2018年2月13日 更新

ルノー・メガーヌRSがニューラインアップとして登場!大阪オートメッセ2018でも出展!

2017年11月にニューモデルとしてルノー・メガーヌが発売になりました。今回、モデル追加としてRSが登場する事になりそうです。そして大阪オートメッセ2018でも出展されるメガーヌRSを先取り解説してみます

ルノー・メガーヌRSがニューラインアップとして登場!大阪オートメッセ2018でも出展!

ルノーメガーヌRSってどんなクルマに仕上がってる???

フランクフルトモーターショーで初めて公開された新型メガーヌRS、スポーツタイプ愛好家が待ち焦がれていたホットハッチをルノースポーツにて余すことなく表現しているとのことです。

強力なデザインとパフォーマンスに重点を置いたこのモデルは、敢えてモータースポーツの血統を全面に押すことをコンセプトに取り入れているようです。

今回、大阪オートメッセ2018でも出展予定になっております。新メガーヌRSを先取りで追いかけてみたいと思います!

ルノー・メガーヌRS エクステリアデザイン!

フロントビューでは、やはり特徴的なのはF1からフィードバックされたというエア取り入れ口が大きく開いたバンパーでないでしょうか!これにルノーの特徴である3Dハニカムパターンのグリルが鎮座していることがわかりますね。

新型のメガーヌGT同様のヘッドライトデザインですが、フォグランプは、専用のLEDとなっていることがうかがえます。異形3連デザインであることに斬新性を感じます。
https://www.netcarshow.com/renault/ (23014)

via https://www.netcarshow.com/renault/
サイドビューでは、やはりフロントフェンダーのエアダクトが特徴となっているでしょう!そして大きく張り出したフロント・リアのフェンダーアーチがRSという印象を強く打ち出しています。

ホイールは、筆者調べではフロント18インチ・リア19インチとなっているとのことです。タイヤサイズと併せてGTモデルより更に5㎜位低くすることでよりレーシーになっているとの事。
https://www.netcarshow.com/renault/ (23015)

via https://www.netcarshow.com/renault/
リアビューでは、やはり好戦的なリアバンパーではないでしょうか!イエローボディーにブラック基調のディフェーザーが装備されてますね。そしてセンターマフラー仕様であることが伺えます。

テールランプもLEDとなっているようです。最近の傾向でもあります。新メガーヌRSは、純粋にスポーツ性能を追いかけているとのことで、最近流行りのルーフブラックやガラスといったものを取り入れてない点が筆者は好きです!
https://www.netcarshow.com/renault/ (23016)

via https://www.netcarshow.com/renault/
デザインだけでRSと解るようなLEDフォグ!何となくフランスの遊び心が、インスパイアされているとも感じます。
https://www.netcarshow.com/renault/ (23017)

via https://www.netcarshow.com/renault/
ブレーキキャリパーには、ブレンボの刻印がきちんと入ってますね。レース界では必須のアイテムとなっていると感じます。

今回のRSは、ラリー界で培ったショック技術を惜しみなくつぎ込んでいるとのことです。特にブレーキング時のバンプ抑制能力や停止時のつき返しを抑えるダブルショックシステムとなっているようです。
https://www.netcarshow.com/renault/ (23018)

via https://www.netcarshow.com/renault/

ルノー・メガーヌRS インテリアデザイン!

ひと目でレース車両と感じるステアリングホイール!やはり最近のスポーツモデルのステアリングには、上部に赤色や黄色、青等のラインが入っていますね!ステアリング下部には、RSの文字が刻印されてもいますね!

メーターパネルは、回転数を中心に配置。これもスポーツやレース界では必須となっています。そしてスピードは見やすいデジタル表示となっています。ドライバーが視覚情報を分析しやすい表示になっています。

そして車両情報やその他の情報を的確に拾うモニターがセンターに鎮座していますね。まるでラリーの助手席でパソコンをモニターしながら走っているかのような感じがします。
 Renault Megane RS (23019)

via Renault Megane RS
RS専用バケットシートには、RSの刻印がされていますね!
 Renault Megane RS (23020)

via Renault Megane RS

ルノー・メガーヌRS パワートレーン等!

ルノーと日産の共同開発である1800㏄直噴ターボエンジン!280psを発生とのことです。ツインスクロールターボチャージャーは、低回転から高回転まで余すことなくエンジンを使い切ることが出来るとのことです。

そしてエンジン内部では、レース界からのフィードバックであるバルブのダイヤモンドライクカーボンやシリンダー内のミラーコーティング等が施されているようです。

これに組み合わされるミッションは、マニュアル6速または、パドルシフト(オプション)となっているようです。
 Renault Megane RS (23021)

via Renault Megane RS

まとめ

ルノーがレース界・ラリー界で培った技術を惜しみなくインスパイアしたメガーヌRS!今回大阪オートメッセ2018でも出展されました。

そして市販される予定にもなっており、フランス本国では、ホームページでもCOMING SOON状況のようです。日本導入を楽しみにしたいと思います!
23 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me