2017年5月11日 更新

「喫煙車」は下取りに不利?レンタカーでも禁煙車が主流に

車を売りに出す際、禁煙車と喫煙車では買取価格に差が出るのでしょうか? 意外と知られていない実態について調査してみました。

「喫煙車」は下取りに不利?レンタカーでも禁煙車が主流に
thinkstock (7834)

レンタカーでは禁煙車が人気

レンタカーでは禁煙車のニーズが高まっており、用意されるレンタカーの半数以上は禁煙車となっているレンタカー外車も多くなっています。

今後はこの流れも継続し、ゆくゆくはレンタカーでも全面禁煙になる可能性もあるそうです。
すでに、レンタカー大手のニッポンレンタカーサービスでは、北海道と四国の乗用車とワゴン車では全面禁煙となっているとのこと。

たしかに非喫煙者にとっては、タバコの臭いの付いたレンタカーには乗りたくないですものね。
一方で喫煙者にとっては、タバコが吸えるレンタカーが減って困る状況になっていきます。
レンタカー会社でも、新車はほぼ禁煙車として提供されるようです。
喫煙するなら型落ちのレンタカーや格安レンタカーなどを利用しなければならなくなるかもしれませんね。
thinkstock (7835)

喫煙車は下取りに影響するか?

喫煙していた車を下取りに出す際に、査定金額が下がるか?という問題ですが、結論から言えばやはり禁煙車よりは価格が下がることはあります。

ただ、タバコによる黄ばみがあれば、査定の評価も下がります。
ニオイに関しては後から消臭も可能なので、買取店によってはそこまでマイナスにはならないこともあるようですが、中古自動車査定制度を運営する日本査定士協会の査定基準によると、車内のタバコ臭は減点の対象となるようです。
ただ査定する人や店舗によっても、その程度はことなりますので一概には言えませんが、やはり禁煙車と比べたら評価は下がるのは仕方ないところです。

ヤニの汚れ具合やニオイの残り具合によっても査定は変わりますが、数万円程度のマイナスになることは覚悟しておいたほうが良さそうです。
gettyimages (7836)

ディーラー下取りでは禁煙車ボーナスも

車を購入する際に、残価設定型のローンで買った場合、車を返却する際に禁煙車だった場合は10,000円のボーナスが貰えるサービスもあります。

スズキの残価設定型クレジットローン「かえるプラン」では禁煙車だと、プラス10,000円のボーナス査定となります。

まとめ 車内での喫煙は数万円のマイナス査定を覚悟して

調べてみると、やはり喫煙車は禁煙車より査定が下がることは仕方ないでしょう。
ただ、喫煙車であっても禁煙車であっても、室内がきれいかどうかのほうが重要視されるとのこと。
禁煙車だからといって、傷や汚れがあればもちろんマイナスとなりますので、車は大事に乗りましょうね。

買取店によっては、ニオイは消臭できるのでヤニや汚れがない場合はマイナス査定にならない店もあるようです。
そういう買取店と出会えるといいですね。
どの買取店が高く買い取ってくれるかは、一括査定などでまとめて査定してもらえばわかりやすいと思いますので、ご参考まで。
13 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

chibica編集部 chibica編集部