2018年4月16日 更新

特別なスバルインプレッサS-styleが60周年記念車として誕生!価格は210.6万円から。燃費は18.2km/L(FF)。

スバルは、初の量販車スバル360の販売から60周年を迎えました。それを記念して特別なインプレッサS-styleが登場。ハッチバックスタイルのインプレッサスポーツとセダンタイプのG4に設定されます!特別仕様の内容を解説します。

特別なスバルインプレッサS-styleが60周年記念車として誕生!価格は210.6万円から。燃費は18.2km/L(FF)。

スバルインプレッサS-styleってどんなクルマに?

 (24604)

60周年記念特別モデルのベース車両は、1.6i-LEyeSightグレードとの事。
FF車両では、1,944,000円。AWDでは、2,160,000円。このモデルに特別装備を追加して記念モデルとしたのが、S-styleとなっています。スポーツおよびセダンG4は、同様価格。そしてS-styleでは、両モデル同様の記念特別装備が追加!

一体どのような特別装備が追加されているのか?お買い得なのかも検証!
 (24605)

スバルインプレッサS-style追加装備エクステリア編

LEDハイ&ロービームランプ+ステアリング連動ヘッドランプ(ヘッドランプウォッシャー付)が標準装備!
ベース車両では、オプション設定となっていますね。やはり、ハロゲンランプよりは、LEDの方が断然に明るいので、ユーザーが求めている装備の1つ。
 (24606)

16インチ(ブラックハイラスター塗装)から16インチアルミホイール(切削光輝)へグレードアップ!ハイグレードモデルに採用されている切削光輝タイプホイールをおしみなく採用!
切削光輝+ブラック塗装やグレー塗装は、最近流行りになっていますよね。

 (24607)

ハイグレードモデルには標準装備の電動格納式リモコンカラードドアミラー(LEDサイドターンランプ&ターンインジケーター付)は、ベース車両だと電動格納式リモコンドアミラーのみですが、それが記念特別モデルには標準で装備されます。
 (24608)

メッキ加飾付フロントフォグランプカバーを装備!ベース車両では、フォグランプはついているのですが黒のランプカバーとなっています。
 (24609)

エレガントにもスポーティにも一役買ってくれるサイドシルスポイラーが装備されていますね!実は、後からつけたいと思っても中々取り付けが大変なパーツでもあります。
 (24610)

そのほかエクステリアでは、
①クリアビューパック
(フロントワイパーデアイサー/ヒーテッドドアミラー/UVカット& 撥水加工フロントドアガラス/リヤフォグランプ)

②マフラーカッター(G4のみ)
も装備されています。

スバルインプレッサS-style追加装備インテリア編

ダイナミック×ソリッド。それはSUBARUのデザインを時代に合わせて進化させた、新たなデザインフィロソフィー。「安心」をイメージさせるソリッドな塊感をベースに、「愉しさ」を感じさせるダイナミックな躍動感を融合。インプレッサでは、エクステリアにスポーティネスと先進性、インテリアに大胆さと精緻さを加味することで、Dynamic × Solidの哲学をより際立たせています。意味のある機能的なデザインや、長く愛される本質的なデザインを追求するSUBARUが辿り着いた、新時代のカタチがここにあります。

参考URL
https://www.subaru.jp/impreza/impreza/design/interior.html

ベース車両の状態でもスバルのインテリアの作りこみは、「安心」と「愉しさ」を融合させた絶妙なデザインや色合いであることが伺えます。

これに更に特別装備を追加して、乗り込んだときに上質感をワンランクアップできる作りとしている模様!
 (24611)

本革巻ステアリングホイールを採用。実は、エクステリアのLEDハイ&ロービームランプ+ステアリング連動ヘッドランプを装備した段階で本皮巻きがセットとなるオプション設定でも有ります。

 (24612)

本革巻セレクトレバー(シフトブーツ、ピアノブラック調加飾パネル付)を採用。こちらは、ハイグレードモデルに採用済みの仕様で、それを記念特別モデルにも採用!
 (24613)

メータバイザーリング(シルバー)をチョイス!ベース車両では、ハイグロスブラックとなっていますね。やはりメーター周りがシルバーとなっていることでよりスポーティーさも増すことでしょう。
 (24614)

そのほかインテリアでは
①アルミパッド付スポーツペダル
②6スピーカー(フロント4+リヤ2)
③ファブリック/トリコットシート(シルバーステッチ)
を装備。

スバルインプレッサS-styleは、もちろんアイサイト付き!

1.6i-LEyeSightをベースにしていますので、もちろんアイサイトが標準装備。航空機メーカーの思想を受け継いでいるスバルだから考え出されたシステム!アイサイト以外にもスバルでは、認知・判断・操作というドライバーが日々行っていることに着目。いかに疲れなく、使いやすく、見やすいかを考えているとの事。

スバルインプレッサS-styleのパワートレーン他

①スポーツ(ハッチバック)もG4(セダンタイプ)も1600㏄ DOHC水平対抗エンジンを採用。
②ミッションは、リニアトロニック(マニュアルモード付)。
③サイズは、スポーツは、全長×全幅×全高(㎜)=4460×1775×1480(㎜)/G4は、4625×1775×1455(㎜)

販売価格は、1.6i-L EyeSight S-styleスポーツ/G4ともに
FF車で2,106,000円
AWD車で2,322,000円

     

まとめ

これだけの特別装備が付いて、ベースグレードより162,000円アップというのはお買い得ではないでしょうか?スバルでは、3/3.4.10.11日と60周年フェアも開催するとの事!非常にお得な1.6i-L EyeSight S-styleをフェアで見てはいかがでしょうか!!!
33 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me