2017年1月24日 更新

ミャンマーで四輪車のアフターセールス事業を開始

HONDA公式サイトで12/19にリリースされたニュースをまとめます

ミャンマーで四輪車のアフターセールス事業を開始

ミャンマーで四輪車のアフターセールス事業を開始

 Hondaは、この度ミャンマー連邦共和国における四輪車のアフターセールス事業を開始しました。新たなパートナー企業となるイースタン・ノヴァ社運営のもと、四輪車の整備などのサービスを行う施設をヤンゴン市内に開設し、12月17日(土)に施設の開所を記念する式典を行いました。記念式典には、ミャンマー陸軍大将で元ヤンゴン市運輸管理局局長のジー・テン氏をお招きし、Hondaからは関係者が出席しました。
 イースタン・ノヴァ社はミャンマーの現地企業として、四輪車のアフターセールスにおいて優れたノウハウを持っています。今回、Hondaならびにアジア・大洋州地域の事業統括会社であるアジアホンダモーターカンパニー・リミテッド(タイ)と業務契約を結ぶことで、イースタン・ノヴァ社がHondaの認定代理店としてサービス施設の運営を行い、Honda車を所有するお客様に質の高いサービスを提供していきます。
 ミャンマーは約5,000万人の人口を有し、近年では年8%前後の経済成長を続けるなど、アジア地域において重要度の高い市場の一つです。現在、Hondaはミャンマー国内での四輪車販売事業を行っていませんが、2011年に四輪車の輸入規制が緩和されて以降、これまでに約4万2,000台※のHonda車が同国内で登録、使用されています。このような状況において、お客様に質の高いサービスを提供するため、Hondaは認定アフターセールスの事業開始を決定しました。
 ミャンマー国内のお客様の期待に応え、Honda車を運転する喜びを最大限に感じていただけるよう、Hondaは今後もより良いサービスの提供に取り組んでいきます。
※2016年12月現在、Honda調べ
【Honda認定アフターセールス代理店の概要】
代理店の名称: Eastern Nova Co., Ltd.
事業開始: 2016年12月
所在地: ヤンゴン市
事業内容: Honda製四輪車のアフターセールス
営業時間: 9:00〜17:00 (月曜日定休)
3 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

yaya yaya