2017年12月23日 更新

スバルが完成検査問題に対する実態調査および再発防止策について発表!

スバルは自社の工場にて起きた完成検査の不適切事項に対して、実態調査および再発防止策について発表しました!

スバルが完成検査問題に対する実態調査および再発防止策について発表!

目次

株式会社SUBARU ニュースリリース (20440)

 株式会社SUBARU(以下「当社」)は、先般発覚した当社群馬製作所の本工場および矢島工場における完成検査に係る不適切な取り扱いに関し、本年10月30日、国土交通省による「型式指定に関する業務等の改善について」により、完成検査の確実な実施を確保するよう業務体制を改善することを指示されるとともに、不適切な完成検査の過去からの運用状況等事実関係の詳細を調査し、これを報告すること等を要請されました。
 これを受け当社は、客観的・中立的な立場から検証を行うため、同年11月1日、長島・大野・常松法律事務所に対して「不適切な完成検査の過去からの運用状況等、事実関係の詳細」に係る調査を依頼し、本日、その報告書(以下「本報告書」)を受領しました。
スバルは自社の工場にて起きた完成検査の不適切事項に対して、実態調査および再発防止策について発表しました!

今回の問題は、スバルの生産工場にて生産された車両の完成確認検査において、資格を持たない者が検査をしていたと言う問題ですが、これによってスバルはこの問題に該当する車両全てのリコールを発表しております。

この問題に対してスバルは第三者からの検証を依頼し、今回の問題に対する実態調査の結果を以下のように発表しております。
本報告書によれば、当社においては、完成検査業務における不適切な取り扱いとして、

・ 社内規程に抵触する登用前検査員単独による完成検査行為
・ 登用前検査員による他人の印鑑の不適切な使用
・ 社内外の監査時における不適切な対応
・ 完成検査員登用手続における不十分な資格講習や登用教育
・ 不適切な終了試験

といった実態があったとの指摘を受けました。

本報告書においては、かような不適切な取扱いが行われていた原因・背景として、

・ 完成検査業務の公益性・重要性に対する自覚の乏しさ
・ 現場における過度な技量重視の風土
・ 「補助業務」の便宜主義的な解釈
・ ルールの合理性に対する懐疑
・ 部署間・職階間のコミュニケーション不足
・ 完成検査業務に対する監査機能の弱さ

といったことが挙げられています。
この実態調査の結果と背景を理解し、今後スバルが同じ問題を起こさないための再発防止策として、トップ主導による意識改革やコンプライアンスの徹底などに力をいれていくとのこと。

この問題は、いわゆる日産で起こった不正検査問題と同じようなものとなっており、今回指摘されている内容も近いものですね。

今後の対策としても、検査員の意識改善や資格などの取得に対する難易度の改善など、日産同様の改善が求められるかと思います。

スバルは今後新型フォレスターの発売や、海外で発売されているアセントの日本上陸など気になる話題が目白押しですので、今回の問題改善も含め、今後のスバルに注目していきたいですね!
7 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

chibica編集部 chibica編集部