2017年12月15日 更新

新型セレナe-POWERの発売は2018年に延期?! その理由と最新情報を徹底解説!

日産の主軸商品である、セレナと新技術のe-POWERですが、この2つを組み合わせた新型セレナe-powerの発売を控えています!しかし当初の発表と予想されていた2017年秋の発表は現段階では難しい状況、、、今回はそんな新型セレナe-POWERや日産の最新情報をご紹介していきます!

新型セレナe-POWERの発売は2018年に延期?! その理由と最新情報を徹底解説!
 (17213)

日産の主力車両セレナにe-POWERが追加!気になるe-POWERとは?

日産:ノート [ NOTE ] 電気自動車 (e-POWER) | 走行性能 (12587)

日産と言えば、技術の日産とキャッチコピーを付けるほどの環境技術や便利な走行サポート技術などが魅力ですが、その中でもe-POWERの存在はユーザーにとって大きな存在ではないでしょうか?

実際にe-POWERが搭載されているコンパクトカーである、日産ノートの購入割合は7〜8割ほどがこのノートe-POWERである点で関心の高さと商品としての魅力は証明されています!

そもそもe-POWERとはどんなものなのでしょうか?
日産:ノート [ NOTE ] 電気自動車 (e-POWER) | 走行性能 (12589)

知っている人も多いと思うのでここでは簡単にご紹介すると、リーフのような電気自動車のバッテリーを低排気量のガソリンエンジンに置き換えて作られたハイブリットシステムのことです。

正直エンジンは発電のみしか行わないため、一般的に想像されるプリウスのようなハイブリット車とはシステムが異なるのですが、上記ではわかりやすく表現するためにハイブリットシステムと表現しております。

そんなe-POWERによるメリットは次のようなものが挙げられます。

・圧倒的な燃費
・圧倒的な走行性能
・圧倒的な静粛性

モーターを使用することで、ガソリンエンジンが常時運動する必要がないため燃費を抑えられる点はエンジンも動力源として使用する通常のハイブリットシステムによって証明されていますね。

それに加えて、リーフを乗ったことがある方はわかると思うのですが、車体から想像できない加速、トルク性能は他にはない驚異的なものを感じさせられます。

さらにモーターのみで走行する際の静粛性は説明するまでもないでしょう。

ここでは簡単にご紹介しましたが、e-POWERについて詳しく知りたい方はこちらもどうぞ↓
そんな人気のe-POWERですが、同じく日産で人気のミニバンである、セレナに搭載されるのだとか!

セレナは日産の主力ミニバンで、販売台数もクラストップレベルの人気車両となっています。
日産:セレナ [ SERENA ] ミニバン/ワゴン Webカタログ トップ (12591)

セレナには注目の新技術プロパイロットも搭載されており、そこにe-POWERも搭載されるとなればその人気は確実なものとなるでしょう!

そんな新型セレナについてはチビカでもその情報をご紹介してきました。
しかし当初2017年8月に発表が予想されていた新型セレナe-POWERですが、7月となった現在でもその雰囲気は全くなく、発表を大きく延期する可能性があるようです、、、
ではなぜ延期することになったのでしょうか?

また延期された場合、発表はいつになるのか?

気になるこの2点について、次の章で解説、予想していきたいと思います!

発売時期が2018年に延期!?延期の理由と発売時期を予想!

日産:セレナ [ SERENA ] ミニバン/ワゴン Webカタログ トップ (12596)

前々から関心の高かった新型セレナe-POWERですが、当初では2017年8月の発表となっていました。

しかし11月現在でもまだその影は見えず、ここにきて2018年春の発表まで予定が延期するとされています。

ではなぜ発表がここまで遅れているのでしょうか?

現段階で延期となっている理由に関して、以下の2点がございます。

・燃費上の問題
・エンジンノイズ等の騒音問題

この2点はe-POWERにとってはとても大切な要素ですので、ここが中途半端だと発表できない気持ちは充分理解できます。

そもそも先ほど挙げたe-POWERのメリットの3つの内、2つが問題になっているので圧倒的な加速力しかないe-POWERでは、正直セレナPOWERと改名する必要があるでしょう。
日産:ノート [ NOTE ] 電気自動車 (e-POWER) | 走行性能 (12600)

またノートe-POWERでは上記のように音防止として通常以上の吸音材を施すことで、遮音性を高めていますが、ボディ重量増加といったデメリットも若干はあるでしょう。

リーフをはじめとする音が少ない車両では少しの不快な音で運転者が不快や心配に陥りやすいので、音対策は重要な部分に変わりありません。

さらに新型セレナe-POWERでもノートと同様のHR12DEをベースとしているようですので、重量が上がったセレナとのバランスで様々な問題があるのかもしれません。

ライバル車であるノアやヴォクシーなどが、リッター23.8キロの低燃費となっているので、日産は当然リッター24キロ以上を目標としていると考えられます。

ですので、新型セレナの発表が遅れる理由には、その燃費になかなか到達できないことや、ベースがノートと同じエンジンである点から価格や燃費、遮音性などのトータルバランスがうまくまとまらない点にあるかもしれません。
第45回 東京モーターショー 2017 -TOKYO MOTOR SHOW [TMS] WEB SITE- (12603)

次に気になる発売時期に関してですが、2017年10月末に行われた東京モーターショーに参考出品されていたものの、正式な発売日のアナウンスはありませんでした。

発表は待ち遠しいですが、中途半端なものだと購入待ちしている方にとって購入して残念な結果となりかねません。

燃費だけでも期待を超える新型セレナe-POWERになることを祈りながら、発表を待ちたいですね!
27 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

はるあき はるあき