2017年6月16日 更新

「好きなドイツ車メーカーはどこ?」アンケート集計結果!

chibica公式Twitterで、「好きなドイツ車メーカーはどこ?」というアンケートを行っていました。 「メルセデスベンツ」?、「BMW」?、「アウディ・フォルクスワーゲン」?、「ポルシェ」?貴方が好きなメーカーはこの中でどれ? 結果は以下の通り!

「好きなドイツ車メーカーはどこ?」アンケート集計結果!

「好きなドイツ車メーカーはどこ?」

chibica公式Twitter上で行ったアンケートでは、以下のような結果となりました↓

参加してくれた112名の皆様、ありがとうございました!

なんと1位が同着!

gettyimages (10046)

112名の投票があった中で、なんと1位が同着になってしまいました!!
票が割れたのは、「BMW」と「アウディ・フォルクスワーゲン」。

どちらも32%と高い得票率となりました。

ただ、「アウディ・フォルクスワーゲン」は単一メーカーではなくグループ合算なので、単独メーカーで言えばBMWが1位ということになります!

chibicaフォロワーさんはやはり走り好きが多いのか、駆け抜ける喜びのBMWが多かったようです。

アウディ・フォルクスワーゲンもガッシリとした走りと、コンサバなスタイリングが支持されていますよね。
ただ、一昨年前の排ガス不正問題でブランドイメージが悪化したのは事実。
それでもこれだけの得票率があるのは、人気の高さを証明していますね。
安全装備などでも先進性を発揮しているのがフォルクスワーゲン・アウディの良さでもあります。
gettyimages (10047)

3位は「メルセデスベンツ」!

3位はメルセデスベンツで20%となりました。

メルセデスベンツと言えば、お金持ちの代名詞!みたいなイメージもありましたが、最近ではAクラスを始め、CLAやGLAなど若い人向けの車種も多数展開し、若返りを図っていますよね。
それが奏功してか、現在は日本での輸入車ではナンバーワンの売上となっています。

CクラスやEクラスなどの、トラディショナルなセダンも根強い人気で、今後もシェアを伸ばしていきそうな勢いがあります。
gettyimages (10050)

4位は「ポルシェ」!

ポルシェもフォルクスワーゲングループでは有るのですが、あえてファンも多いかと思って別の選択肢にしたのですが、さすがに伸びなかったですね^^;
いつかはポルシェに乗ってみたいと思っていても、なかなか手が出ないブランドでもありますし、そこがまたブランド価値を高めている部分でもあります。
ポルシェが大衆車だったら、価値がなくなってしまいますからね。
それでもメルセデスに迫る16%を得票。
やっぱり憧れのブランドですよね!
gettyimages (10053)

皆さんが好きなドイツ車はどのメーカーですか?

chibicaでは定期的にTwitterでアンケートを実施していますので、ぜひフォロー&参加してくださいね^^
15 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

chibica編集部 chibica編集部