2017年11月27日 更新

トヨタがハイエースとレジアスエースのマイナーチェンジを発表!「Toyota Safety Sense P」を標準装備へ

トヨタは11月22日、人気のバンモデルであるハイエースとレジアスエースのマイナーチェンジモデルの発売を12月1日に行うことを発表しました!

トヨタがハイエースとレジアスエースのマイナーチェンジを発表!「Toyota Safety Sense P」を標準装備へ
TOYOTA、ハイエースならびにレジアスエースを一部改良 | トヨタグローバルニュースルーム (19134)

TOYOTAは、ハイエース(バン・ワゴン・コミューター)、レジアスエース(バン)を一部改良し、ハイエースは全国のトヨペット店(東京地区は東京トヨタおよび東京トヨペット、大阪地区は大阪トヨタ)、レジアスエースは全国のネッツ店を通じて、12月1日に発売する。
トヨタは11月22日に、人気のバンであるハイエース及びレジアスエースのマイナーチェンジモデルを12月1日に販売することを発表しました!

今回マイナーチェンジでは、衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense P」が全車標準装備となり、安全性能の高さが魅力の1台へと進化を果たしました!肝心の走りに関しても、ディーゼル車で2.8Lのクリーンディーゼルエンジン「1GD-FTV」を搭載し、6速オートマチックの採用によってこれまでのモデルに対して1.6km/L~1.0km/L向上し、リッター13.0キロの低燃費を実現しています。

その結果「平成27年度燃費基準+15%」と「平成21年基準排出ガス10%低減レベル」の達成と認定となるため「エコカー減税」の免税措置対象車となるメリットが生まれます。他にも、車両の安全な走行をサポートするVSC&TRCやヒルスタートアシストコントロールに加え、盗難率の高いハイエースならではとなる、オートアラームも全車標準装備としています。

ボディーカラーに関しても、ハイエースのワゴンに新色となるベージュメタリックとラグジュアリーパールトーニング(オプション)を加え、特別仕様車スーパーGL“DARK PRIME”も設定されています。

この他、ウェルキャブやTECS(メーカー完成特装車)についても、ベース車と同じ改良が行われています。
なお、価格は以下の通りとなっています。

・ハイエース(バン)、レジアスエース(バン):2,862,000~3,704,400円
・ハイエース(ワゴン):2,814,480~3,910,680円
・ハイエース(コミューター):3,142,800~3,659,040円
・スーパーGL“DARK PRIME”:3,108,240~4,001,400円
・ウェルキャブ系:2,903,040~4,364,000円
・TECS 関連:2,711,880~5,199,120円

働く車も安全性が問われる時代に・・・

TOYOTA、ハイエースならびにレジアスエースを一部改良 | トヨタグローバルニュースルーム (19138)

トヨタの働く車だけでなく、個人車両としても人気の高いハイエースがマイナーチェンジとなりました!

広い室内で仕事での活用はもちろんのこと、バイクやキャンプなどアクティブな趣味にも対応してくれる車両のため、世代とを問わず人気のあるモデルとなっています。

そんなハイエースに関しても、予防安全技術「Toyota Safety Sense P」が標準搭載され、その分割高となっています。

スバルのアイサイトなど、予防安全技術を多くの車両に搭載し続けているメーカーだけでなく、比較的この手の安全技術で遅れを感じるトヨタでも多くの車両に自社の予防安全技術を搭載し始めています。

この流れだと、近い将来、一昔前の重ステ(パワーステアリング非装着車両)のように、自動運転技術のついていない車両は古い不便な車両の認識に変わるかもしれません。
9 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

chibica編集部 chibica編集部