2017年9月23日 更新

ポルシェ新型カイエン(ターボ)が2017年末にもデビューするようです!!!新型のスペックを推察!!!

ポルシェのスポーツSUVが、2017年末にお目見えしそうです。先日9/12に開催のフランクフルトモーターショーでも次期カイエンが紹介された模様です。カイエンの歴史を踏まえて、新型になってどの位進化するのかを探ってみたいと思います。

ポルシェ新型カイエン(ターボ)が2017年末にもデビューするようです!!!新型のスペックを推察!!!

ポルシェカイエンの歴史を少し紹介!!!

 (15101)

初代955型(2002年~2006年)
後期モデル957型(2006年~2010年)
ポルシェの中でもSUVの色が濃く出て発売されたカイエン、但しSUVとは思えないほどの高出力エンジンを搭載しているところがポルシェといえるところでないでしょうか?
3,188cc 狭角V6 250PS
4,511cc V8 340PS
4,511cc V8ターボ 450PS
というようにSUVというよりはスペックだけならスポーツカーです。
後期型になると更に出力をつけての発売となっています。
3,598cc 狭角V6 290PS
4,806cc V8 385PS
4,806cc V8ターボ 500PS
4,806cc V8ターボ 550PS。
それでもSUVなので勿論4WDと成っています。

2代目958型(2010年~2014年)
後期モデル(2014年~)
時代の流れもり、ディーゼルやハイブリッドを追加して登場した2代目カイエン。とはいってもやはりポルシェです。大排気量・高出力エンジンのラインアップは健在です。
3,598cc 狭角V6 300PS
4,806cc V8 400PS
4,806cc V8ターボ 500PS
2,967cc V6ターボディーゼル 240PS
2,994cc V6ハイブリッド 380PS

実は筆者はいつも思うのですが、日本車に比べて外国のメーカーのほうが、フルモデルチェンジといってもそんなに大きく変わることがなく、大きく変わるスパンもかなり長いと思います。
でもその方が、メーカーの顔をきちんと覚えていただけるということでもあります(筆者的には書きづらいのですが・・・)。
このカイエンも2代目後期型が既に3年くらい経過してます。次期新型車がフランクフルトモーターショー9/12でも発表されました。次項で解説していきたいと思います。
 (15102)

カイエンターボ!(2017フランクフルトで発表)

https://www.netcarshow.com/porsche/2018-cayenne_turbo/ (15104)

via https://www.netcarshow.com/porsche/2018-cayenne_turbo/
やはり外国のメーカーの新型車の記事は難しいです、、、。一言で言うとどこが変わったのか外装では解りづらいんです。これフルモデルチェンジなんですよね???と問いたくなるくらいなんです。
今回のポルシェカイエンの大きなモデルチェンジの概要を記します。
①新シャーシの採用
②新開発8速ATの採用
③6気筒ターボエンジンを搭載3000㏄ 335ps
  ツインターボチャージャーを搭載した3000㏄ 434ps
 4000㏄のV8ターボエンジンは、542ps
④ドライビングモニターの大型化
⑤ヘッドライトをLEDにポルシェ・ダイナミック・ライト・システムを追加することによりここのシチュエーションにあったライト照射を行うシステム
⑥フロントバンパーの意匠変更
⑦リアのテールランプのデザイン変更

※外装上の大きな変更よりも中身の変更が大きいと感じます。特に今回は新開発のシャーシに排気量はそのままで高出力化に成功していると感じます。
https://www.netcarshow.com/porsche/2018-cayenne_turbo/ (15105)

via https://www.netcarshow.com/porsche/2018-cayenne_turbo/
ポルシェによると、Porsche Advanced Cockpitの高解像度ディスプレイにタッチスクリーンを使用できるようにしてBOSE®サラウンドサウンドシステム(710ワット)を楽しんだり(チョット古臭い感じもしますが)、シート調整も18段階となっておりスポーツ走行を可能にしたりとしています。
カイエンは基本的にSUVのカテゴリーに属していますが、ポルシェでは911を継承しているモデルとして開発・製造しています。ということは、基本的なデザインやコンポーネントは日本メーカーの様には変わらないと考えます。長きに渡り愛されるデザインに、中身をアップデートしてくるというのが基本コンセプトと思います。
https://www.netcarshow.com/porsche/2018-cayenne_turbo/ (15106)

via https://www.netcarshow.com/porsche/2018-cayenne_turbo/
日本でもカイエンのグレードは多いと思います。
現在11,990,000円~22,510,000円の販売となっております。

新型車もほぼ横這いの価格で販売スタートするといいたいのですが、多分全体的に100万円アップでの販売スタートになると考えます(出力アップ・新型シャーシ採用・8速オートマ採用等)。
11 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me