2017年6月22日 更新

ヴォクシー・ノア・エスクァイア マイナーチェンジは2017年7月3日!変更点は?

2014年にデビューしたトヨタの5ナンバーサイズミニバン、ノア・ヴォクシー・エスクァイアが2017年7月3日にマイナーチェンジを行います。どこが変わるのかわかっていることをまとめました。

新型エンジンの搭載はナシ!

 (7431)

今回のノア・ヴォクシー・エスクァイアのマイナーチェンジで兼ねてより噂されていた、新型エンジンの搭載は見送られた模様です。
新型カムリに搭載される新型 2.5L直4エンジン「Dynamic Force Engine」がノア・ヴォクシーにも積まれるかと期待されていましたが、搭載されないみたいなので残念です…

また、ライバルで販売絶好調の日産セレナには電動パーキングブレーキ+ブレーキオートホールド機能が搭載されていますが、今回のノア・ヴォクシー・エスクァイアのマイナーチェンジでは電動パーキングブレーキの採用も見送られました。
電動パーキングブレーキ+ブレーキオートホールドはあるととても便利な機能なので、採用されないのは残念ですね。

同じトヨタのハリアーが6月にマイナーチェンジを行いますが、ハリアーはマイナーチェンジを機に電動パーキングブレーキとブレーキオートホールドなどが導入されます。
ノア・ヴォクシー・エスクァイアは、デビュー3年経過していても販売好調なので大きなテコ入れ不要との判断でしょうか。

参考:トヨタ新型カムリ発売日は2017年7月10日!ハイブリッド専用で燃費は31.6km/L!

参考:トヨタ新型カムリ発売日は2017年7月10日!ハイブリッド専用で燃費は31.6km/L!
トヨタのカムリがフルモデルチェンジで2017年7月10日に日本デビューを迎えます!それに伴い、マークXは今後廃止の模様!今回は新型カムリのフルモデルチェンジ情報をお伝えします!

エクステリアはよりアグレッシブに変更

 (7432)

↑画像はマイナーチェンジ前のエスクァイア

2017年7月3日に予定されているノア・ヴォクシー・エスクァイアのマイナーチェンジでは、エクステリアには手が加えられる模様です。

特に3兄弟の中では一番人気のヴォクシーは、よりアグレッシブなエクステリアに進化するとのこと。
LEDヘッドランプもデザインが変更になり、3眼Bi-BeamLEDになるそうです。

エアログレードでは専用16インチアルミホイールを始め、ロアグリルやフォグランプベゼル、専用のフロントバンパー、ブラック塗装のヘッドライトなど、よりアグレッシブなパーツが装備されるようです。

内装も質感向上!

今回のマイナーチェンジでは内装の質感も向上する模様です。

まず、モノクロだったマルチインフォメーションディスプレイがカラー高精細のものに変更になります。
また、シフトやエアコン操作パネルがあるインパネのセンタークラスター部分が無塗装プラだったものがピアノブラック調のグロス塗装をしたものに変わり、見た目の質感が大幅に改善します。
 (7425)

↑マイナーチェンジ前のセンタークラスターパネルです。ここがピアノブラック調になるそうです。

さらに細かい所としては、メーターリングが丸型3眼のものに変わるようです。

また、ハイブリッドモデルにのみ、コンソールボックスが新設され、ティッシュボックスの収納も可能になるようです。これは便利になりそうですね。

さらにマイナーチェンジ前にはなかったUSBソケットが新設!ガソリンモデルは1口、ハイブリッドモデルは2口装備されます。
 (7433)

↑エスクァイアではもともとピアノブラック調のセンタークラスターパネルが備わっていました。
ノア・ヴォクシーでもこんな感じになるみたいです。

クルーズコントロールを全車標準装備!

内外装の質感向上だけでなく、装備面でもアップグレードされます。

まず、ユーザーからの要望が多かったというクルーズコントロールを全車標準装備。
これは、レーダークルーズコントロールではないので、単に車速を維持するだけに留まりますが、高速道路を一定速度で維持してくれるのはドライバーにとっては疲労軽減につながります。
惜しむらくはレーダークルーズコントロールだったら良かったのになと思います。
ライバルである日産セレナでは、車線維持制御付きの全車速対応のレーダークルーズコントロールまで装備されているので、それと比べると装備面でだいぶ劣る印象です。
 (7435)

↑マイナーチェンジ前のノアです

メディアリリースが7月3日!店頭発表会は7月8日・9日の土日!

7月3日に正式なリリースとなるマイナーチェンジ版新型ノア・ヴォクシー・エスクァイアですが、車両の生産は6月中にはスタートしている模様で、早ければ7月上旬には一部店舗には配車されるかもしれません。

予約はおそらく6月上旬からはできるようになると思いますので、ノア・ヴォクシー・エスクァイアを検討されている方は、新型を待つか、現行型を安く買うか、よく吟味されたほうが良いでしょう。

正直、マイナーチェンジの内容がそれほど大幅なものではないので、マイナーチェンジ前のモデルが安く買えるのでしたらそれでも良いのではないかと思います。
ハリアーのように大幅なマイナーチェンジだったら、新型を待ったほうが良いかと思います。

そろそろ現行型はオーダーストップとなりますので、気になる方はディーラーにて問い合わせしてみてはいかがでしょうか?
在庫車などがある場合には、かなり安く手に入る場合もありそうですよ。

新型ノア・ヴォクシー・エスクァイアの情報が入りましたら、また記事をアップデートしたいと思います。
お楽しみに!



個人で書いているブログでも、ノア・ヴォクシー・エスクァイアのマイナーチェンジの詳細な情報を掲載していますので、良かったそちらも見てやってください↓

参考:ヴォクシー ノア エスクァイア マイナーチェンジ!変更点まとめ 発売日は2017年7月3日!

参考:ヴォクシー ノア エスクァイア マイナーチェンジ!変更点まとめ 発売日は2017年7月3日!
2014年にデビューしたトヨタの5ナンバーサイズミニバン【ノア・ヴォクシー・エスクァイア】が2017年7月3日にマイナーチェンジを行います!デビュー後3年が経過しても好調な販売数を維持していますが、ライバルである日産新型セレナが絶好調なので、後塵を拝している状態です。2017年3月度の自動車販売ランキングでも6位  セレナ 14,577台 192.7%(昨年対比)10位 ヴォクシー 10,831台 100.6%22位 ノア 5,934台 88.4%2...
25 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ドラヨス ドラヨス