2019年2月13日 更新

ホンダ・インサイト、満を持して再出発!注目の高品質&高性能!

再び登場インサイト!Honda独創の2モーターハイブリッドシステムは要チェック!その実力は相当なものです!

 ホンダ・インサイト、満を持して再出発!注目の高品質&高性能!

再出発のインサイト

インサイト

インサイト

3代目のインサイトが2018年12月に発売されました。2代目は2014年3月に販売が終了し、しばらくの間、空白の期間があったのですが、いよいよ復活ということになりました。

思えば2代目インサイトは登場時には大人気だったのですが、トヨタ・プリウスの猛攻に遭って低迷してしまったという残念な歴史があります。それはホンダのIMA(インテグレーテッド・モーター・アシスト)が、トヨタのハイブリッドシステム「リダクション機構付のTHS II」に対して燃費性能が劣勢だったからで、それがそのまま販売成績に現れてしまったのです。

しかし、ホンダもオデッセイ、アコードやステップワゴン・スパーダで大きく進化したハイブリッドシステムをラインアップさせ、そしていよいよ元祖ハイブリッド車のインサイトで勝負に出ることになったのです。

ボディサイズは4675×1820×1410mmということで先代よりもひとまわり大きくなっていますが、エンジンは1.5Lに押さえ、税金面で優位になっています。気になる燃費性能ですが、LXのJC08モード燃費:34.2km/Lは、プリウス(S)の37.2km/Lに迫る数値となっています。

ラインアップはLX、EX、EXブラックスタイルの3タイプ。注目のハイブリッドシステムは上質なドライブフィールをもたらす2モーターのハイブリッドで、「SPORT HYBRID i-MMD」と呼ばれるものです。

注目のハイブリッドシステム

ハイブリッドシステム

ハイブリッドシステム

2モーターハイブリッドシステム「SPORT HYBRID i-MMD」は、2つのモーター(発電用モーター&駆動用モーター)を駆使することで、あらゆるシーンでのモーター走行を実現しています。

高い熱効率を追求しながら、静かで滑らか、上質な加速感を得ています。エンジンは1.5Lで109PS、13.7kgf・m、走行用モーターは131PS、27.2kgf・mです。
 走行モード

走行モード

走行モードは4種類です。
「NORMAL」は、滑らかな加速感と燃費の良さを両立した通常走行要です。
「SPORT」は、アクセル操作が高い応答性になり伸びの良い加速感が得られます。
「ECON」は、エンジン、モーター、エアコンなどを制御して省燃費走行になります。

そして「EV」です。
「NORMAL、SPORT、ECON」の各モードで利用でき、EVスイッチを押すと、バッテリー電力を使ってモーターだけで走行できます。早朝の住宅街などでエンジン音を控えたい時に最適です。(注:EVモードは、バッテリー残量やエアコンの作動状況などによってできない場合もあります)
アクセルペダル

アクセルペダル

アクセルペダルにも工夫があります。

アクセルペダルを一定量踏んだ位置に、スイッチを押した時のようなクリック感があるポイントが設定されています。このクリック感手前のレベルでアクセル操作をすれば、静かで快適な走行が可能になるようになっています。そしてクリック感を踏み越えることで力強い加速へと移ります。これで誰でも簡単にエコとスポーツを使い分けることができるわけです。

また、ステアリングを握ったままで扱えるセレクターがあり、アクセルオフ時の減速度を3段階に変更できます。旋回時や右左折の手前、下り坂、前走車との車間距離をあけたい時などに非常に便利です。

アジャイルハンドリングアシストも秀逸です。これはブレーキを制御し、ハンドリングをスムーズにする機能で、コーナー(カーブ)などで曲がる際、狙い通りに走れるよう、少ないステアリング操作で走りをサポートしてくれます。

磨かれたスタイル

スタイル

スタイル

最近のホンダ車はコレ!というようなアイコンがあまりありません。マツダの「魁CONCEPT」などとは対照的でもあるわけですが、今回のインサイトは車格をCカテゴリーにアップさせ、形も初代の2ドアハッチバッククーペ、2代目の5ドアハッチバックという形状から4ドアセダンへと大きく仕様が変わっています。

4675×1820×1410mmというロー&ワイドなシルエットは、デザインや質感にこだわったという狙いが伝わってきます。フロントノーズからリヤエンドに至るまで伸びやかなラインで、妙に複雑なキャラクターラインには頼っていません。

フロントマスクは、クロームバーが効果的にワイド感を強調しており、ズバリ、上品で流麗なシルエットになっていると思います。「はい、ハイブリッドですよ!」的な表現はしていないと思います。
インパネ

インパネ

室内

室内

内装についても比較的シンプルな面と線で構成されており、操作系の見やすさと質感をうまく両立しているようです。ソフトパッドはハイクオリティ感に貢献しており、本革の風合いがうまく表現され、手貼りでしっかりチリ合わせも行われ、ディテールに至るまでこだわりっているのが感じられます。

低全高のスタイリングですが、長時間ドライブでの疲れにくさにも配慮した、くつろげる空間になっています。

大容量のトランクルーム

トランク

トランク

流麗なセダンスタイルの車体ですが、そこからは想像もつかない大容量のトランクルームも備えています。

エンジンルームのレイアウトを最適化、リチウムイオンバッテリーはトランクスペースではなく、後席の下に配置してあるので、トランクルームは広々としています。

トランクスルー機構付きのリアシートなので、リヤシートを倒せば、長尺物でもラクラク積めますし、6:4で左右別々に倒せるため、後席乗車時でもトランクスルーが可能です。また、凹凸が少なく開口部も大きいので、荷物の出し入れも楽です。

安全性能

安全性能

安全性能

インサイトは、全タイプに先進の安全運転支援システムとなる「Honda SENSING」を標準装備しています。

対象の位置や速度の測定に強い「ミリ波レーダー」と、対象の形や大きさの識別に強い「単眼カメラ」などを融合した高い精度の検知機能によって、その内容は非常に多岐にわたります。

ホンダ渾身の最新車

価格

価格

上品で流麗なシルエットと最新の高機能をぎっしり詰め込んだ新型インサイト。けっして派手さはないのですが、約4年間の空白期間を経て登場してきただけに、その力の入りようが伝わってくるようです。

インサイトならではの独特な走行感覚は、機会があれば是非試乗して体感してもらいたいと思います。価格はLXの3,261,600円(全国メーカー希望小売価格・消費税込み)からです。
25 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

bsr-kansai bsr-kansai