2018年5月19日 更新

特別限定150台でボルボ V40 Cross Country D4 Aktiv Editionが始動!よりアクティブに、そして上質に!!!

V40の中でもクロスカントリーに特別限定車を設定・発表しました。今回のモデルは、ボルボのもともとのデザイン性を損なわず、さらにアクティブスタイル&上質感アップにて登場しているとの事。このモデルを調査してみます。

特別限定150台でボルボ V40 Cross Country D4 Aktiv Editionが始動!よりアクティブに、そして上質に!!!

ボルボV40&V40クロスカントリーってどんなクルマ?

 (30804)

ボルボV40は、ボルボシリーズの中でも、当初はステーションワゴンにカテゴライズしてたモデルであります。

初代V40は、1995年から製造されオランダ政府及び三菱自動車との合弁会社で生産されたことより、三菱自動車カリスマとプラットフォームが共通化されていたモデル。

2代目V40では、ステーションワゴンから5ドアハッチバックスタイルと大きくデザインを変更して登場。そしてクーペC30・セダンS40・ワゴンV50の統合車種としての位置づけともなっています。

スカンジナビアらしい端正な美しさを節々に感じさせる新鮮なデザインに、快適で明るいキャビンから始まる贅沢な時間を楽しめるV40。パワートレインは、ガソリンエンジンとディーゼルエンジンの2系統で構成されています。

このV40には、通常モデルのほかにスポーツタイプの「Rデザイン」、クロスカントリータイプの「V40クロスカントリー」がラインアップされています。

この度、V40クロスカントリーにて特別限定車が登場しました。クロスカントリーの組成をさらに際立てる存在として登場しているようです。V40 Cross Country D4 Aktiv Editionを追いかけてみます。
 (30805)

特別限定ボルボ V40 Cross Country D4 Aktiv Editionのエクステリア

この上なく自由で、アクティブなライフスタイルを満喫するために、Cross Countryの世界を、アクティブに仕上げたモデル、それが今回のCross Country D4 Aktiv Editionのコンセプト。

自由なライフスタイルを体現する装備を付加して登場との事。因みにAktivとは、英語でActiveとなるスウェーデン語。

エクステリア最大の特徴は、サイドからリヤの印象を、より鮮烈に演出するエクステリア・スタイリング・キットを装備して、よりアクティブ感をアップ。
「セット内容」
ディフューザー専用エンドパイプ
ダブルリアデコトリム
サイドスカッフプレート
リアスキッドプレート
 (30792)

通常モデルでは、テールパイプは丸形状となっておりますが、Cross Country D4 Aktiv Editionではスクエア形状となり、リアバンパー内に収まるデザインとなっています。

よりアクティブな印象を持たせながらも上質感をさらにアップ。まさにスポーティ&エレガンスといった印象をも与えてくれていますね。


 (30793)

Atriaという名のスタイリッシュなV40 Cross Country専用の19インチアルミホイールを装着。標準車装着のデザインからさらにスポーティ性をアップするように開発されているようです。

タイヤサイズは、225/40R19という大径サイズとなっていますね。
 (30794)

特別限定ボルボ V40 Cross Country D4 Aktiv Editionの内装

チャコールとブロンドのデュアルトーンの上質なレザーを使用した専用シート。インテリアにもアクティブな印象をプラス。

インナートリムもシートに併せてカラーリングされ、シートカラーのみを変えたというようなチープなものではなく、このモデル全体を捉えてクルマ作りをしているといった意気込みも伺えます。

 (30795)

開放感と自然光で室内を満たすパノラマ・ガラスルーフを標準装備。
室内に穏やかに広がる日光と、まるで全体が広々空間のような開放感が楽しめる大型パノラマ・ガラスルーフとなっているとの事。

ルーフが、エクステリアをスポーティに引き締めるとともに、遮光の為の電動サンシェードも装備されていることで、ドライバー等への配慮も行われております。
 (30796)

洗練されたスポーティさを演出するミルド・アルミニウム・パネルが装着されています。オフブラックを基調とする内装カラーと正反対の配色としており、スポーティさをアップさせてますね。

 (30797)

高音質を極めるプレミアムサウンド・オーディオシステムも標準装備。
5×130Wの高出力デジタルアンプと先進の音響処理技術を組み合わせた10個のharman/kardonスピーカーを搭載することで、全てのシートで高温質な音源を楽しむことが可能。
 (30798)

特別限定ボルボ V40 Cross Country D4 Aktiv Editionの安全装備

全車速追従機能付アダプティブ・クルーズ・コントロール

加速、走行、減速、停止までを自動でコントロールし、前走車との安全な車間距離を保っていきます。高速道路や渋滞などの場面でも、交通状況に合わせて、設定した速度と車間距離を自動的にキープもしてくれる優れもの。
 (30800)

ブラインドスポット・インフォメーション・システム

後方や側方にいる車両をモニタリングし、ドアミラーポストに設置されたインジケーターが点灯することでドライバーに注意喚起を促すシステム。
 (30801)

歩行者エアバッグ

歩行者の頭部が強固なAピラーやフロントウインドーに直接衝突することを防ぐエアバック。
 (30802)

まとめ

ボルボ V40 Cross Country D4 Aktiv Editionは、150台限定となっているようです。
メーカー小売価格は、4,790,000円となっております。そしてパワートレインはDRIVE-E2000ccクリーンディーゼルエンジン。燃費も非常に良く、21.2 km/ℓ (JC08モード)。

気になる方々は、既に販売店様等でも展示車両が、置かれ始めているとのことですのでお早めに!

Cross Country D4 Aktiv Editionのボディーカラー

 (30867)

31 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me