2019年1月24日 更新

ついにトヨタスープラがお披露目!2019夏に販売開始か?!

トヨタスープラが、遂にベールを脱ぎました。どことなく先代スープラを連想させるディテールになっていそうです。エクステリアやパワートレインをご紹介します。

ついにトヨタスープラがお披露目!2019夏に販売開始か?!

トヨタスープラの概略等

トヨタは、新型スープラを2019年夏ごろに販売スタートさせる予定です。トヨタでは、ニュルブルクリンクや他のレース会場で、テストを繰り返し、新スープラの走行性能やハンドリング等で期待を裏切らない出来に仕上げているでしょう。

エクステリアでは、往年の名車である2000GTや先代80スープラを漂わせるディテールもポイントです。

トヨタスープラのエクステリア等

フロント部分は、まさに先代80スープラを連想できるディーテールにも仕上げています。この印象を残しながらも、より一層大胆に新型スープラを表現しています。大きなバンパー下部のエアダクトは、より多くの空気を吸入するデザインです。

ヘッドライトは、6レンズ式で、昼間ランニングライトとウィンカーが統合されています。フロントボンネットデザインが、大胆に丸味を帯び、スープラであることを惜しみなく映し出しています。流線型のデザインは、スポーティなフォルムだけでなく、空気抵抗等に有利なデザインですね。
https://www.netcarshow.com/ (54384)

via https://www.netcarshow.com/
スープラの全体デザインは、前後の空力バランスを最適化し、50:50の重量バランスに仕上げてるのがポイントです。また、ディテールにトヨタ2000GTを連想できる部分や、80スープラを連想できる部分が多く有ります。

ダブルバブルルーフデザインは、まさにトヨタ2000GTを思い起こさせてくれるデザインです。ルーフ中央を削ることで、抵抗を減らし、座席の頭上を狭くすること無く、正面抵抗を効果的に減らしてくれます。

ショートホイールベースで、曲線美豊かなデザインは、まさに先代80スープラを連想することが出来ます。これにトヨタFT-1コンセプトのエクステリアデザインをミックスして、新スープラとしていますね。

エクステリアカラーには、高性能スポーツカーを漂わせるカラーが採用されています。ルネッサンスレッド2.0、ニトロイエロー、ダウンシフトブルー、ファントムマットグレイを中心に展開される予定です。
https://www.netcarshow.com/ (54385)

via https://www.netcarshow.com/
リアの特徴点としては、後部に統合されたエアロパーツです。これは、空力学的に揚力を抑えるために装備されています。また、80スープラをモチーフにした台形型のバンパーも顔を覗かせていますね。リアバンパーは、タイヤに向かって造形的なディテールです。

リアコンビネーションランプは、ウィンカー、テール、ストップ機能をメインリング形状で統合したデザインです。バックランプは、バンパー下部に設置されています。
https://www.netcarshow.com/ (54386)

via https://www.netcarshow.com/
フロントサイズは、255/35R19、リアサイズは、275/35R19が採用され、ミシュランのパイロットスーパースポーツタイヤが装着されています。

サスペンションは、新開発のダブルジョイントスプリングストラットフロントサスペンションとマルチリンクリアサスペンションが採用されています。さらに、アダクティブ可変サスペンションを標準装備して、ドライバーの運転に即座に応えられる仕様です。

https://www.netcarshow.com/ (54426)

via https://www.netcarshow.com/

トヨタスープラの内装等

スープラの内装は、伝統的なGTの要素と近代的な機能性を組み合わせて仕上げています。GTゆえの狭い空間のコックピット内に、技術革新、素材、装備などで広く開けた視界・開放感を確保しています。

高精度カラーディスプレイは、大口径の三次元メーターを可能にし、タコメーターやシフトタイミングインジケーターなど、パフォーマンスに関する表示が統合されて表示されるシステムです。

センターコンソール上のディスプレーでは、運転情報、オーディオ情報、ナビ情報を表示します。オプション設定になるフルカラーヘッドアップディスプレイは、ドライバーの手前に投影される装備です。
https://www.netcarshow.com/ (54387)

via https://www.netcarshow.com/

トヨタスープラのパワートレイン等

スープラは、3000cc6気筒ターボエンジン、335psの最高出力で搭載されています。組み合わされるミッションは、8速オートマチックです。直列6気筒エンジンにツインスクロールターボ、ダイレクトインジェクション、さらにインテークとエキゾースト両方のカムシャフトが、可変バルブ式となっています。

オートマは、すばやいシフトアップダウンを実現しています。更にパドルシフト装備して、手動でアップダウンを行える仕様です。運転モードは、ノーマルとスポーツの2種類が用意されています。

安全装備面
・前方衝突警告
・歩行者検知付き自動緊急ブレーキ
・ステアリングアシスト付き車線逸脱警告
・自動ハイビーム
・道路標識アシスト
が装備されています。

オプション利用として
・適応型フルスピードクルーズコントロール
・死角監視
・後部交差点警告
・後部端衝突警告
が用意されています。
https://www.netcarshow.com/ (54388)

via https://www.netcarshow.com/

まとめ

トヨタスープラは、2019年の夏に販売開始になりそうです。熱狂的なファンの多いアメリカやヨーロッパから先行販売されるか、日本も同時販売になるかは、まだ不明となっています。

どことなく懐かしさを感じるニューデザインに、先進技術を内装で装備しています。パワートレインでは、ストレート6エンジンを踏襲しながらも、技術革新をさせていますね。新型スープラの登場が、楽しみです。
19 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me