2017年12月31日 更新

東京オートサロン2018にダイハツBOON SPORTO Packageが登場!発売日は1/12!

東京オートサロンにあわせて、ダイハツがホットハッチの提案をして来ました!純正パーツからDBCブランドパーツ満載で登場しそうです!このBOON(ブーン)を先取り解説してみます!

東京オートサロン2018にダイハツBOON SPORTO Packageが登場!発売日は1/12!

BOON SPORTO Packageってどんな車?

ダイハツのキャッチコピーは、「もっと楽しく、もっと自分らしく」。
それに「欲しいものが形になる」という基本的理念であるようです。

今回は、かつてラインアップされたシャレード・デトマソを現代風にブーンで再現して上記の2つのテーマを追い求めたと感じます。
しかもかなりスタイリッシュになるように、エアロパーツをふんだんに盛り込んでの登場となります。
1981年10月の第24回東京モーターショーにてお目見えしたシャレード・デトマソ。ダイハツとイタリアに拠点を置くデ・トマソの供給契約によってデ・トマソでデチューンされた形で登場したモデルであります。
 (20515)

BOON SPORTO Packageを解説!

赤×黒のカラーリングで鮮烈さをアピールしていることと、ダイハツのホットハッチといった印象が伺えます。ダイハツの往年のホットハッチモデルは、やはり赤×黒にゴールドのホイールという印象が筆者でも感じますが、ダイハツとしてもこのイメージを再現してきていると考えます。
 (20514)

ベース車両は、GパッケージのSAⅡの2WDとのことですが、メーカーが力を入れて作りこみをするとここまで変貌することに驚きを隠せないほど印象がガラッと変わったように思います。
 (20516)

BOON SPORTO Package基本セット!

①DBCオリジナルエクステリア

DBC(株式会社ダイハツビジネスサポートセンター)はダイハツの100% 出資子会社で、自動車の開発支援、自動車用品、副資材・販売促進グッズの卸販売、人材派遣、施設管理、清掃、警備、保険・ウェルフェア、各種シェアードサービス(IT、人事、給与)など、ダイハツグループを下から支える企業です。

今回このDBCが開発・製作したエクステリアパーツをBOON SPORTO Packageに散りばめております。

1 フロントロアスカート一体型フロントバンパーガーニッシュ
2 リヤロアスカート一体型リヤバンパーガーニッシュ
3 サイドストーンガード
4 フロント&リアフェンダーガーニッシュ
5 フロント&リアドアアンダーガーニッシュ
6 サイドデカール

DBC参考URL
https://www.dbsc.co.jp/
 (20517)

②ダイハツ純正エクステリアの採用

上記のパーツとは別にダイハツ純正アクセサリーパーツの採用も行われております。
フロントグリル(ブラック)
ドアミラーカバー(ブラック)
ドアアウターハンドル(ブラック)

これは、既に熟成されたパーツがあるのにさらに作るのでなく、よいものはそのまま使用した方がよいという考えであろうと筆者は考えます。
 (20518)

③さらにオプションパーツの設定!!!

もっと楽しく自分らしくを表現できるようにDBCからオプションパーツが設定されています。
SPORTO専用本革風シートカバー(1台分)

RAYS15インチ アルミホイールセット(1台分)
セット内容
・ホイール本体(RAYS VOLK RACING CE28N )
・17HEXロック&ナットセット(RAYSマーク)
・RAYSハイタイプセンターキャップ(樹脂)
・ヨーロッパアルミバルブ(RAYS NEWロゴ)

カラー
ブロンズ、ハイパーゴールド、フォーミュラシルバー
 (20519)

11種類のカラーコーディネート

ダイハツでは、シチュエーションで選べるカラーリングと、どのボディーカラーにも調和するスタイリングを提案していると考えます。
例えば仕事路、海辺、スーパーマーケット中心の行動、夜のドライブ等にお好きなカラーをユーザーの嗜好で選べるようにして、更にこのパッケージは、どの色とも調和するということでしょう。

あくまでダイハツの提案は、シャレード・デトマソの再来としています。しかしユーザーへの提案は、色々なカラーリングで嗜好を満たしてもらいたいということを感じます。
 (20520)

まとめ

現時点では、このDBCパーツ装着済みの車両の販売が行われるかは不明であります。
公表されていることは、2018年1月12日にBOON SPORTO Packageが登場し、全国のディーラーで取り扱い及び取り付けが可能ということでしょう!

逆に言えばご自身の好きなグレード新車・既に所有の車両(年代等の取り付け可否あり)に装着可能であると考えられます。
東京オートサロン2018でのBOON SPORTO Packageの登場を楽しみにしたいと思います!!!
24 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me