2018年11月9日 更新

CX-5に2.5リッターガソリンターボとMTの人馬一体SUVが登場!

2018年10月11日の年次改良マイナーチェンジにより、マツダのGベクタリングコントロールが、ブレーキの制御が入った「Gベクタリングコントロール」に進化しました。

CX-5に2.5リッターガソリンターボとMTの人馬一体SUVが登場!

2017年2月発売の2代目CX-5 が大幅マイナーチェンジ

マツダ CX5

マツダ CX5

マツダは、クロスオーバーSUV「マツダCX-5」のマイナーチェンジモデルの予約を2018年10月11日から開始し、2018年11月22日より発売します。また、最上級グレードとして、こだわりの素材によりモダンさと温かみを表現した特別仕様車「Exclusive Mode(エクスクルーシブ・モード)」が追加されます。


マツダ CX-5について

マツダ CX-5

マツダ CX-5

CX-5は、2012年2月から発売されているクロスオーバーSUVです。マツダが推しているスカイアクティブシリーズのエンジンやシャーシが特徴となっています。2012年から2016年型の初代型では、2.0リッター/2.5リッターのガソリンエンジン「スカイアクティブG」と、2.2リッターディーゼルエンジン「スカイアクティブD」が搭載されています。

2017年2月に初のフルモデルチェンジが行われ初代同様2.0リッター/2.5リッター「スカイアクティブG」エンジンと2.2リッター「スカイアクティブD」エンジンが採用されています。
車線逸脱防止システムや、駐車時に周りの危険を知らせる他緊急時に自動ブレーキがかかるシステム、AT誤発進抑制機能などを含んだ先進システム「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」が全車に標準搭載されていることも特徴の一つとなっています。
また、新世代車両運動制御技術「SKYACTIV-VEHICLE DYNAMICS」の第一弾となる「G-ベクタリングコントロール」により、ハンドル操作に合わせて、エンジンの駆動トルクを加減することにより車の前後方向、横方向のコントロールをサポートし、運転時の快適性を向上させています。
また、2018年2月の改良より2.5リッターガソリンエンジンにベントレーやベンツなど高級外車に取り入れられている「気筒休止」システムが導入されています。エンジン負荷が少ないタイミングでは、エンジン気筒の一部を停止することで実燃費の向上を見込めます。
【2代目CX-5の車格(2017年2月より)】
全長 4,545mm
全幅 1,840mm
全高 1,690mm
5人乗り
マツダのSUVの中では、CX-3とCX-8の間の車格に当たり、アウトドアが好きなファミリー層等に好評です。トヨタ CH~Rや、ホンダ ヴェゼルなどと比較されます。

改良点1:230馬力で”レギュラー”指定の2.5Lガソリン『ターボ』エンジン

2.5リッターガソリンターボ

2.5リッターガソリンターボ

今回のマイナーチェンジで大きな変更点の一つとなったのは、2.5リッター直列4気筒直噴ガソリンターボエンジン「SKYACTIV-G 2.5T」です。
いままで、ガソリンエンジンは、2リッターと2.5リッターの自然吸気N/Aエンジンを採用していたが、最高出力169kW〈230PS〉/4,250rpm、 最大トルク420N・m(42.8kgf・m〉/2,000 rpmをも誇るターボエンジンが採用されました。
「スカイアクティブD」ディーゼルターボエンジンが最高出力140kW (190PS)/4,500rpm、最大トルク450N・m (45.9kgf・m)/であることを鑑みると、最高出力はディーゼル以上、最大トルクもディーゼルに迫るエンジンとなっています。また、指定燃料が高いハイオクではなく、無鉛レギュラーガソリンという点もお財布に優しいですね。
低速から高速域までの広い範囲で思い通りに加速し、力強く上質な走りが特徴となっています。

ディーゼルエンジンは癖があるからと敬遠していた層もこの新しいエンジングレードの追加により検討したくなるのではないでしょうか。

改良点2:ディーゼルモデルにクラス唯一の”MT”追加

マツダ CX-5 シフトノブ

マツダ CX-5 シフトノブ

更に、クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 2.2」搭載車には、新たに6速マニュアルトランスミッションが追加されました。
車離れが深刻という現代において、マニュアルミッションの車は、スポーツカーや一部のコンパクトカー、軽などのスポーツモデルとしてのみ設定されている場合が多いです。(もしくはトラックなどの商用車に)
家族向け、アウトドアに使えるSUVにMTを設定している国産車がなく、まさにライバル不在ですね。
また、5速ではなく、スポーツカーなどに多い6速設定により細かく思い通りに走ることを可能としており、高速の伸びも心配ないことでしょう。
6速MT乗りが5速に乗り換えて高速走行において幻の6速を探すことはよくあることですが(?)そういった心配もありません。
ただ、今回ディーゼルクラスのみに設定され、新規追加の2.5リッターガソリンターボエンジンとの組み合わせは現状できないとなっているため歯がゆい思いをするオーナーもいることでしょう。早急にガソリンモデルにも、MTが設定されてほしいものですね。

改良点3:Gベクタリングコントロールの進化で乗り心地向上!

マツダ Gベクタリングコントロールプラス

マツダ Gベクタリングコントロールプラス

また、新世代車両運動制御技術「スカイアクティブ ビークル ダイナミクス(SKYACTIV-VEHICLE DYNAMICS)」の第二弾として、「G-ベクタリング コントロール プラス (G-Vectoring Control Plus、以下GVC Plus)」が搭載される。他のマツダ車にも順次搭載されていく予定だといいます。

「GVC Plus」は、ブレーキによる車両姿勢安定化制御(直接ヨーモーメント制御)を追加しました。
旋回中のドライバーのハンドル戻し操作に応じて外輪をわずかに制動し、車両を直進状態へ戻すための復元モーメントを与えることで安定性を向上。ヨー、ロール、ピッチの各回転運動のつながりを高い旋回Gの領域まで一貫させ、素早いハンドル操作に対する車両の追従性を高めるとともに、挙動の収束性を大幅に改善します。
緊急時の危険回避、高速での車線変更、雪道での走行性能が向上しています。

特別仕様車「エクスクルーシブ・モード」

特別仕様車「エクスクルーシブ・モード」

特別仕様車「エクスクルーシブ・モード」

最上級モデルとして特別仕様車「Exclusive Mode(エクスクルーシブ・モード)」では、高品質のナッパレザーや本物の木を使った本杢パネルといった素材を採用し精緻な造り込みを行うことで、モダンさと温かみを兼ね備えています。
インテリアは、上はブラック下がディープレッドという専用色になっています。
高級感溢れる内装に加え、フレームレスインナーミラや、前席シート両側に、体との間にこもる不快な熱気を吸い出す「シートベンチレーション」、メーター中央の7インチTFTメーター、白色LEDのフットランプにより快適性を向上させています。

ホイールは、19インチアルミを専用高輝度ダーク塗装を特別採用し、かっこよく仕上がっていますね。
18 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

haruroad0401 haruroad0401