2017年11月15日 更新

マツダ デミオ マイナーチェンジ(年次改良)は12月7日!どこが変わるのかチェック!

マツダは2017年12月7日、デミオのマイナーチェンジ(商品改良)の行います。 また、それに合わせて特別仕様車「Noble Crimson ノーブル・クリムゾン」を追加。 商品力向上を図ります。

マツダ デミオ マイナーチェンジ(年次改良)は12月7日!どこが変わるのかチェック!
 (18188)

2017年12月の商品改良では安全装備を充実

今回のデミオのマイナーチェンジ(商品改良)では、「アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(アドバンストSCBS)」いわゆるプリクラッシュセーフティシステムに歩行者検知機能が追加されます。
さらに、今まではオプション扱いだった「車線逸脱警報システム(LDWS)」、「ハイビーム・コントロール・システム(HBC)」を全グレード標準装備とし、既に以前の商品改良で全グレード標準装備となっている「AT誤発進抑制制御[前進時]」との組み合せで、経済産業省や国土交通省などが普及啓発を推進する「安全運転サポート車」の「サポカーS・ワイド」に認定されます。

また、上記の安全装備に加えて、「スマート・シティ・ブレーキ・サポート[後退時](SCBS R)」や「リアパーキングセンサー(センター/コーナー)」も全機種で標準装備。

さらに、駐車場や幅の狭い道路などを低速で運転する際に、車両周囲の状況をモニターで確認できる「360°ビュー・モニター」と「フロントパーキングセンサー(センター/コーナー)」を新たにメーカーオプション設定するなど、先進安全技術の採用を拡充しています。
ここまで安全装備が充実したBセグコンパクトカーは他にはないのではないでしょうか。


デミオに標準装備となる安全装備は以下の通り。

① アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(アドバンストSCBS)
② AT誤発進抑制制御[前進時]【AT車全車】
③ 車線逸脱警報システム(LDWS)
④ ハイビーム・コントロール・システム(HBC)
⑤ スマート・シティ・ブレーキ・サポート[後退時](SCBS R)
⑥ AT誤発進抑制制御[後退時]【AT車全車】
⑦ ブラインド・スポット・モニタリング(BSM)
⑧ リア・クロス・トラフィック・アラート(RCTA)
⑨ リアパーキングセンサー(センター/コーナー)
⑩ 交通標識認識システム(TSR)【13C、15MB、13S、XD、13S/XD回転シート以外】
⑪ ドライバー・アテンション・アラート(DAA)

通常ならオプション扱いされるような、ブラインドスポットモニタリングやリアクロストラフィックアラート、さらにリアパーキングセンサーまでが標準装備とは恐れ入ります。

また、交通標識認識システムまで採用され、高級車顔負けの装備となりました。
 (18189)

ソウルレッドがさらに美しく深化

今回の商品改良を機に、従来設定があった「ソウルレッドプレミアムメタリック」が「ソウルレッドクリスタルメタリック」へと変更。
このボディカラーは、他のマツダ車ですでに採用されており、オプション価格が54,000円と従来のものよりも値上がります。

ソウルレッドクリスタルメタリックは、色にさらに深みがかかり美しく発色します。
 (18190)

特別仕様車「Noble Crimson(ノーブルクリムゾン)」を設定

 (18191)

特別仕様車「Noble Crimson(ノーブルクリムゾン)」は、艶やかな深紅色のシートが白い空間に映える専用インテリアや、専用ボディカラー「セラミックメタリック」を採用しています。

ベース車両は「13S Touring」、「XD Touring」のAT車となっています。

デミオ13S Noble Crimson(FF)1,776,600円
デミオXD Noble Crimson(FF)2,057,400円
※AWDは20万円高


「Noble Crimson(ノーブルクリムゾン)」の専用装備として
・レッドシートファブリック、ホワイト内装の専用インテリア
・エアコンルーバーレッドメタリック
・CD/DVDプレイヤー+地上デジタルTVチューナー(フルセグ)
・高輝度塗装アルミホイール(ガソリンエンジン車:15インチ、ディーゼルエンジン車:16インチ)

「Noble Crimson(ノーブルクリムゾン)」の専用ボディカラーとして、「セラミックメタリック」が設定されます。
 (18194)

セラミックメタリックはもともとCX-3などでも設定のあったカラー。
それがデミオにも採用されますが、「Noble Crimson(ノーブルクリムゾン)」の専用ボディカラーとなります。
 (18196)

青みがかったマットな白は、通常の白よりも個性的です。
 (18192)

「Noble Crimson(ノーブルクリムゾン)」は、もともと内装クオリティには定評のあったデミオの内装をさらにバリエーション豊かになったものです。

すでに昨年より販売されている「Tailored Brown(テイラードブラウン)」は販売を継続。
ユーザーの選択肢が増えるのは嬉しいですね。

デミオのマイナーチェンジ(商品改良)発売日は2017年12月7日

 (18198)

デミオのマイナーチェンジ及び「Noble Crimson(ノーブルクリムゾン)」の発売日は2017年12月7日です。

すでにマイナーチェンジ前のモデルはオーダーストップになっていますので、11月時点でも今契約すると自動的に新型デミオになります。

気になる方はお近くのマツダディーラーに足を運んでみてはいかがでしょうか?

20 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

chibica編集部 chibica編集部