2018年4月11日 更新

未来の日産新型エクストレイルか? Xmotion Conceptを発表!コンセプトモデルを調査してみます

日本の伝統や美学を、アメリカが本場のSUVにうまく融合させたXmotion(クロスモーション)Concept。未来のエクストレイルとも噂されています。和洋折衷のこのモデルを追いかけてみます。

未来の日産新型エクストレイルか? Xmotion Conceptを発表!コンセプトモデルを調査してみます

Xmotion(クロスモーション)Conceptの開発起源は?

Xmotion(クロスモーション)Conceptは、見た目に異質であると思われる素材を組み合わせて、それを共存させながら力強さをも表現できるか?というところから開発されているようです。

SUVといえば、アメリカが本場。日産の開発チームでは、日本の伝統工芸や美学を日産のグローバルデザインの中に溶け込ませることで、この普遍的であったSUVの指向性を打ち砕いて行きたいという思いも込められているのでしょう。

日産の思いが込められたコンセプトモデルに迫ってみます。

Xmotion(クロスモーション)Conceptのエクステリアデザイン

フロントビューはどうでしょうか?

日産であることを強調させるためにVモーショングリルは、更に大きく明確に描かれていますね。まさに強力なフロントグリル。ブーメランヘッドランプと併せて、THE日産といった表現がお似合いです。

この新Vモーショングリルは、今後の日産グローバルデザインに採用されてくる重要なデザイン。そしてハイビーム・ロービーム・ターンシグナル・ポジションが、全て一体構造となったブーメランヘッドランプも今後の日産統一デザインとなりえます。
https://www.netcarshow.com (26136)

via https://www.netcarshow.com
サイドビューはどうでしょうか?

SUVとひと目でわかるデザイン。金属的な無骨さを表現しながらも、ラインを綺麗に形作るようにデザイン。デザインチームでは、粘土模型を何度も繰り返し制作しているとの事。

若干傾斜したデザインが、クーペスタイルを思わせる雰囲気。筆者個人としては、この画像を見て、ルーフはどうなっているのか気になるところ。
https://www.netcarshow.com (26137)

via https://www.netcarshow.com
リアビューはどうでしょうか?

まず、ユニークなテールライトは木工とパズルを連想させるデザイン。
しかもこのテールライトは、実際には内部がホログラムとなっている模様?!

フロントやサイドビューからの強い金属エッジなラインとはことなり、シャープでモダンな雰囲気のリアスタイルです。

https://www.netcarshow.com (26138)

via https://www.netcarshow.com
自動運転技術の集合体が、ルーフに組み込まれているようです。やはり、多くの情報を拾って、且つ正確に安全走行をしていくには、ルーフにこういうシステムを組み込むのが、今の時代の技術では最先端となっているのでしょう。
https://www.netcarshow.com (26139)

via https://www.netcarshow.com
21インチのアルミホイールは、タイヤのトレッド面まで浮き出た構造。これにより21インチではなく22インチにも見えてしまうほど大きく表現もされています。

タイヤがホイールの一部になることで一体感を生み出しても居ますね。ミシュランタイヤは、ランフラットを採用。
https://www.netcarshow.com (26140)

via https://www.netcarshow.com

Xmotion(クロスモーション)Conceptの内装デザイン

ひと目でわかる日本の和。センターコンソールには日本の伝統工芸キグミ構造が採用されています。そこに赤のライトニングが加わることで、更に日本の伝統的な家屋の雰囲気を演出。

この木のデザインは、山形県産の木材一本から切り出された木材のみを使用し木目もあうように設計されているとの事。

これに最新のディスプレーがメインパネルとして使用され、まさに和洋折衷といった印象。3つのメイン画面には「鯉」が泳ぎながらインフォメーションしてくれるとの事。
https://www.netcarshow.com (26141)

via https://www.netcarshow.com
4+2というシートデザイン。3列シート構成になっているとの事。コンセプトモデルなので敢えて、木材をセンターにドーンと架け橋のように敷いているのもポイント。

和洋折衷をうまく取り入れて、和+SUVというコンセプトを十二分に表現しているのではないでしょうか?

そして国会議事堂の赤ジュータンにも見えるインテリアカラー。もしくは日本の国旗のイメージも感じられますね。
https://www.netcarshow.com (26143)

via https://www.netcarshow.com
観音開きにすることで、非常に開放的で乗降もしやすいデザイン。
いらっしゃいませ!とクルマが言ってくれているような開口の広さ。
https://www.netcarshow.com (26142)

via https://www.netcarshow.com

Xmotion(クロスモーション)Conceptのパワートレーン

日産の電気自動車での持てる技術に、プラスアルファを盛り込んだパワートレーンとなっているようです。指紋認証システムや日産インテリジェントモビリティもふんだんに盛り込まれ、自動運転の可能性を広げているモデルとなっています。

完全自動運転という概念ではないのですが、限りなく近い未来に登場できるようなユニット構成で日産も仕上げてきているのではないでしょうか?

まとめ

海外の多くのメーカー(特にヨーロッパ)では、15年先のモデルを開発し完全自動運転という目標となっているコンセプトモデルが目立ち始めました。

日産では、技術を飛び越えることではなく、一つ一つ積み上げていくものと捉えているようです。これからの10年を担っていくデザイン・仕様という観点からのXmotion(クロスモーション)Concept。

未来のエクストレイル・ムラーノ(欧米)に向けたデザインであるともいえますね!
24 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me