2018年2月4日 更新

日産デイズが売れている!?燃費問題は払拭されたか!走りや燃費に関する口コミまとめ!

三菱の燃費不正問題で一時期は販売が落ち込んだ日産のデイズ&デイズルークスですが、その売上を伸ばしてきています。 果たして実際に買われたオーナーさんたちは満足しているのでしょうか。

日産デイズが売れている!?燃費問題は払拭されたか!走りや燃費に関する口コミまとめ!
日産:デイズ [ DAYZ ] 軽自動車 Webカタログ トップ (4412)

ランキング2位にデイズ!16,093台も売れてる!

日産のデイズおよびデイズルークスの設計・開発は、日産自動車と三菱自動車の合弁会社であるNMKVが行っています。

三菱の燃費不正問題で揺れて、2016年は販売が落ち込んでいましたが、2017年2月には軽自動車販売ランキングではなんと2位にとなる16,093台を販売しています。
こちらは、デイズとデイズルークスを合わせた台数です。

もはや燃費不正問題も風化したというところでしょうか。
また、ノートe-powerで賑わっている日産ディーラーで、デイズが気になって買っているという人も少なくないでしょう。

デイズの口コミ評価ではエクステリアが好評!

インターネットでの日産デイズの口コミを調べてみると以下のようなコメントが多いです。
・フロントマスクはカスタム系の中では派手過ぎ無くて良い。
・下手な普通車より大分カッコいいです。
・見た目は悪くないが、個人的にはホンダのn-wagonの方が好み。
・ハイウェイスターの外観は、納車当初はあまり気に入ってなかったが、長く付き合うと愛着が湧いてきた。
・他社にないちょうど良い「カッコ良い路線」でハイウェイスターは特に良い。
・ハイウェイスターシリーズはスポーティな目が特徴で好きなデザインです。
多くの方はエクステリアを評価しているようですね!
たしかに押し出しの強いエクステリアは、普通車リッターカーよりも見栄えが立派に見えるほど。
特にデイズハイウェイスターは大型のメッキグリルのお陰で車格が上がったように見えます。
日産:デイズ [ DAYZ ] 軽自動車 Webカタログ トップ (4399)

ハイウェイスターは大型のメッキグリルのお陰で迫力があります。
ミニエルグランドのようなエクステリアは概ね好評です。
日産:デイズ [ DAYZ ] 軽自動車 Webカタログ トップ (4400)

ノーマルのデイズはハイウェイスターに比べるとおとなしいエクステリア。

デイズはインテリアも概ね好評

また、内装についてもユーザーの口コミ評価は高く、静電式タッチパネルのエアコンなども軽自動車にしてはコストの掛かった裝備となっていて、所有する喜びが有ります。
・ごちゃごちゃと色んな要素を混在させず、スッキリ上品な内装はよい。
・安っぽくないしシートのデザイン質感など悪くない。
・室内の広さは、N-WGN等のライバルより一回り狭い。
・センターパネル横やドアスイッチパネルのシルバー塗装などは雑。
・タッチパネルエアコンについては慣れるまで時間かかる。
・すっきりまとまっててキレイだが何となく操作しずらい。
・シートは汚れても拭くだけで綺麗になるのはよい。
口コミを見ると、静電式タッチパネルの操作性に関しては使いづらいと感じる人も一定数いるようです。
これは慣れで解決できる部分かもしれませんが、物理スイッチのほうがブラインドタッチでエアコン操作ができる分、静電式タッチパネルのほうが操作性は劣るかもしれませんね。
日産:デイズ [ DAYZ ] 軽自動車 Webカタログ トップ (4405)

動力性能や燃費に関しては厳しい口コミが…

三菱の燃費不正問題で燃費数字を下方修正したデイズですが、カタログ燃費は21.8~25.8km/Lと、30km/Lを超えてくるライバルのワゴンRやムーヴなどに比べると低い数字になっています。

ユーザーはそれも不満に感じている部分も多く、また、動力性能的にも走らないという印象があるようです。
・加速のなさ、トルク感の薄さを感じる。
・燃費に振った設定だからか実用域でも前に進まない印象。
・街乗りで13km/L程度と予想以上に伸びない燃費。
・エアコンを入れるととたんに燃費が悪くなる。
・ターボならそれなりに走る。
・高速や坂道だと燃費が悪化して10km/L近くまで落ち込む。
と言ったような、かなり厳しいご意見が並びます。
やはりごまかしていた部分ともともとの実力部分でライバルに及んでいないところもあるのでしょうか。
ただ、ターボ車に関しては評判はそれほど悪くもなく、概ね満足している人も多いようです。

そして実燃費がカタログ燃費より劣るのはデイズに限ったことでもなく、他社の軽自動車でも13km/L程度が実燃費となっている場合があるようです。
走り方やエアコンの使い方によっても軽自動車の場合は燃費が大きく左右されるので、個人差が大きいとも思われます。

これからが正念場!ライバルは続々とフルモデルチェンジ

2017年2月の販売台数は軽自動車ランキングで2位となった日産デイズですが、1位のN-BOXも2017年夏にはフルモデルチェンジを予定しています。

スズキのワゴンRも2017年初にフルモデルチェンジをしたばかり。
ダイハツのムーヴはまだ先だと思いますが、タントは2018年にもフルモデルチェンジされるとの噂もあります。

2013年にデビューした日産デイズは、あと1年以上はフルモデルチェンジは無いと思いますので、これから先が正念場になるのではないでしょうか。

ただ、評判の良いエクステリアや内装と、日産の販売力でこれからも人気モデルとして継続していくかもしれません。

日産デイズの今後の成り行きに注目ですね!
21 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

chibica編集部 chibica編集部