2019年5月4日 更新

ダイハツの有能な軽バン!ハイゼットカーゴの魅力を紹介します!

軽バンはハイエースなどに比べて積載能力は劣りますが、軽自動車のため運転しやすい仕様になっています。今回はそんな日本の代表的な軽バンであるハイゼットカーゴの魅力を紹介します。

ダイハツの有能な軽バン!ハイゼットカーゴの魅力を紹介します!

ハイゼットカーゴってどんなクルマ?

【公式】ハイゼット カーゴの外観とカラー|ダイハツ (59837)

ハイゼットカーゴは、ダイハツが生産・販売している軽商用車(軽バン)です。現行モデルが10代目のモデルであり、2004年から販売されており、現在までにマイナーチェンジや一部改良などは行われています。
スズキのエブリイど同様に、日本の代表的な軽バンであり、積載能力が高いけれど運転はしやすいというメリットが多いモデルになります。軽バン初となる先進安全機能であるスマートアシストⅢも搭載し、仕事で使う上で便利という点のみならず安全面も強化されています。
今回はそんなハイゼットカーゴの魅力を以下に紹介していきます。

ハイゼットカーゴの外観

【公式】ハイゼット カーゴの外観とカラー|ダイハツ (59840)

外観は、力強くスタイリッシュなフロントマスクがカッコ良いですね。また着脱可能なフロントバンパーのコーナーピースは、仕事で住宅地に行くと狭い道や駐車場が多くて、長年乗っているとバンパーを擦ってしまうこともある方には大変便利です。従来はバンパーを丸ごと交換しなければなりませんでしたが、サイド部分のコーナーピースのみを交換できるので、費用も抑えられるし、修理時間も掛かりません。
車体寸法は、全長3,395mm・全幅1,475mm・全高1,890mmとなっています。

ハイゼットカーゴの内装

運転席周り

【公式】ハイゼット カーゴの車内空間と荷室|ダイハツ (59844)

運転席周りは、大きなメーターで視認性が良い点がポイントが高いですね。走行時での速度確認が容易なので、必然的に安全運転を行うことができます。ドリンクホルダーも手に取りやすいハンドル横に配置されているので、停止中に手軽に水分補給もできます。

室内空間

【公式】ハイゼット カーゴの車内空間と荷室|ダイハツ (59843)

室内空間は軽バンらしい荷物を積むことに特化した仕様になっています。クルーズターボ“SA Ⅲ”とクルーズ“SA Ⅲ”ゲレードは、標準仕様で後席も快適に乗車できる仕様ですが、後席乗車の必要性がない方には、上記写真のような仕様をオプションで設定可能です。

ラゲッジスペース

【公式】ハイゼット カーゴの車内空間と荷室|ダイハツ (59850)

ラゲッジスペースが広く便利な点が、軽バンであるハイゼットカーゴの大きな特徴です。高さと奥行がしっかり確保されているため、大きな荷物・多くの荷物が積載可能であり、営業車や宅配業者のみならず工事業者のユーザーにも最適なモデルになっています。

ハイゼットカーゴの走行性能

【公式】ハイゼット カーゴの外観とカラー|ダイハツ (59853)

燃費性能は、JC08モードで最大18.8km/Lとなっており、自家用の軽自動車などと比べたら劣りますが、軽バンとしては良い数値を実現しています。
4WDモデルでは、スイッチで2WDと4WDが切り替え可能なパートタイム4WDを採用しており、山道や雪道、悪路、悪天候に出くわしても、スイッチで4WDに切り替えることで、力強い走破性が得られます。
また小回り性能も良く、最小回転半径が4.2mとなっています。タイヤが大きく切れる設計で、小さな回転半径を実現しているので、狭い路地や曲がり道、駐車場、縦列駐車でラクに取りまわせます。

ハイゼットカーゴの安全性能

【公式】ハイゼット カーゴの安全性能|ダイハツ (59856)

軽商用車初、歩行者も認識して作動する機能の衝突回避支援システムであるスマートアシストⅢを採用しています。車内の搭載されたステレオカメラにより、衝突警報機能~緊急ブレーキまでの4段階でドライバーをアシストし、万が一の衝突事故を未然に防いだり、軽減してくれます。

ハイゼットカーゴの価格

価格は、934,200円(スペシャル)~1,522,800円(クルーズターボ“SA Ⅲ”)となっています。
ベースグレードならば本体価格が100万円を切るので、とてもお買い得なモデルになります。

まとめ

今回はダイハツの軽バンであるハイゼットカーゴの魅力を紹介してきました。
軽バンは運転しやすくて、荷物もたくさん詰めるので、本来の業務用ではもちろんのこと、プライベートでもキャンプなどに出かける際はとても便利ですね。
気になられた方は購入を検討してみてはいかがでしょうか?
26 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

kannburi kannburi