2019年3月5日 更新

丸くて可愛いデザインが人気!フォルクスワーゲンのザ・ビートルの魅力を紹介します!

ザ・ビートルは外観が他のクルマと比べてもインパクトがあり、これが人気の理由ではありますが、外観だけでなく走行性能も高い仕様になっています。今回はフォルクスワーゲンのザ・ビートルの魅力を紹介します!

丸くて可愛いデザインが人気!フォルクスワーゲンのザ・ビートルの魅力を紹介します!

ザ・ビートルの概要

The Beetle | ハッチバック | フォルクスワーゲン公式 (56552)

ザ・ビートルは、ドイツの自動車メーカーであるフォルクスワーゲンが2011年から生産・販売しているハッチバック型の乗用車です。
またザ・ビートルの中でもDesign Meister・R-Line Meister・2.0R-Line Meisterなど豊富なシリーズが用意されています。Design Meisterは専用ホイールが装備されてさらに際立つデザインの仕様に、R-Line Meisterはレザーシートを新採用して走りを楽しむ仕様に、2.0R-Line Meisterはよりスポーティーでより開放的な空間の仕様になっています。

ザ・ビートルの外観

The Beetle | ハッチバック | フォルクスワーゲン公式 (56555)

外観は、見ての通り丸みがあって可愛いデザインのひと言に尽きます。 ただし見た目以上に車体は大きく、全長 4,285 mm x 全幅 1,815-1,825 mm x 全高 1,495 mmとなっており、全長と全高は国産のコンパクトカーレベルでありながら、全幅は1,800を超えています。ボディーカラーは全7色用意されており、選択肢も豊富です。

ザ・ビートルの内装

運転席周り

The Beetle | ハッチバック | フォルクスワーゲン公式 (56606)

運転席周りは、ボディーカラーとお揃いのカラーで仕立てたダッシュパッドにまず目がいきますね。国産車ではスズキのハスラーで似たような内装になっているので、このザ・ビートルも遊び心溢れた内装になっていますね。

室内空間

The Beetle | ハッチバック | フォルクスワーゲン公式 (56607)

室内空間は、外観はコンパクトでありながらもゆとりのある室内空間になっています。特に全幅が1,800を超えるので左右の間隔はかなりゆとりがあると思います。しかし全長がコンパクトなぶん後部座席が少し狭いと感じるかもしれません。3ドアなので、後席乗車時は前席を倒さなければならない点も少し不便といった印象です。

ザ・ビートルの走行性能

The Beetle | ハッチバック | フォルクスワーゲン公式 (56614)

Design Meisterは、1.2ℓ TSI® エンジンとDSGトランスミッションを搭載しています。このエンジンは、必要なだけの燃料を噴射する直噴技術と、効率良く多量の空気を送り込む過給機であり、この2つを組み合わせた「直噴+過給」システムにより、優れた燃焼効率と高出力を両立しています。このトランスミッションは、シフトチェンジの際のタイムラグは限りなくゼロに。切れ目のないスムーズな加速と高効率で燃費性能も向上。キビキビとした走りを楽しめます。

R-Line Meisterは、1.4ℓ TSI®エンジンと7速DSG®トランスミッションを搭載しています。このエンジンは、新開発インジェクションユニットにより効率的な燃料噴射を行う「直噴エンジン」と「水冷式インタークーラー付ターボチャージャー」を組み合わせたパワーユニットであり、1,250回転から最大トルクの80%を発生させ、低速から軽快な走りが楽しめます。このトランスミッションは、ギヤ比を低く設定した1速が発進性を向上させ、高く設定した7速が高速走行時の燃料消費量を削減します。

2.0R-Line Meisterは、2.0ℓTSI®エンジンと6速DSG®トランスミッションを搭載しています。シリンダー内に必要なだけの燃料を噴射する直噴技術と、効率よく多量の空気を送り込む過給機であり、スタイリッシュなフォルムからは想像できない2ランク上のパワフルな走りを実現してくれます。このトランスミッションは、2.0ℓ TSI®エンジンと最適なマッチングで、豊かなパワーを無駄なく加速に変換するのが6速DSG®トランスミッションになっています。

このように同じザ・ビートルでも走行性能に違いがあり、加速性能重視の方は、R-Line Meisterか2.0R-Line Meisterのモデルをオススメします。

ザ・ビートルの価格

2,399,000円(The Beetle Base)~3,970,000円(The Beetle 2.0R-Line Meister)になっています。コンパクトなぶん他の外車の中では購入しやすい価格となっています。

まとめ

今回はフォルクスワーゲンのザ・ビートルの魅力を紹介してきました。
可愛いだけではなく、走行性能も優れており、運転する楽しみも与えてくれるクルマになっています。気になられた方は是非一度試乗してみてはいかがでしょうか?
20 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

kannburi kannburi