2018年3月27日 更新

トヨタ新型ハリアーマイナーチェンジ 価格は高いか?ターボモデルの見積りと値引き情報

2017年6月8日にマイナーチェンジが発売予定のトヨタ新型ハリアーの見積もりをもらいました。 今回のマイナーチェンジで新しくラインナップされる2.0Lターボモデルのコミコミ価格感と値引き情報についてまとめました。

トヨタ新型ハリアーマイナーチェンジ 価格は高いか?ターボモデルの見積りと値引き情報
 (9008)

新型ハリアーのグレード展開と価格は?

まずは2017年6月8日にマイナーチェンジの正式発売日を迎える新型ハリアーのグレード展開ですが、パワートレインが、2.0Lガソリン、2.0Lターボ、2.5Lハイブリッドの3種類あり、それぞれ

ELLEGANCE
PREMIUM
PROGRESS

の3つのグレードが存在します。
PREMIUM以上のグレードには、Metal & Leather Packageが用意されています。



新型ハリアーの各グレードごとの価格は以下の通りです。


2.0Lガソリンモデル(FF)

ELLEGANCE 294.9万円
PREMIUM 324.9万円
PROGRESS 378.0万円

PREMIUM Metal & Leather Package 359.9万円
PROGRESS Metal & Leather Package 412.9万円

※4WDは約19万円増



2.0Lターボモデル(FF)

ELLEGANCE 338.0万円
PREMIUM 351.9万円
PROGRESS 405.0万円

PREMIUM Metal & Leather Package 385.0万円
PROGRESS Metal & Leather Package 438.0万円

※4WDは約19万円増



ハイブリッドモデル(E-four 4WD)

ELLEGANCE 377.4万円
PREMIUM 407.4万円
PROGRESS 460.4万円

PREMIUM Metal & Leather Package 442.4万円
PROGRESS Metal & Leather Package 495.3万円


となっています。

各グレードごとの主要装備などは、以前に書いた記事にまとまっていますので、そちらもご参照ください↓
 (9035)

新型ハリアーの見積もりコミコミ価格はどのくらいになる?

さて、マイナーチェンジ版新型ハリアーのグレード展開と価格のおさらいが済んだところで、いくつかもらってきた見積もりの中から、一番注目度が高い2.0Lターボモデルの見積もりをご紹介したいと思います。

まずは、新型ハリアー2.0Lターボモデルのベースグレード「ELLEGANCE(エレガンス)」の見積りをどうぞ。

ハリアー2.0Lターボモデル ELLEGANCEの見積もり

 (9009)

2.0Lターボモデル(FF)ELLEGANCEの車両本体価格338.0万円に対して、コミコミ価格は426.5万円となりました。
 (9010)

約90万円も増えていますが、何がそんなにかかったかというと、以下のオプションなどが追加されているからです。
 (9011)

付けたオプションの中で金額が大きいのがメーカーオプションナビで、35万円ほどかかります。

あとは、インテリジェントクリアランスソナーを選択しています。
これは、障害物を認識して、ブレーキまで踏んでくれるソナーになります。
音が鳴るだけのクリアランスソナーならもっと安く済みます。

それら以外で金額が大きいオプションは「ムーンルーフ」ですが、これはリセールを意識して装着しています。
必要ない人にはムーンルーフをカットすれば10万円ほど安くなります。

こちらのハリアー2.0Lターボモデルのエレガンスのコミコミ価格は426.5万円となりましたが、他のパワートレインのエレガンスよりもターボモデルのほうが流れるウインカー「シーケンシャルターンシグナル」や「アダプティブハイビーム」、18インチタイヤ&ホイールなど裝備が充実していますのでオススメでもあります。

ナビを安いものにして、ムーンルーフを外せば、400万円を切って300万円台で購入できると思います。

ハリアー2.0Lターボモデル PROGRESS(プログレス)の見積もり

続いては新型ハリアー2.0Lターボモデルの最上級グレードPROGRESS(プログレス)Metal & Leather Packageの見積もりを見てみましょう。
 (9014)

こちらのコミコミ価格は490.0万円になりました。

新型ハリアーのターボモデルの最上級グレードでレザーまで付けても、500万円にはいかずに購入できそうです。
とは言え十分高価ですけどね。
 (9015)

最上級グレードのプログレスには、メーカー純正ナビも、JBLのプレミアムサラウンドサウンドシステムも、インテリジェントクリアランスソナーもほぼオプション全部ノセの状態なので、付けるオプションはほとんどありません。
 (9016)

付けたオプションはムーンルーフくらいです。

こちらのコミコミ価格が490万円となります。
490万円というと、レクサスNXのベースグレードあたりだと買える値段になってくるので、微妙な価格帯です。
会社ではフォルクスワーゲンのティグアンやアウディの新型SUV「Q2」なども買える価格帯です。

ただ、ハリアーは日本人の中でのブランドがすでに構築されていてリセールなども高めなのが魅力。
そして、パッと見で高級感が伝わる内装の演出もわかりやすいです。
 (9024)

今回のマイナーチェンジを機に、電動パーキングブレーキや全車速対応のレーダークルーズコントロールも装備され、商品力もさらに高まっています。
「いつかはハリアー」と思っている人もいるのではないでしょうか。
そういう方でも、今回のマイナーチェンジ版新型ハリアーはおすすめできる内容になっていると思います。

マイナーチェンジ版新型ハリアーの値引き状況は?

正式な発売前の段階でも予約は好調のようで、すでに納期も徐々に延びている状況のようです。

発売前は基本的に値引きも渋く、一声5万円で、それ以上はなかなか値引きをしてくれないディーラーが多いようです。
一部地域等では15万円近く引いてくれたという情報もありますが、それはレアなケースでしょう。

クレジットローンを組む、ディーラーオプションをたくさんつける、コーティングをつける、などディーラーに落ちるお金を多く払った人には、値引き額も増える傾向にあると思います。
それでも車両本体価格からは5万円程度、それ以外の部分から10万円程度が良いところでしょう。

あまり無理な値引き交渉をして、ディーラーとの関係を悪化させるよりは、下取りに上乗せしてもらったり、コーティングサービスしてもらったりすることで妥協するのが穏便ではないかと思います。

参考にしていただければ幸いです^^


ターボモデル以外の見積もりも、個人のブログのほうで書いていますので、そちらもよかったら見てやってくださいませ↓

30 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ドラヨス ドラヨス