2019年1月8日 更新

トヨタのコンパクトカー「タンク」とミニバン「シエンタ」を比較!価格や性能の違いは?

トヨタのファミリーカーとして人気の高い「タンク」と「シエンタ」の価格や性能の違いについてご紹介していきます。

トヨタのコンパクトカー「タンク」とミニバン「シエンタ」を比較!価格や性能の違いは?

タンクの特徴と価格

トヨタ タンク | 外観 | トヨタ自動車WEBサイト (53345)

トヨタ自動車が生産及び販売をするトールワゴン型のコンパクトカー「タンク」は、2列シートの「1.5ボックス」タイプのミニバンとして、大勢の方から人気を得ています。
トールワゴンとは、3列シートを持たない2列シートのミニバンを意味していて、全高が1,550mmを超えないことが特徴です。
よって、高さの制限のある機械式駐車場にも入庫しやすいことも特徴です。
Parking Garage Lot Empty · Free photo on Pixabay (53347)

ミニバンに比べてサイズは一回り小さいコンパクトサイズですが、ファミリーカーとしての実用性や機能性はかなり高いのです。
コンパクトなサイズの車は運転のしやすい傾向にありますので、運転に慣れていない方や小柄な女性の方にとってもタンクは運転しやすいです。
最近の軽自動車では全高の高いモデルが増えてきています。
タンクの魅力は他の軽自動車と殆ど同様に荷室スペースが広く、機械式駐車場にも入庫できるところです。
そして、男性の方が好みそうなスッキリとしたインテリアやインパネも魅力の一つです。
また、燃費効率も良い方で、24.6km/Lという優秀な数値も出しています。

そして、タンクの新車価格は146万円〜200万円で、中古車価格は85万円〜288万円となっています。

シエンタの特徴と価格

トヨタ シエンタ | デザイン・スタイル | トヨタ自動車WEBサイト (53351)

シエンタの特徴は、ユニークな顔を持つ個性的なデザインと言えます。
シエンタのこのユニークなデザインは、大勢の方に親しまれる人気の理由の1つと言えます。
そして、他のミニバンに比べてコンパクトなサイズ感を持っていることも特徴です。
シートアレンジも豊富であり、ミニバントップクラスの低燃費を持っています。
更に、2018年の9月にマイナーチェンジをしてから2列シート仕様のモデルが登場しています。
シエンタの新車価格は177万円〜231万円で、中古車価格は6〜249万円となっています。
シエンタは初代モデルから2代目モデルまで存在していて、初代モデルでは30万円以下の中古車モデルが多く存在しています。
初代モデルでも充分な広さの室内空間と燃費効率の良さを持っているので、お手軽にシエンタを手に入れたい場合は、シエンタの初代モデルの購入をオススメします。
シエンタ 初代モデル(2003年〜2015年 一期は2...

シエンタ 初代モデル(2003年〜2015年 一期は2010年まで)

尚、シエンタの最上級グレードはハイブリッドモデルの「G Cuero」となりますが、新車価格で250万円程で購入でき、インテリアの丁度良いオシャレ感や低燃費走行を実現するミニバンを手に入れることができます。

タンクとシエンタの価格と性能を比較

トヨタ タンク | 外観 | トヨタ自動車WEBサイト (53356)

タンクやシエンタの価格や燃費などを比較してみると、そこまで差は無いことが分かります。
どちらのモデルも低燃費走行を実現し、リーズナブルな価格で購入することができます。
そして、タンクにもシエンタにも運転をアシストするカメラが搭載されていて、左右、後ろ、全周囲を確認することができます。
また、シエンタには燃費に良い走行をするためのエコドライブモードと、排気ガスを抑えた走行をするためのEVドライブモードの2つの走行モードが付いています。
タンクにはこの2つの走行モードは付いていないです。
トヨタ シエンタ | 燃費・走行性能 | トヨタ自動車WEBサイト (53485)

タンクには、ハイブリッドモデルが存在していないのです。
そして、ターボエンジンを搭載したガソリンモデルが存在しています。
タンクのターボエンジン搭載グレードは「カスタムGT」や「GT」となります。
そして、ターボという名称だけに加速力も高いことも特徴です。
加速力を表すパワーウェイトレシオ(kg/ps)の数値がありますが、この数値が低ければ低いほど加速力が高くなります。


通常のガソリンモデルのタンクとシエンタの加速力を比較すると、タンクのガソリンモデルの「G」や「X」グレードではパワーウェイトレシオが26.3kg/psあり、シエンタのガソリンモデル「G Cuero」や「G」では21.3kg/psを出していることが分かります。

しかし、タンクのターボエンジン搭載モデルでは19.0kg/psを出していることから、シエンタのガソリンモデルに比べてタンクのターボエンジン搭載モデルの方の加速力が高いことが伺えます。

また、シエンタのハイブリッドモデルは32.7kg/ps(小数点以下を四捨五入して計算)あることから、ハイブリッドモデルは加速力の面において、あまり期待できないと言えます。

まとめ

タンクとシエンタでは、どちらもファミリーカーとしての実用性が高いことが分かります。
そして、加速力の面ではタンクのターボエンジン搭載モデルはシエンタのガソリンモデルに比べて高いことが伺えます。
しかし、タンクとシエンタのガソリンモデルの加速力を比較すると、タンクよりもシエンタの方が高いことが分かります。
よって、タンクを購入するならターボエンジン搭載モデルがオススメで、シエンタの場合にはハイブリッドモデルでもガソリンモデルでもオススメです。
是非、この記事を参考に購入の後押しとなっていただけましたら幸いです。
20 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

tatsuyantyan tatsuyantyan