2018年12月27日 更新

トヨタ「アルファード」の室内空間と乗り心地の評判や評価は?

トヨタ自動車が販売している大型LLクラスのミニバン型高級乗用車「アルファード」のインテリアを紹介します。 ラグジュアリー性の高い室内空間は、居心地は本当に良いのか?

トヨタ「アルファード」の室内空間と乗り心地の評判や評価は?

アルファードの特徴

価格.com - アルファード 2015年モデル の製品画像 (53093)

トヨタのミニバンでは、代名詞的な存在とも言える「アルファード」は、今も絶大な人気と支持を得ている車です。
ミニバンと言えば、アルファード!と言えるような知名度の高さも持っています。
そして、男性の方でファミリーカーを持つとしたら、このアルファードの購入を一度は必ず考えてしまうほどのインパクトが強い車です。
アルファードは、内外装の高級感や車内空間の広さなど、トヨタが量販するミニバンにおいては最上級に位置します。
また、居住性の確保、高出力エンジンの搭載など、他のミニバンと比べて高くリードしていることも特徴です。
家族持ちの男性の方なら、新車でこのアルファードを購入したくなる気持ちが伺えます。
アルファード 初代モデル

アルファード 初代モデル

アルファードは、初代から現行型の3代目まで存在していて、初代モデルのプラットフォームはエスティマの2代目のものを流用しています。
また、この大きなサイズ感を持ちながらも4WDを含む全グレードに、FFコンパクトカーなどで採用されているフロントマクファーソンストラットやリアトーションビームなどのサスペンションを採用しています。
これは、他社の上級ミニバンには見られない特徴でもあることから、アルファードは存在感だけでなく、居住性も高かったことが分かります。

アルファードの室内空間と乗り心地は?

トヨタ アルファード | トヨタ自動車WEBサイト (53098)

トヨタのミニバンの中でもトップクラスの居住性やエンジン性能、ラグジュアリー性を持つアルファードは、いったいどのような室内空間となっているのでしょうか?また、乗り心地は本当に良いものなのでしょうか?
グレードによるシートの特徴も合わせて紹介していきます。
ハイブリッドモデルの「HYBRID G」のシートでは合成皮革を採用していて、グレードの中でも廉価な「HYBRID X」のシートではファブリックを採用しています。
「HYBRID G」のシートの座り心地の評価は高く、価格に見合う心地よい座り心地を実感できることが分かります。
特に1列目シートの座り心地は快適で、まさに高級車のリクライニングチェアーに座っている感覚になります。
2列目シートや3列目シートは1列目シートに比べて座り心地はあまり良くないですが、足元スペースがとても広いので居住性の評価や評判はとても高いです。
トヨタ アルファード | 室内 | スペース | トヨタ自動車WEBサイト (53102)

また、乗り心地の評価や評判も比較的に高いです。しかし、全高の高いミニバンの試練とも言える走行中のふらつきによって、完全に安定した走行を実感することは難しいことが分かります。
それでも、荷室スペースに積載物を置くことによって、その重さによってふらつきが無くなって乗り心地が良くなったというレビューもあります。
全高の高い車には、重たい荷物を積むなどをして低重心を心掛けるような工夫をすることにより、安定したふらつきの無い走行が実現できることが分かります。

加速力は高い?評価や評判はどうか!

トヨタ アルファード | トヨタ自動車WEBサイト (53104)

アルファードの、高級ミニバンならではのラグジュアリー性と居住性の高さには大勢の方が満足をしています。
しかし、100人いたら10人くらいは満足されない方がおられるように、全てが100%の好評価という訳にはいかないのが現実です。
アルファードのエンジン性能の評価は高く、アクセルの踏み込み時の加速力の高さを充分に実感できます。
そして、体感速度をあまり感じないことから速度を出しすぎてしまうケースもあります。
しかし、高速道路での車の追い越し時には、パワー不足少しを感じてしまうこともあります。
それでも、高級ミニバンとしてのスペックはアルファードには充分備わっているので、ミニバンの購入に迷ったらこの車を選んでも後悔はしない魅力的な車と言えます。

まとめ

アルファードは、室内空間のラグジュアリー性が高く、シートの座り心地はとても良いです。
「HYBRID G」は「HYBRID X」に比べてラグジュアリー性が増し、ステアリングには本革巻きとメタルブラウンウッドが採用されています。
「HYBRID G」は「HYBRID X」に比べて価格が60万円程高くなっていますが、新車として購入し、これから家族を乗せるファミリーカーとして使用するならば、この「HYBRID G」がオススメです。
燃費も18.4km/Lという優秀な数値を出していて、発進や停止の多い街乗りでも満足できる低燃費走行を実感できます。
16 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

tatsuyantyan tatsuyantyan