルオン直後から最大トルクを発生させるので、軽量コンパクトなSOLOがどんな加速を見せるのか、実際に走らせてみたいものです。

SOLOの価格は?日本発売はあるのか?

気になるSOLOの価格ですが、現在公式サイトにて$15,500(約165万円)で予約を受け付けを開始しています。

165万円というと、普通車コンパクトカーや軽自動車でも買えてしまう価格帯です。
一人乗りの三輪EVにその金額を払えるかどうかは、その人のライフスタイルによると思いますが、他のEVのように補助金なども出るならば、比較的安価に導入できるかもしれませんね。

日本のユーザーがSOLOを買うには、関税などの問題もあると思いますが、特に狭い日本の都市部のような場所でこそ存在意義が高そうなSOLOだけに、日本でも買える日が来るのを期待しましょう。
 (25776)

12 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

chibica編集部 chibica編集部