2018年10月16日 更新

マツダの塗装技術「匠」により洗練されたアテンザのデザインとインテリア

マツダの「アテンザ」についてはみなさんご存知でしょうか?マツダの代表的なセダンであり、その存在を知らない人を探す方が難しいと思われる程インパクトがあると思っています。そして、現行型の3代目アテンザは、2002年に販売されてから現在もその低重心を強調させるデザインで人気を集めています。 新しいセダンに乗り換える時にこの「アテンザ」を思い浮かべることになるでしょう。 その時にこの「アテンザ」が、どんな魅力を発揮する車なのかを知っていただき、購入の参考にしていただければと思います。

マツダの塗装技術「匠」により洗練されたアテンザのデザインとインテリア

【アテンザ】の洗練されたデザインとインテリア

【MAZDA】「匠塗 TAKUMINURI」|Be a driver. (47177)

高級感を感じさせるどっしと構えたエクステリアは、多くの人にその存在感を示しています。そして、その存在感の秘訣には、マツダの「匠塗 TAKUMINURI」による洗練された塗装技術によってその輝かしいボディの光沢を放っているからです。もちろんその塗装技術だけではありません。

また、先進技術を取り入れたことにより、基本性能、走行性能、環境性能、安全性が強化されたことにより、その性能の能力がデザインに比例して、一際輝いて見えるとも捉えることができます。
【MAZDA】アテンザ インテリアデザイン - 本物素材で丹念に造り込んだシート (47179)

【MAZDA】アテンザ インテリアデザイン - 本物素材で丹念に造り込んだシート (47181)

シート素材には、しっとりとしたなめらかな触感が心地よいナッパレザーを採用しています。そのうえでシートバックの表面に、サテンクロームメッキのアクセントをあしらっているそうです。

アテンザのシートは、上質な素材で仕立てたリッチな造形のシートデザインにさりげなくメタルのアクセントを効かせることで、空間全体の質感と品格を高めています。
【MAZDA】アテンザ インテリアデザイン - 本物素材で丹念に造り込んだシート (47183)

【MAZDA】アテンザ インテリアデザイン - 本物素材で丹念に造り込んだシート (47184)

インテリアのデザインカラー的にはブラウンかブラックを選択することで、どの外観のボディカラーにはマッチしそうだと感じています。特にブラックは、大人の男性心をぐっと掴むような力のある逞しいデザインであると思います。

白いシートには、水色、白色、灰色などのような薄い色がオススメだと思います。敢えて赤色のボディカラーの外観を選ぶことも、意外と白と赤色でマッチするかもしれません。
倒せる二列目シート

倒せる二列目シート

また、二列目席のシートを前に倒すことができることで、ゴルフバッグを多く積むことができたり、自転車なども横にして収納することができるかもしれません。

ですので、二列目のシートが倒せないから荷物を二列目のシートの上に仕方なく置く、という判断をしなくても良くなったのです。
【MAZDA】アテンザ 心地よい空間 - 快適な乗り心地はクルマとの一体感を楽しめるシート設計から (47188)

ちなみに、ワゴンタイプのアテンザでは、定員乗車時で506L(VDA方式)、リアシートの背もたれをすべて倒せば、最大で1,648L(VDA方式)の容量を確保できるそうで、ラゲッジルーム後方のリモコンレバーでリアゲート側から簡単に倒せるそうです。

【快適な乗り心地に楽しい室内空間をもっと演出するために】

【MAZDA】アテンザ エクステリア・ボディカラー - 生命感あふれる魂動デザイン (47191)

マツダにはBose社との共同開発により、臨場感のあるリアルなサウンドを再現する機能が搭載されている車種もあるのです。

2chステレオ入力でもサラウンド再生が可能なBose独自のCenterpoint®2機能や、走行ノイズ補償システムAUDIOPILOT™2も搭載していて、アクセル操作に呼応するアクティブエンジンサウンドはこの車で実感したいと思うはずです。

そして、携帯機器に入っている好きな曲をこの臨場感のある音で聴くことができれば楽しくなることは間違いないでしょう。
【MAZDA】アテンザ 心地よい空間 - 快適な乗り心地はクルマとの一体感を楽しめるシート設計から (47195)

【燃費やスカイアクティブテクノロジーについて】

アテンザは、20S、20S PROACTIVE、25S L Packageのグレードで
JC08:14.8〜16.6km/L

WLTCモード:14.2km/L〜15.0km/L
高速道路モード:16.8km/L〜17.2km/L
2WD:6EC-AT 17.8km/L
6MT 19.6km/L

4WD:6EC-AT 17.0km/L
6MT 18.8km/L
【MAZDA】アテンザ エクステリア・ボディカラー - 生命感あふれる魂動デザイン (47201)

「SKYACTIV(スカイアクティブ)」マツダの軽自動車を除く全ての車に採用されているそうです。そして、車種ごとにSKYACTIVの特殊なエンジンを搭載していたり、プラットフォーやトランスミッションをSKYACTIVの技術を活かして性能を革新させるなどをしています。
その1つとして、マツダの車の基本性能を向上させる新技術「SKYACTIV TECHNOLOGY」による量産ガソリンエンジン車としての世界初の高圧縮比を実現したエンジンを採用しています。
SKYACTIV-G

SKYACTIV-G

搭載車種や組み合わされるトランスミッションの種類によっては圧縮値の数値や燃費、トルク改善率は変わってくるそうなので、車種によって正確な機能は異なるそうです。
また、このようなエンジン効率がよくなる高圧縮比エンジンを採用しにくいのは、ノッキングという異常な燃焼が起きやすくなってしまうからです。

ノッキングとは、燃料と空気の混合気が高温高圧にさらされた際、正常な燃焼が終了する前に自己着火を起こす異常燃焼を起こし、不快な音や騒音を発生することを言います。

この異常燃焼の原因となるのは残留ガスの量で、このガスを低減することがノッキングを起こしにくくします。そして、マツダの新技術である一つの「4-2-1排気システム」により、ノッキングの原因となる残留ガスを低減させることができ、性能の向上に貢献することになったのです。
25 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

tatsuyantyan tatsuyantyan