2019年10月29日 更新

マイナーチェンジしたC-HRの注目は「GR SPORT」です!

C-HRはトヨタの人気車CH-Rですが、「GR SPORT」という見逃せない魅力的な特別仕様車があるのです!

マイナーチェンジしたC-HRの注目は「GR SPORT」です!

人気のSUV

CH-R

CH-R

相変わらず自動車業界で注目を集め、人気となっているのがSUVのカテゴリーです。ある時期には、今回ピックアップしたトヨタのSUV「CH-R」が、月間販売台数ナンバー1を獲得するということもありました。とにかく街を走る見れば、まったくもってSUVだらけの状態で、とどまるところを知らないようです。

国産車でもそうですが、ジャガー、アルファロメオなどスポーツカー色方が強い外車ブランドや、更にはマセラティ、ランボルギーニ、ベントレーなどの超高級ブランドでもSUVが人気です。それどころか、スポーツカーの専門メーカーであるポルシェではSUVは既に定番的な存在にもなっています。

そんな中、SUVとしては完全に外観のデザインに特化して開発されたのがトヨタ・C-HRです。開発者自身がそういっているのですから間違いはないでしょう。このCH-Rが2019年10月にマイナーチェンジされたわけですが、ここではGRモデルに注目したいと思います。カッコよさを求めているのですから、ここはGRモデルを見逃すわけにはいかないでしょう。

マイナーチェンジ

マイナーチェンジ

マイナーチェンジ

今回、CH-Rのマイナーチェンジにおいては、1.2L ターボ車(2WD)の「G‐T」、「S‐T」に6速iMTと呼ばれる「インテリジェントマニュアルトランスミッション」車が追加されています。

「C‐HR」のこだわりポイントのデザインでは、ワイドスタンスを強調するフロント&リアスタイルがあります。それがマイナーチェンジによって、よりスタイリッシュになったようです。

装備面では、スマートフォンとの連携を可能にしたディスプレイオーディオ(DA)、車載通信機DCMが全車に標準装備され、便利で快適なカーライフを提供するコネクティッドカーとなっています。

安全機能においては、駐車時などに静止物を検知して衝突被害の軽減に寄与するインテリジェントクリアランスソナー(静止物パーキングサポートブレーキ)が、オプションにはなりますが設定されています。

そして今回のピックアップにしたのが、TOYOTA GAZOO Racingがモータースポーツ活動を通じて得たノウハウを生かした特別仕様車となる「S GRスポーツ」と「S‐T GRスポーツ」です。

GRの走りを表現したモデルだけに見逃せませんね。

新たに加わったGR SPORT

新たに加わったGR SPORT

新たに加わったGR SPORT

新たに加わったGR SPORTは、日常にスポーティドライブを取り込もうという提案が盛り込まれています。

「S GRスポーツ」と「S‐T GRスポーツ」は、共にGRシリーズのデザインコンセプトを受け継ぐ内外装を備え、ボディとシャシーにもチューニングを施した、スポーティなC-HRに仕上がっています。

日常の中でも気軽に走る楽しさを感じることができるという点では、ワーゲンのGTIシリーズに似ているかもしれません。

フロア下にはフロアセンターブレースを追加してボディ剛性を強化。操舵応答の向上、スポーティな走りを実現し、専用の19インチタイヤを採用しています。この19インチタイヤの性能を最大限に引き出すために、サスペンションはGR専用のチューニングとして、各コイルスプリングのばね定数、セット荷重、スタビライザー、ショックアブソーバーの減衰力特性の最適化が施されています。

デザインのポイント

Bi-Beam LEDヘッドランプ

Bi-Beam LEDヘッドランプ

フロント部分では、Bi-Beam LEDヘッドランプ(GR専用ダークスモークエクステンション)+LEDクリアランスランプ+LEDターンランプ+LEDデイライトが目立ちます。

すべての光源はフルLED化となり、フロントタイヤの上部にまで回り込んでいる大型ヘッドランプです。Bi-Beam(バイ-ビーム)LEDを採用し、1灯の光源でロービームとハイビームの切替ができます。省電力にも寄与しています。

LEDフロントフォグランプは悪天候時にヘッドランプの明かりを補助しますが、ここではデザインポイントということが重要かもしれません。
フロントバンパー

フロントバンパー

フロントバンパー、大開口アンダーグリル、アンダーガードも相当にデザインコンシャスです。
リアの眺め オプション装着車

リアの眺め オプション装着車

ドアベルトモールディング

ドアベルトモールディング

リヤコンビネーションランプは、ハイグレードタイプの「LEDテール&ストップランプ/LEDシーケンシャルターンランプ」です。

消費電力を低減したフルLEDで、リヤコンビネーションランプで、右左折時に車両内側から外側に流れるように点灯するシーケンシャルターンランプはやはりカッコいいです。

ドアベルトモールディングはブラックで、ドアウインドゥフレームモールディングもブラックです。オート電動格納式リモコンドアミラーはLEDサイドターンランプ付、ヒーター付です。

更にはちょっとおおげさですが大型リヤリップスポイラー(ブラック)もついており、デザインコンシャスという点でぬかりはありません。

インテリア

インテリア

インテリア

外観とともにインテリアにもGR SPORTならではの演出が随所に施されています。

ホイールはGR専用本革巻き小径3本スポークで、シルバーステッチ+ GR エンブレム+スポーク部はダークシルバー塗装となっています。

センターコンソールアッパーはピアノブラックに加飾。同様にパワーウインドゥスイッチベースもブラック+ピアノブラックに加飾されています。

シートは専用のスポーティシートで、GRエンブレムとシルバーダブルステッチが付きます。シート表皮はメイン部がパーフォレーション付ブランノーブ®で、 サイド部は合成皮革です。

このように車内に乗り込んだ際にもGR SPORTらしさが味わえます。

カッコよさは気持ちよさになる!

GR SPORT

GR SPORT

大人気のSUVであるトヨタ・C-HRに追加された特別仕様車「S GRスポーツ」と「S‐T GRスポーツ」は、まさにコッカよさを追求したモデルということになりますが、運転自体は非常に扱いやすいクルマです。日常のドライビングの中に気持ちよさを感じられるこの企画の方向性は十分にアリだと思います。

CH-R S-T GRスポーツ
1.2L直列4気筒DOHC.ICターボで116ps、18.9kg・mを発揮  2,732,000円

CH-R S GRスポーツ
1.8L直列4気筒DOHC+モーターのハイブリッド仕様です。 3,095,000円
23 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

bsr-kansai bsr-kansai