2017年11月2日 更新

新型ポルシェカイエンのココがスゴイ!価格・スペックなどご紹介!【東京モーターショー2017】より

今年も大いに盛り上がった東京モーターショー2017。今回はポルシェのブースより『新型ポルシェカイエン』を御紹介します!

新型ポルシェカイエンのココがスゴイ!価格・スペックなどご紹介!【東京モーターショー2017】より
 (17389)

新型ポルシェ カイエン は威風堂々というワードが似合う

ポルシェのアイデンティティを色濃く感じさせる正統進化を遂げたエクステリア

 (17308)

展示されていた新型ポルシェカイエン。

今回のポルシェカイエンは3代目となるフルモデルチェンジです。
全てを新開発したというポルシェカイエン。
外装デザインを一新し、トランスミッションをさらに強化(新8速ティプロトロニックSトランスミッションの採用)、エンジンも新開発の6気筒、4WDシステムも更なる進化を遂げたとのことです。

もともとポルシェカイエンは、ポルシェ伝統の『ポルシェ911』をSUVにしたもの。
新型ポルシェカイエンのエクステリアデザインもその遺伝子を色濃く受け継ぎ、正当なる進化を遂げています。

全長が63mm伸びた分、前項は9mm低くなり、さらにスポーツカーの頂点に位置するポルシェのアイデンティティを感じさせる洗練された美しいフォルムを手に入れています。
従来モデルではオプション扱いだったLEDヘッドライトも標準装備されるようです。
※新型ポルシェカイエン/全長=4918mm/全幅=1983mm/全高=1,983mm
 (17311)

リアデザインも大幅に一新しました。
これまでのポルシェカイエンは、テールランプを左右に振り分けた、言わばSUVらしいルックスでした。

今回の新型ポルシェカイエンでは、最近のポルシェに見られる横一文字のデザインへと変更されています。
同時に展示されていた『ポルシェパナメーラ』や『ポルシェ718ケイマン』と共通のデザインですね。

これによりさらにスポーティさが洗練され、また良い意味での高級感が出たように感じられます。
後ろから見ても一目で「あ!ポルシェだ!」とわかるデザイン。

まさに威風堂々としたその容姿は、さすがにキングオブSUVといったところでしょうか。
 (17313)

 (17314)

 (17315)

新型『ポルシェカイエン ターボ』のココが凄い!

 (17411)

『ポルシェカイエン ターボ』は最強モンスタースポーツSUVだ!

『新型ポルシェカイエン ターボ』はカイエンのラインナップにおける最上位クラス。
価格は¥18,550,000と、とてもお高いのですが、その価格分以上の性能を誇るまさにモンスターマシンです。

<DATA>
排気量:3,996 cc
最高出力 :404 kW (550 PS) / 5,750 - 6,600 rpm
最大トルク:770 N・m / 1,960 - 4,500 rpm
最高速度:286 km/h
駆動方式:4輪駆動
変速: 8速

ボディサイズ
全長:4,926 mm/全幅:1,983 mm/全高:1,673 mm/ホイールベース:2,895 mm

エンジン性能はスポーツカー以上

新型『ポルシェカイエン ターボ』にはツインスクロール ターボチャージャーを採用した新しい4.0リッターV型8気筒ツインターボエンジンが搭載されています。

最高出力は404kW(550PS)!
最大トルクは770N・m/1,960-4,500rpm!
なんと、0-100km/h加速タイムはわずか4.1秒という高性能ぶりを発揮しています。

新型『ポルシェカイエン S』のココが凄い!

 (17410)

『ポルシェカイエン S』はラグジュアリーSUVの頂点を極める!

『新型ポルシェカイエン S』はカイエンのラインナップにおけるミドルクラス。
価格は¥12,880,000ということで、頑張ってローンを組んでもなかなか手が届かないレベルの価格帯ですが、その仕様を考慮して、かつポルシェカイエンに乗れることを考えると、最も魅力的なモデルであると言えるでしょう。

<DATA>
排気量:2,894 cc
最高出力 :324 kW (440 PS) / 5,700 - 6,000 rpm
最大トルク:550 N・m / 1,800 - 5,500 rpm
最高速度:265 km/h
駆動方式:4輪駆動
変速: 8速

ボディサイズ
全長:4,918 mm/全幅:1,983 mm/全高:1,696 mm/ホイールベース:2,895 mm

全長は最上位『ポルシェカイエン ターボ』よりもわずか8mm短いですが、全高が23mm高いのですね。
39 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

BOSS BOSS