2018年7月17日 更新

英国では9分に1人の割合で電気自動車のオーナーが増殖中なんだって。国も大々的に推奨

原油価格が高騰し、今後のガソリン価格の行く末が日本だけでなく、世界中のドライバーの気になるところですが、そんな中で注目されるのが英国の動き。政府がGo Ultra Low(うんと低くしようよ)と銘打った、大々的な電気自動車の推奨キャンペーンを実施しているのですって。専用のHPを立ち上げるわ、YouTubeでキャンペーンやるわで、目下9分に1人の割合で電気自動車のオーナーが誕生しつつあるのだとか。すごい勢いですね。

英国では9分に1人の割合で電気自動車のオーナーが増殖中なんだって。国も大々的に推奨

「電気自動車への誤解を解く、自動車産業と政府による画期的キャンペーン」

YouTubeの公式チャンネルでは、次のように説明しています。
Go Ultra Lowは、英国の自動車産業と政府とによる画期的なキャンペーンであります。 全面電動車やプラグイン・ハイブリッド車、レンジエクステンダー車などに対する誤解を解くことを目指しています。

日産、メルセデス・ベンツ、トヨタ、アウディ、フォルクスワーゲン、起亜、ヒュンダイ、モーター・メーカーおよびトレーダー協会(SMMT)、英国政府などが支援しているプロジェクトです。

詳細については、www.goultralow.comか、Twitterの@GoUltraLowまでアクセスして下さい。

こうした啓発映像が沢山アップロードされています。チャンネルの概要を見ると2013年12月18日に開始したとあり、現在までのチャンネル登録者は750人。長くやっている割には、ちょっとさみしい数字ですけど…。

「15万5000人のドライバーが電気自動車の恩恵を受けているんですよ」

これとは別に、専用のHPを起ち上げています。
今こそ、電気自動車に替える時です。

我が国では、15万5000人以上が電気自動車の恩恵を受けるに至っています。

一方で、皆様の間で疑念が残っていることも理解しております。

1回の充電で、どれだけ走れるのか? そもそも、充電できる施設って、幾つあるんだろう? 恐らくは、そういった所かと推察します。

あるいは、コストが高くつくんじゃあないのか?でしょうか。

今こそ、替える時です。

現在のオール電動自動車やプラグイン・外部リッド車は、最先端のテクノロジーを盛り込んでいます。オール電気自動車の中には、1回の充電で200マイル以上走れるのもあります。しかも、長くなりつつあるのです。一方、プラグイン・ハイブリッド車(PHEVs)は燃料エンジンも使いますが、一般車両と同様に、数百マイルの走行が可能なのです。

価格も下がってきていますし、プラグイン車やバンは、政府の助成策の恩恵を受けていますから。ランニング・コストも相当低下していますし、保有すれば節約にもなるのです。

買い替えが心配ですって? 多くのドライバーは、ただ自宅で電気自動車を一晩充電させているのです。ちょうど携帯電話の充電のようにね。こうした充電は自宅のガレージでも可能ですし、近所の住宅街にだって充電ポイントは存在します。また、これ以外にも英国全土で16万5000箇所の公的な充電ポイントが設置されています。スピード充電だって可能です。高速道路の96%にも存在します。30分あれば80%の充電ができます。
と、これでもかこれでもかって感じで畳み掛けています。画面下にはStill not convinced?(それでもまだ心配ですか?)と表示され、電気自動車に乗ってQ&Aを行うプロモーション・ビデオが流れるようになっています。なお、協力している全てのメーカーの試乗紹介も兼ねています。訪問販売顔負けの売り込みモードですね。

パチンコで言う確変状態。9分に1人の割合で電気自動車のオーナーが誕生

こうした官民挙げての地道なキャンペーンが実を結びつつあります。英国の大衆紙「サン」によりますと、今や9分に1人の割合で電気自動車のオーナーが誕生しつつあるからです(2018年7月12日付け)。

向こうの陸運局の登録台数から判明しています。それによると、記事の書かれた時点で16万1000台。前年比で25%の増加だそうですから、パチンコで言う確変状態となりましょうか。

Go Ultra Lowでは、ハイブリッドカーなどはグリーンカーと称していますが、こちらは全部で2万8054台。「どうせ買うなら電気自動車」という趨勢になりつつあるようですね。なお、オール電気自動車として最も人気なのは日産のリーフなのだそうです。

ちなみに、英国政府ではRoad to Zero Strategyというのも策定しています。「ゼロへの道戦略」という拙訳になりましょうか。ディーゼル車など燃料を使う車を2040年までに無くしたいという目標に向け、電気自動車への買い替えを推奨しているのです。

もっとも、これだけ執拗なキャンペーンをしながらも、多くの人は「充電中に洗車したら危ないのでは」と思いこんでいるのだとか。誤解って解きづらいものですね。

まとめ:2020年までに原油価格が倍になるとの観測も。そうなれば普及に拍車?

今後も、こうした普及は続きそう。しかも、英国だけに留まらないかもしれません。というのも、ハイブリッド・カーズというサイトの報道によりますと、2020年までに原油価格が倍になるとの観測があるからです(2018年7月13日付け)。

「エナジー・セキュリティ・ウィークリー・アップデート」というサイトのデータを根拠としています。需要が伸びていること(特に中国で顕著だそうです)や、自然災害などが原因であるとしています。ちなみに、原油価格は記事の書かれていた時点で1バレル70ドル。2008年に147ドルだったのが前回のピークでしたが、2020年には150ドルになるかもしれないとのことです。

アナリストは、2020年から40年にかけて電気自動車の販売台数が伸びると予測しています。ネックになっていたバッテリー価格が下がってきており、既存のガソリン車に近づいて来ていることなどが理由だそうです。

となると、英国だけでなく、世界的に電気自動車のブームが到来しそうな感じですね。もっとも、我が国では原発再稼働の是非を巡って国論が割れています。発電エネルギーをどこで賄うか。難しい舵取りが迫られそうですね。

出典:
https://www.thesun.co.uk/motors/6764944/electric-car-ownership-record-year-2018/
https://www.goultralow.com/why-switch/
https://www.hybridcars.com/oil-prices-may-surge-2020-boost-electric-car-sales/
13 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

takosaburou373 takosaburou373