2018年10月10日 更新

都市に合う高級SUV ハリアーの特徴や性能について

ハリアーは、初代モデルと2代目モデルは同社の「レクサス」ブランドにおいて「RX」として販売されています。そして、トヨタ自動車が製造、販売をしているクロスオーバーSUVであり、高級サルーンの乗り心地と快適性を兼ね備えた車となっています。ハリアーは、「高級クロスオーバーSUV」という新たなジャンルを開拓した先駆的モデルであり、後に世界中のメーカーから数多くの追随モデルが発売されることとなったきっかけの車でもあるのです。また、現行型のハリアーのグレードの「ターボ ELEGANCE」に関しては総合評価が4.8という記録を出していて、ハイブリッドカーに至っては20km/Lを実現しているので、力強い走行性能を実感できるだけでなく、経済的にも余裕を持って維持することが可能となっています。 今回は、そのスペックの高いハリアーについて紹介していきたいと思います。

都市に合う高級SUV ハリアーの特徴や性能について

ハリアーってどんな車??高級感のあるSUVの歴史など

トヨタ ハリアー | 外観 | トヨタ自動車WEBサイト (46006)

ファミリーカーとして1台大きな車を持ちたい気持ちがあるのなら、ハリアーを持っていても後悔をすることは無いと言える程、大勢の方の期待を裏切らない機能が備わっていると思います。

ハリアーの歴史と合わせて特徴を紹介!

トヨタ ハリアー | 走行性能 | エンジン・ハイブリッド | トヨタ自動車WEBサイト (46008)

初代ハリアーは、6代目のトヨタ・カムリのプラットフォームをベースに作られているとのことです。

カムリは1980年から販売されているトヨタの高級セダンであるそうで、ゆったりした直進安定性と居住性を鑑み、ロングクルージングを意識したFFセダンをコンセプトに開発されていたとのことです。

セダンのプラットフォームをSUVに採用するという見解はなかなか珍しいのではないかと思いますが、ハリアーの外観をよく見てみると、トヨタのセルシオや歴代のクラウンなどの外観に似ていると感じる要素が多く、セダンのプラットフォームの採用には納得のいく理由が分かります。

このように、他のメーカーにおいてもセダンとSUVだけでなく、軽自動車もデザインが同じように作られている車種もまだまだあると思います。

特にハリアーとセルシオに関しては、フロントのグリルに関しては殆ど見分けがつかないとも言える程です。

ハリアーの車高を下げ、リアのハッチバックのようなイメージをセダンに見立てるとまさにトヨタのセルシオやクラウンそのものです。
セルシオ

セルシオ

ハリアー 2代目モデル

ハリアー 2代目モデル

また、V6 3,000ccの最上級グレード (=AIRS、エアー・エス) には電子制御エアサスペンションを搭載していて、自動車装備として世界初となるプリクラッシュセーフティシステムをオプションとして選択可能であったモデルとも言われているのです。

この電子制御エアサスペンションを取り付けるだけで数十万円はかかってしまうとおもうので、やはり高級車とも言えます。

ちなみにこのプリクラッシュセーフティシステムは、衝突被害軽減ブレーキとも良い、未然に衝突を防ぎ、事故を減らす目的で採用されている機能です。

日本では、衝突被害軽減ブレーキの自動ブレーキ機能は、あくまで衝突時の被害軽減を目的としており、装置を過信してしまうという理由で衝突前の自動停止はあえて規制されていたそうです。

安全性に頼りすぎてしまうことによる事故も意外と多いのが現状だということが分かります。
トヨタ・ハリアー - Wikipedia (46013)

3代目ハリアーは、エンジン、ハイブリッド、ターボ仕様の登場や、レクサスブランドを含むトヨタ自動車のCセグメントFF車用の新MCプラットフォームを採用しています。

3代目は、レクサスRXとは切り離され、国内専用車として再出発しています。

先代では「ハリアーハイブリッド」として独立していたハイブリッド車を「ハリアー」として統合し、ガソリン車・ハイブリッド車ともにグレード構成は共通となっています。
また、ハリアーには変速機も「CVT」という無段変速機を採用していて、通常のATやMTに比べて変速時の振動が少ないことにより、低燃費の走行を実現させています。

そして、加速時には、力強くリニアな加速性能をフィーリングに実現し、減速時は、ダイレクトなエンジンブレーキ力による減速感と燃費を向上させているのです。

このCVTは、発進、停止の多い住宅街や街中での走行に最適で、信号や交差点の多い都会では最高の変速機とも言えると思います。

無駄の無い走行をすることこそが、快適な乗り心地を実感することに大きく繋がります。

ハリアーの高度な安全性と基本安全性能

トヨタ ハリアー | 走行性能 | エンジン・ハイブリッド | トヨタ自動車WEBサイト (46018)

最近ではよく耳にする「自動」や「IT」という言葉は、安心感や気楽、先進技術と呼ばれる良い見方もできますが、「車を運転している気がしない」という意見や、「便利すぎて逆に好かない」などの意見を感じる方もいるかと思います。

しかし、安全面の現状で考えると、「よそ見」「視界不良」などによる事故が多いと感じているので、自動の技術はもはやこれから必須の機能となってくると思われます。

特に夜間での追突事故や、視界不良による事故は多いと聞いているので、安全性の強化に越したことはないと感じます。
Highway Lights Night · Free photo on Pixabay (46023)

安全を予防する技術はとても大切なことで、他のメーカーにも同じように基本的な安全性能は搭載されています。

その中でもトヨタの自動車は、全ての人が無難に使いやすく、安全な車に乗れるように作られていると感じるため、安全性能に不安を持つ方も少ないと思います。

まとめ

ハリアーは、走行性能や環境に適した低燃費の走行、力強い走りに高い安全性を兼ね備えたSUVです。

より走行性能を充実させるために、サイドメンバー前後端にパフォーマンスダンパーを搭載したことにより、ボディの微小変形を抑制し、車両のロール剛性を上げているのです。

よって、高速走行時の直進安定性や操縦安定性を確保し、上質でスポーティな走りを実現させています。また、マニュアル感覚でスポーツ走行が楽しめ、高級SUVならではの上級感の感じられる走りを実感できます。

そして、ハイブリッド、ガソリン、ターボ仕様のグレードを選ぶことができるバリュエーションの多さは、多くのドライバーに楽しみを与えていると感じます。

その中でもハイブリッドのハリアーは、原油価格が高騰している現代において、もはや必要である存在とも言える車であるとも考えられます。
19 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

tatsuyantyan tatsuyantyan