2019年3月20日 更新

マツダ デミオ 15S Touring(FF・6AT)試乗記

昨年8月30日に商品改良が発表され、発売が開始されたマツダ デミオに試乗しました。今回の商品改良ではガソリンエンジンが1,300CCから1,500CCに排気量が拡大されました。今回はそのガソリンエンジンを搭載する中心グレードの15S Touring(FF・1,733,3400円・6AT)に試乗し、その実力を検証しました。

マツダ デミオ 15S Touring(FF・6AT)試乗記

エクステリア

 (57158)

フロント
 (57160)

フロントサイド
 (57162)

リヤ
CX-3、アテンザと続けてエクステリアが変更を受けているので、現行モデルの登場から約4年が経過したこのクルマもエクステリアが変更されるだろう、と思っていたらビックリ。今回は搭載エンジン変更という規模の大きい商品改良ながらエクステリアの変更は一切ありませんでした。CX-3やアテンザは次世代デザインの一部を取り入れているので、デミオもエクステリアの変更くらいはあっても良かったのかなと感じました。
正直言って、「営業マン泣かせ」の商品改良かなと思ってしまいました。

インテリア

 (57166)

ダッシュボード
エクステリア同様、デザインやマテリアルの変更は一切ありません。
現在でも国産コンパクトカーの中では十分なクオリティが確保されていることから、変更は必要ないとの判断でしょうが、現行モデルの登場から約4年が経過していることを考えると、少し変更があってもいいのかなと思ってしまいます。

シート

 (57170)

フロントシート
 (57172)

リヤシート
フロントシートは大きく変更されました。今回の改良で、クッションがCX-3にも採用されている高減衰ウレタンに変更され、商品改良前のモデルと比較すると太もも部分のフィット感が向上してより「楽」な姿勢で運転できるようになっていると感じました。
この改良されたシートの掛け心地は、国産コンパクトカーの中でも頭ひとつ抜けている感があります。

エンジン・トランスミッション

 (57176)

レースベース車両の15MB以外は写真の6速ATが設定され、カタログモデルのFF1500CCモデルには6速MTが設定される。
今回の商品改良の1番の目玉ですね。
1,500CC直列4気筒DOHC直噴ガソリンエンジン(110PS・14.4kgf.m)と6速ATの組み合わせになります。従来の1,300CCガソリンエンジン(92PS・12.3kgf.m)と比較して最大出力で18PS、最大トルクで2.1kgf向上しています。
もう走り始めから排気量アップの恩恵は感じます。特に街中走行時のノロノロ運転時の速度維持が楽になり、坂道走行時の加速の乗り方は従来の1,300CCガソリンエンジンとはまるで別物です。
今回の改良ではカタログスペックでは2割ほど燃費数値が悪化しているようですが、アクセルの踏み込み量が減る分実用燃費の向上が期待できるようで、いかに従来までの燃費測定法による燃費数値の追求が歪んだドライバビリティを生み、ユーザーにデメリットをもたらしていたのかを思い知った次第です。

サスペンション・乗り心地

 (57180)

装着されていたタイヤは185/65R15 ヨコハマブルーアースA
ここの部分も変更はなく、フロント ストラット・リヤ トーションビームで構成されるサスペンションは以前にも書いたとおり、リヤサスペンションないしはボディのリヤの部分の剛性が少し足りない印象です。走っていてフロントはしっかりと落ち着いているのにリヤが不整路面走行時に常にヒョコヒョコした動きを感じます。ですのでそんなにサスペンションが硬めにセッティングされているわけではないのに硬さを感じてしまうため、エクステリアやインテリアの雰囲気に走りがちょっとミスマッチかなと感じてしまいます。ひょっとすると16インチタイヤのほうが走りが落ち着いているかもしれませんね。
このクルマは基本性能がしっかりとしているクルマなので、スポット溶接の増加やショックアブソーバーの変更で走りが大きく変わる可能性を秘めているので、次にもし改良が実施されるのであれば、しっかりと改良してほしいと思いましたね。

総括

CX-3、アテンザと全方位にわたって大きな改良が行われたことから、デミオでもと思っていましたが、エンジンとシート以外ではほとんど変更が行われず少し「肩透かし」を食らった感じです。
ただ、マツダの「ライトサイジング」という排気量に対する考え方は素晴らしいものがあって、排気量の適正化により走りにゆとりが生まれたことから、街中では走り方次第でひょっとするとディーゼルエンジンモデルよりもガソリンエンジンモデルのほうが燃費が良くなるかもしれません。
デミオについてはパワートレーンは文句無しの出来なので、今後もし改良が実施されるのであれば、内外装がリフレッシュされ、サスペンションの改良が行われることを期待したいですね。
28 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

やまちゃん@8148 やまちゃん@8148