2017年11月1日 更新

Mini Electric Conceptがついに市販化!MINI至上初のプラグインハイブリッドのスペックは?

Mini ElectricとしてMini史上初のEVが世の中に放たれました!このモデルを追跡して行きたいと思います

Mini Electric Conceptがついに市販化!MINI至上初のプラグインハイブリッドのスペックは?

MINI Electoric ってどんな車?

Mini Electric動画!かなり力入れているように思います!

ミニらしさの追求をとことんこのEV(PHEV)でも行っているようです!さらにデザインもミニらしさを全面に押し出しています!

MINI ELECTRIC エクステリアデザインは・・・

クロスオーバータイプの形状・車高になっているようです。他のメーカーとは違いミニと直ぐにわかる、というよりミニそのものに仕上げています!ミニとしては、あくまでアイコニックな従来のデザインの中にEVの技術を盛り込んでいき、ミニらしさを総合的にも演出していると筆者は感じます。総合的とは、走り、空間、デザインというところでしょう!
 (16626)

コンセプトカーでは、テールランプは、イギリス国旗をモチーフにしていましたが、市販の段階では既に販売されている車両と同様の形状となっております。
 (16625)

全長×全幅×全高(㎜)=4315×1820×1595(㎜) 車両重量1770 kg(結構重いですね)となっています。ミニクロスオーバーの基本的なサイズ感と感じます。
 (16627)

Crossover Cooper S E ALL4のモノグレード販売となるようです!フロント部分にはおなじみのSのマークが光っています!
 (16629)

左側のサイドに充電ポートが設けられています!元々付いていたかのようにしっくりとしているデザインと感じます!
 (16628)

7.5J x 18の大径ホイールに225/50R18のタイヤを装着しています。最近の流れでもあります。ミニのサイズからしたらやはりかなり大き目のホイール・タイヤセットとなっていると思います(外国車なので基本的にこれくらいが普通という見方も有ります)。
https://www.mini.jp/ja_JP/home/range/electric.html (16630)

via https://www.mini.jp/ja_JP/home/range/electric.html

MINI ELECTRIC インテリア部分はどうでしょうか?

レザー クロス、パンチカーボンそしてブラック基調という構成になっていると思います。贅沢にそしてふんだんに良質の素材を使用してそして内装全体を黒にすることでシックに仕上げてきていると感じます。そしてかなりスポーティな仕上がりとも感じます
https://www.mini.jp/ja_JP/home/range/electric.html (16631)

via https://www.mini.jp/ja_JP/home/range/electric.html
今回のミニでは、3種類の走行モードが選べるようになっています!!!
①AUTO eDriveモード
通常の設定がこのモードになります。それは速度、加速、バッテリー状態に応じて、電気モーターとガソリン・エンジンの最も効率的な組み合わせを決めて走行するモードです。
②MAX eDriveモード
CO2を排出せず、燃料を消費することなく最高125km/hの速度で純粋なEV走行を愉しむことができるモードです。急加速をしたい場合は、キックダウンでエンジンスタート可能です。
③Save Batteryモード
バッテリーの充電レベルが低い場合はSave Batteryモードに切り替えることでガソリンエンジンがバッテリーを充電するか、または充電状態を90%に維持するようにするモードです。
https://www.mini.jp/ja_JP/home/range/electric.html (16632)

via https://www.mini.jp/ja_JP/home/range/electric.html
Mini Electricは、フロントエンジンで前輪は、エンジンによる駆動、後輪は2つのモーターによる駆動という4WDシステムを採用しています。モードによってFFと4WDが切り替わる設定になっていますので、ユーザーは、お好みのモードに設定することで駆動状態の変化を楽しむことも可能となっております。

今回発売のMini Electricは、勿論家庭内の200Vのコンセントにて充電することも出来ますし、充電ソケットが車両の前後に2ヶ所あることも充電のしやすさをカバーすると考えます。

エンジンの排気量は1500㏄それにモーターの組み合わせ、136psの出力を発生。JC08モード17.3km/以上との公表。通常の燃料タンクよりかなり小さめな36Lとなっています。気になるところは、電気のシステムの関係で通常の車両よりも100㎏ほど重たい点でしょうか?!販売価格は、4,790,000 円からと成っており、これにオプションをつける構成になっています。皆様もミニの最初のEV に乗ってみてはいかがでしょうか!!!
23 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me